おもしろ明石楽

番組内容

アシスタントの木谷美帆が、明石のいろいろな情報をご紹介!

  • 2017年8月22日(火) 05時47分

    まだまだアツイ!明石の夏休み

     今年の夏休みも残りわずか。しかし、まだまだ夏休みは楽しめます。お父さんお母さんも、もう一つ素敵な思いで作りに、子どもと一緒に出かけませんか。

    今回のおもしろ明石楽では夏の終わりにまだまだ楽しめるスポットをご紹介しています。

    ご出演は明石市シティセールス課の 藤井佑一さんです。

     

    (1) 明石市立文化博物館(通称:ぶんぱく)

    特別展(おばけ絵大博覧会)7/22(土)~9/3(日)

     現代よりもはるかに暗い夜の闇で起こる奇奇怪怪な出来事を江戸の人々は、幽霊、妖怪としてとらえていました。この特別展は江戸時代の葛飾北斎、歌川広重(ひろしげ)、歌川国芳(くによし)などの 絵師によるオバケ浮世絵を展示しています。先日8月19日には、入館者が1万人を突破したということです。

    また、この期間ぶんぱくにおばけ屋敷も登場しています。夏の最後にオバケ絵でぞくぞく、オバケ屋敷でもぞくぞくしませんか?

    〇観覧料:おとな800円、大学生・高校生:600円、中学生以下:無料

    〇開館時間:9時30分~18時30分(入館は18時まで)

     (オバケ屋敷は10時~17時)

    〇詳しくは明石市立文化博物館までお問い合わせください。TEL:078-918-5400

     

    (2) 明石公園では納涼フェスティバルを開催!

      日程は8月26日(土) 11:00~21:30(小雨決行・雨天の場合翌日に延期)

      夏休み最後の思い出になる子どもから大人まで楽しめる市民手作りのお祭りです。毎年100店を超える屋台の縁日が出店されます。

    夜には盆踊り大会もあり、夏のしめくくりにぴったり。

    ステージでかき氷の早食い大会など楽しいイベント盛りだくさんのお祭りですよ。

    お問い合わせは明石公園・納涼フェスティバル実行委員会事務局電話:078-220-8352(夢工房内 担当:古志さんまで)

     

    (3) 親子交流スペース「ハレハレ」

     雨で外に出て遊べないときでも安心!パピオス明石の5階にあるスペースです。(ボーネルンド社の)大型遊具があり、天気を気にしなくても思いっきり遊べます。 ボールプール、クライミングウォールもあって人気。

    明石市民は無料で、市外の人も1回300円で利用できます。

    対象は小学6年生までの親子です。

    〇祝日除く月曜日、年末年始が休み

    〇9:30~、11:30~、13:30~、15:30~それぞれ1時間半で入れ替え制になっていますのでご利用の際はご注意ください

    〇 利用の際に利用者カードが必要です。カードを持っていない場合は、保険証など、 利用者全員の氏名と住所が確認できるものが必要。

    〇詳しくは、078-918-6226までお問い合わせください。

    (4) ギョギョルーム

     ハレハレの横にある明石たこ大使「さかなクン」がプロデュースした施設で、さかなクンが明石の魚を紹介してくれています。

    親子で一緒に遊びに行って、君もお魚博士に!

     

     

     さあ、夏はまだまだ終わりません!ぜひ明石で想い出を作って下さいね!

     

     

  • 2017年8月22日(火) 05時28分

    半夏生には明石でタコをたべよう!

     暦で夏至から数えて11日目からの5日間を「半夏生」といいます。

    今年は7月2日にあたります。

    毎年このシーズンは梅雨も後半。関西では豊作をいのってタコを食べる習慣があります。 作物がタコの足の様に大地にしっかりと根を張ることと祈願するという意味が込められているそうです・・

    そして!

    「明石」といえば「たこ」「たこ」といえば明石!!

    明石海峡周辺でとれる真だこ「明石ダコ」がおいしくなるのもまさにこの時期から。

     

    今年も明石では「半夏生タコまつり」が開催されます。

     

    今月のおもしろ明石楽では明石半夏生たこまつり実行委員長 宮内 正次さん(明石飲食業組合長)にお話をお伺いしました。

     

     ◎6月30日(金)~7月9日(日)

      「明石半夏生たこまつり週間」

     明石市内の約50店舗以上のお店で明石蛸にちなんだ自慢のおりじなるメニューが登場します。明石駅や周辺店舗で配布されるパンフレットをチェック!

     ◎7月1日(土)18:00~21:00

     「半夏生 七夕夜市」

     魚の棚商店街が七夕飾りで彩られ、営業時間後の商店街が出店と屋台で賑わいます。

     ◎7月2日には

    「明石ダコの天ぷらのふるまい」

     明石駅前で11:00~ 13:00~ 二回無料提供

    ◎そして7月2日 10:30~16:00 明石市民広場には・・

     「クラーケンスライダーがやってくる!」

      巨大タコのすべり台が明石市民広場にやってきます!

      船首部分の穴から中に入り、船尾の坂部分をすべりおちる形の滑り台型の

      ふわふわ遊具です!

     

      さあ!今年も半夏生には明石へ行っておいしいタコをたべましょう!

