CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

中村佑介の一期一絵

  • 2018年6月26日(火) 20時05分 先生のお仕事

    淫靡な以上に・・・中村佑介『みだれ髪』を語る。

    もう手に入れていただけましたか?
    中村佑介先生がカバーイラストを手掛けた・・・

    『俵万智訳 みだれ髪』

    『みだれ髪』は、与謝野晶子が1911年(明治34)に発刊した歌集です。
    それを俵万智さんが、一首一首現代語に訳して詠み
    〈チョコレート語訳〉として発売されたのは1998年のことでした。

    世に出てから107年。チョコレート語訳から20年。
    平成最後の5月。

    『みだれ髪』がまた甦りました。

    妻子ある鉄幹を追い、大阪堺の実家を捨てた晶子。
    世間体より道徳より何より恋の道を貫いた晶子。
    その歌は大胆であり、淫靡であり、
    発刊当時あまりに衝撃的あったことは想像に難くありません。

    しかし中村先生の洞察は、もっと深いところにあります。

    『みだれ髪』に現代語で息を吹き込んだ俵万智氏と、
    『みだれ髪』を絵で彩ったイラストレーター中村佑介

    中村先生のトークで、世界のさらなる広がりを感じてください。

    【2018年5月25日放送分 ~『俵万智訳 みだれ髪』~】