おもしろ明石楽

番組内容

アシスタントの木谷美帆が、明石のいろいろな情報をご紹介!

  • 2018年3月29日(木) 16時20分

    お花見も明石で🌸

     3月のおもしろ明石楽は この番組でもすっかりおなじみの

    明石市シティセールス課の癒しキャラ、 藤井祐一さんに明石公園を案内いただきながら

    明石のお花見スポットの話題をお届けしました。

     

    日本の桜100選にも数えられる、明石公園の桜。池の周りに植えられたソメイヨシノたちが一斉に咲き誇る様は本当に素晴らしいです!

    (取材した日はまだまだあまり咲いていませんでしたが・笑)

    池の周りのベンチに腰掛けて、鳥の声を聴きながら、藤井さんと二人でのんびりとお話させていただきました(^^)

     

    番組内でもお伝えしましたが、明石市には他にもたくさんの桜スポットがあるんです!!

    明石市役所ホームページ「公園の桜情報」yhttps://www.city.akashi.lg.jp/tosei/kouen_ka/shise/koho/oshirase/h24/ohanami.html

    参考にしてぜひ明石でお花見を楽しんで見てくださいね。

     

     ところで、長い間皆様に聴いていただいた「おもしろ明石楽」ですが、

    今回の放送を持って、最終回を迎えることになりました。

     

     最初にコーナーを担当させていただくことになった時はまだ独身だった私ですが、結婚し、子供ができ、産休し、復帰してからも継続して担当したのですが、 母になった目線で見ると、ひときわ明石の魅力、素晴らしさが立体的に見えてくるようになりました。

     コーナーが終了してしまうのはとてもとても残念なのですが、

    またこれからも明石には度々訪れ、 番組でもレポートして行きたいと思っています。。

     

     

     これまで、このコーナーを楽しみにお聴きいただいたリスナーの皆様、

    取材にご協力いただいたたくさんの明石の方々、本当にどうもありがとうございました!!!

     

     

     

     

     

  • 2018年2月27日(火) 05時34分

    引っ越しシーズン到来~選ばれています!明石

    春のおとずれを感じる季節。明石ではおなじみのおいしい食材が出てきました。

    ちかごろ人気ブランドいちご、清水いちごは「知る人ぞ知る」おいしいいちごで、

    このいちごを食べると他のいちごでは物足りなくなるくらいに甘さはピカイチです。

     

    また他にもこの時期はいかなごの収穫がはじまります。

    ちょうど2月の終わりから3月の初めごろにかけて収穫が始まるんですが、

    明石では家庭でくぎ煮を炊くところも多く、家のあちこちからくぎ煮の良い匂いがするのも風物詩なんです。

    明石のあちこちでくぎ煮を販売していますので、ぜひこの時期の新鮮なくぎ煮を食べていただきたいですね。

     

    そして!春といえば引っ越しシーズン。引っ越しといえば、明石に住む人も増えているんです。

    明石市は平成25年から人口が増え続けていて、現在、過去最高の人口になりました。

    もうすぐで人口が30万人を突破します。特に子育て世帯の20代、30代の人口が増えていて、子育てにやさしい取り組みが選ばれている理由のようです。

    今年の4月から明石市は中核市になり、今よりもっとサービスがきめ細やかになります。

     

     あらためて明石市には子育て世帯にやさしい取り組みがたくさんあります。

    医療費が中学3年まで無料だったり、保育料が第2子以降無料だったり、

    子育てするには本当に助かる施策ばかりです。

    子育て世帯が増えているので、待機児童対策として、保育所も新しく増えています。その他、今年の4月から中学校給食も始まるので、中学生になってお弁当で困ることもなくなりますね。

     

    神戸からも近く、大阪に行くにも姫路方面に行くにも便利ですし、晴れの日が多くて大きな自然災害が少ないというのも恵まれています。

     

    こうした明石の取り組みや先ほど紹介いただいたような旬な情報を知れるツールが明石市にはあるんですよね。

    例えば、FacebookやInstagramでも定期的にイベント情報や旬の食材、スポットを紹介しています。ホームページには、明石に住んでみようかなと思っている人に役立つ情報がたくさん載っています。この他にも最近LINEを使っている人が増えていますが、LINE@といって登録いただいた方に情報をお伝えするだけでなく、登録者がほしい情報を選択することができ、移住相談などもできるツールを半年前から始めています。

    LINE@は登録者数が おかげさまで、1月末で2000人を突破しまして、その後も順調に登録してくださる方が増えています。

    あらためて登録方法を

    ➡まずLINEのアプリを入れていただき、LINEを開いて友達一覧画面の上の方に検索するところがあります。

    そこで「akashics」で検索していただくと「明石市役所シティセールス課」というアカウントがありますので、それを登録してください。ぜひご家族にもすすめてくださいね。

  • 2018年1月30日(火) 05時51分

    あかし里親推進事業について

    明石市はさまざまな理由で保護者と暮らすことができない子どものサポートとして、あかし里親100%プロジェクトを実施しています。

    11月のおもしろ明石楽では、

    明石市児童相談所準備担当 溝口さんにお話を伺いました。

     

    溝口さんのお話によれば・・・

     現在、保護者と一緒に暮らすことのできない子供は全国では約45000人いると言われていて、兵庫県でも1500人以上の子どもが保護者と離れて暮らしています。

    ・子どもが心も体も健やかに成長するには、より家庭の環境に近い、安定した人間関係の中で育てられることが大切だと言われていますが、日本で保護者と一緒に暮らせない子どものうち里親家庭などで暮らす子どもは2割弱で大部分の子どもは乳児院や児童養護施設で生活しています。