     

     

     

  • 2017年5月30日(火) 05時34分

    6月の明石は時のウイークでもりあがります!

    今月のおもしろ明石楽では、明石市役所シティセールス課の藤井さんに、

    「時と明石にまつわるお話」のあれこれをお伺いしました!

     

     

    ●明石はなぜ時のまちといわれるのでしょう?

    Ÿ 標準時子午線である東経135度子午線が通っています

    Ÿ 日本標準時が制定されたのは1886年

    Ÿ 標準時子午線が通っていることに気付いた明石の人々は、1910年に日本初の子午線標識を建てました

    Ÿ その後も測量を繰り返して子午線の正確な位置を割り出して、子午線標識を建てたことで、明石は「子午線のまち」「時のまち」として知られるようになりました。

     

    ●「時の記念日」ってどんな日でしょう?

    Ÿ 毎年6月10日は「時の記念日」で、時間の大切さについて考えようという日

    Ÿ 1920年、当時の日本人に欧米人並みに時間を尊重する意識を持ってもらおうと制定

    Ÿ なぜ6月10日かというと、671年6月10日に天智天皇が「漏刻(ろうこく)」という水の量で時間を測る水時計を使って人々に初めて時間を知らせたから

    Ÿ 現在は時の記念日を国民の祝日にしようという運動も行われています

    Ÿ 時の記念日に合わせて「時のウィーク」と題して、明石ではイベントもあります

    【時にまつわるモニュメント】

    Ÿ 日時計

    Ø 明石公園、大蔵海岸など様々なところに明石ならではの日時計があります

    Ÿ 時打ち太鼓

       明石公園の入り口近くに毎正時ごとにロボットが出てきて太鼓で時間を知らせてくれます。

    Ÿ 天文の漏刻

    Ÿ 子午線の案内

      ・天文科学館の近くにはトンボの標識

      ・山陽電鉄の人丸前駅には子午線の標示がある

     

    ●そして6月の明石は時のウィークでもりあがりますよ!

    時のウィーク6/10(土)~6/16(金)

    メインデー 明石公園にてイベント

    【日時】6月11日(日)10:00~16:00

    【内容】フリーマーケット、歌やダンスのステージ、鉄砲隊演武、武者行列など

    【アクセス】JR明石駅・山陽電車山陽明石駅から北へ徒歩1分

    【問い合わせ】明石・時感動推進会議 ℡090-3973-8000

  • 明石でゴールドなおもてなし

    2017西日本B-1グランプリを11月25, 26日に明石で開催することが決定!

    全国のご当地グルメを楽しんでいただくとともに、多くの方々に全国のまちおこし団体と共に明石の魅力を全国に発信するとともに、明石ならではの「おもてなし」を感じてもらえる大会を目指します!

    4月のおもしろ明石楽では、グランプリ開催の取り組みや思いをあかし玉子焼ひろめ隊の古志隊長に伺いました。

     

    * 明石は昨年B-1グランプリで大活躍でした!

    * 昨年の12月に東京お台場で開催された「B-1グランプリスペシャル」において、ゴールドグランプリ(1位)を受賞

    * 子どもたちがおはし袋にメッセージを書いて来場者に渡す取り組みをはじめ、市をあげたおもてなしの取り組みが大好評でした。

    11月のB-1グランプリ開催が本当にたのしみですね!

    これから明石の街もますますもりあがってくることでしょう。

    駅前もリニューアルされて活気づいている明石にぜひでかけてみてくださいね。

  • 総合

    2017-03-28 明石の「たからもの」に触れませんか?

    3月のおもしろ明石楽は、明石市民の投票で決まった

    「明石のたからもの」ランキング(ランキング全ての順位はこちら)を元に

    これからの時期にオススメの話題・スポットを明石市シティセールス課の山口真理子さんとお届けしました!

     

    明石のたからものランキング♪

    栄えある1位に輝いたのは【玉子焼き(明石焼き)】

     

    去年のB-1グランプリスペシャルでは、ゴールドグランプリ!

    という輝かしい順位で、改めて、全国に玉子焼き、そして、明石のよさをPRできたのではないでしょうか。

    今年11月には明石市内でB-1グランプリの西日本大会が開催されますので

    更に明石&玉子焼きが盛り上がることでしょう~♪

     

    4位にランクインしたのは【明石城(明石公園)】

    これからの時期は、特に桜の状況が気になるかと思いますが・・・

    27日にシティセールス課の山口さんが公園の写真を撮ってきてくれました。

     

    まだつぼみも固そうで、もう少し時間がかかるかな?というように見えますね。

    早く桜が咲いてほしいな~という気持ちもありながら・・・桜が気になり始める

    この時期は出会いと別れの季節でして。

     

    実は、おもしろ明石楽を担当しました私 関真由美は

    番組、そして、このコーナーも卒業となります。

    この1年、明石駅前の再開発での様々な施設のオープンやB-1グランプリでのゴールドグランプリ獲得など

    嬉しい話題の多かった明石。

    今年もさらに嬉しい話題が舞い込んでくることでしょう~☆

    1年という短い期間でしたが、様々な勉強をさせていただきました。ありがとうございました!

     

    2017年度からは、木谷美帆さんの登場ですよ~♪私自身も楽しみです♪

    これからも、おもしろ明石楽を、宜しくお願い致します☆