CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

川浪ナミヲの情報アサイチ!

番組内容

神戸の劇団 劇団赤鬼の演出家でもあり、マルチに活躍する川浪ナミヲが金曜日のあさを“川浪色”に染める、週末の情報ワイド番組。
政治、社会、スポーツ、芸能、関西などなどニュースをたっぷりお届けします。

  • 2019年1月25日(金) 00時02分 総合

    01月25日金曜日・・さーて、今週のメッセージテーマは?

    今週のメッセージテーマは?

    「あなたの特別メニュー

    あなたにとっての特別な日や、こんなことがある日・・
    あった日などに食べる特別なメニューは何?

    家で作る?外食する?
    何故、それを食べるの?
    エピソードや思い出など・・。

    いろいろとメッセージ送って下さいね。
    メニューだけではなく、思い出でエピソードも添えて送ってくださいね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    メール:asakin@jocr.jp
    FAX:078-361-0005
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • 2019年1月18日(金) 09時20分 今朝の素敵なお客様

    尼崎の鉄工所がキャンプ用品のブランドを立ち上げ!「HIBANAS」

    尼崎の鉄工所がキャンプ用品のブランド、
    「HIBANAS(ヒバナス)」を立ち上げ!

    ということで・・・


    尼崎市にある
    ヒロセエンジニアリング株式会社
    広報ご担当
    中塩屋祥子さんにお越しいただき、
    お話を伺いました!

    この度、昭和45年創業の
    ヒロセエンジニアリング株式会社は、
    昨年12月、キャンプ用品ブランド
    「HIBANASU(ヒバナス)」
    立ち上げ、販売をはじめました!

     

    第一弾として、4つの商品を展開!

     


    鉄板焼きプレート

    「HIBARON(ヒバロン)」

    希望のサイズにオーダーメイド!
    厚さも、いくつかの中から選択することができます。

     

    「HIBATAKE(ヒバタケ)」
    キャンパーに愛用されている「武井バーナー」との
    併用を想定し、作られたもの。
    もちろん、お手持ちのバーナーに合わせた高さに
    合わせてつくることも◎

     

    「HIBARAX(ヒバラックス)」
    手持ちの板で1人~3人用の椅子になるほか、
    棚になるのも特長!

    なんせ、重いナミヲちゃんが座れる!

    安定の丈夫さ!且つおしゃれ☆

     

    テーブル「HIBABLE(ヒバブル)」
    家にあるようなカフェテーブルを外でも使いたい‼という思いを形に。

     

    ~ ナミヲちゃん劇場 ~

    キャンプ地にて…

    HIBANASのセットで…

    お肉を焼き…

    食べる!んまい!!!

    ~~~~

    鉄工所って、何を作っているの?とよく質問
    されるように、扱っている製品は、
    身近なものではないので、伝わりにくい・・・
    でも、このものづくりの技術を知ってもらいたい・・・
    いう気持ちから
    今回のブランド立ち上げに至ったとのこと。

    おしゃれで、機能的で、持ち運びもコンパクト!
    3拍子揃ったHIBANAS!

    ネットショップで現在発売中!

    <HIBANASネットショップはこちら>

  • 2019年1月18日(金) 08時55分 総合

    山口県の新スポット!「学びの椅子」ってどんなとこ?

    「ニッポン名物案内」!

    今日は、
    みつおずっと子どもがいるまちプロジェクト
    環境部 部会長
    徳永豊さんとお電話を繋いで、
    山口県周南市三丘地区にある
    「学びの椅子」について
    ご紹介いただきました!

    山口県周南市三丘地区は、
    山口県の東南部にあたる場所。
    そこにある「三丘ゆめ広場」という場所に
    高さおよそ4mの巨大な木製の
    椅子、「学びの椅子」が去年の9月に
    誕生しました!

    この巨大椅子が設置された「ゆめ広場」は
    県指定有形文化財「徳修館」の裏山。
    こちらのシンボルとして、
    地区のみんなが憩える場所をつくろうと、
    水田が広がる地域を一望できる
    「物見やぐら」としてつくられました!

    アクセスは、
    山陽自動車道「熊毛IC」からおよそ3分。
    是非、見に行ってみてくださいね!