    ・そこで明石市は、あかし里親100%プロジェクトとして、平成31年度に明石市の児童相談所を開設後、すべての子どもが家庭で健やかに生活できるように、保護者と一緒に暮らすことができない子どもを家庭に向か入れてくださる、里親の登録数を増やす取り組みをすすめています。

     

    ■あかし里親100%プロジェクトについて

    まず、里親に興味のある人が気軽に相談できる「里親相談会」を毎月1回開催しています。

    相談会では、明石市で活躍している里親さんや担当職員が相談をお受けし、

     毎月、里親になってみたいという人や、少し話をきいてみたいという人などが来てくださっています。

    ・次回の開催日は12月14日木曜日、お昼の1時30分から3時30分まで明石駅前再開発ビル「パピオスあかし」5階の多目的ルームで行います。今回は養子縁組制度に関するミニ講座を開催する予定です。事前予約は要りませんので、ぜひお気軽にお越しください。

     

    ・その他にも、多くの方に里親制度を知っていただくために出前講座も開催しています。

    これまでに学校のPTAの研修や地域の集まりなどに呼んでいただき、里親さん等と共にお話をさせていただきました。

     

    ▪️ボランティア里親制度

    この制度は、「週末里親」や「季節里親」と言って、児童養護施設などで生活している子どもを、月に1,2回程度週末や、夏休みや年末年始に1週間程度家庭に向か入れる里親です。日ごろ施設で暮らしているこどもたちが、家庭の生活を体験して家族の姿を知ることができて、その子ども達が将来自立していく助けになります。また、自分だけを受け入れて思ってくれる人がいるというのが、子ども達の心の安定にもつながっています。

    ■関心のある方は児童相談所準備担当TEL078-918-5282までご連絡ください。

     

     

    番組では『明石こども大使』に就任された川嶋さんからのボイスメッセージも放送しました

    川嶋あいさんは、小さい頃に実のお母さんが亡くなられ乳児院・児童養護施設で育ち、その後川島家の養子となりました。育ての親との約束でもあった「歌手になる」という夢をかなえ、シンガーソングライターとして活躍中です。

     

     明石市はすべてのこどもが家庭で健やかに生活できるよう、明石市で里親になりたい人をしっかりとサポートをしています。

    里親やボランティア里親に少しでも興味のある方は、お気軽に明石市役所児童相談所準備担当TEL078-918-5282までお問い合わせください。

  • 明石Bー1グランプリに行こう!!

    いよいよ「2017西日本B-1グランプリin明石」の開催が迫ってきています!

    Ÿ 10月のおもしろ明石楽では、これまで各地のB-1グランプリで明石をPRしてきた、あかし玉子焼ひろめ隊隊長であり、本大会の副実行委員長を務めている古志隊長に電話でお話を伺いました。

    Ÿ 隊長の話によれば・・・

    大会当日に一緒に動いていただくボランティア「あかしB-1グランプリ盛り上げ隊」も発足し、明石は熱く盛り上がってきています。

    Ÿ 大会当日にボランティアで動いていただく人たちで、のべ1,000人を超える人に盛り上げ隊に登録いただいています

    Ÿ 会場を案内する人、会場の清掃をする人、出展ブースの補助をする人、車いすの補助をする人など、いろんな活動に分かれているそうです。

    Ÿ

     B-1グランプリの当日、ブースでグルメを味わうにはチケットが必要になります。

    Ÿ ブースでは現金で購入できないチケット制(1セット1000円で10枚つづり)

    Ÿ 前売りもあるので、当日はチケット購入するだけで混雑が予想されるので、前もって購入しておくと安心ですね♪

    Ÿ チケットが余ったら、12月10日まで利用協力店で使用できます。

    Ÿ 当日は駐車場がありませんので(明石公園の駐車場も会場)、車以外の公共交通機関で出かけましょう!

     

    改めて「2017西日本B-1グランプリin明石」は・・

    Ÿ 11月25日と26日に明石公園という明石駅からすぐの場所

    9:30~15:30開催

    Ÿ 西日本を中心に、ゲスト団体も含めて24団体が参加予定です!

     

    詳しくはこちらのページをチェックして

    http://www.b-1gp-akashi.jp/

    ぜひ明石にお越しください!!

  • 2017年10月1日(日) 09時47分

    明石の「いいニュース」お知らせします♪

    Ÿ 9月のおもしろ明石楽では 明石市のグッドニュースをいくつかお伝えしました♪

    ●子育て世代の転入者が増えています!!

     以前から、子育て世帯を積極的に支援している明石市

      Ø 保育料、第2子以降無料

      Ø 中学3年生までのこども医療費無料

      ・・・などのような施策が功を奏して、人口の増加率が、兵庫県内でNO1です!特に20代から30代の子育て世代の人口がどんどん増えています。

     

    ● LINE@はじめました

    Ÿ

        Ø 「明石って聞いたことあるけどもっといろいろ知りたい」に応えます

        Ø 「手軽に明石市に関する情報が知りたい」

    LINE@なら24時間受け付けしています

        Ø 市の魅力やお得な情報を発信

     

     

    ●Ÿ 「あかしのココがすき」出演家族を募集しています

      Ø 広報あかしで実際に転入してきた家族の声を紹介します

        転入後、3年以内の家族が対象です

       詳しくはホームページで確認してくださいね

        https://www.city.akashi.lg.jp/shise/koho/kohoakashi/index.html