CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

ばんばひろふみ!ラジオDEしょー!

番組内容

おバカなコーナー盛りだくさん!
ラジオの天才!バンバンが繰り広げるショータイムです!

  • 2019年1月16日(水) 12時00分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『天才作家の妻 40年目の真実』(2019.1.16水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「天才作家の妻 40年目の真実」をご紹介しました。

    監督 ビョルン・ルンゲ

    出演 グレン・クローズ、ジョナサン・プライス、クリスチャン・スレーター

     

    先日発表された第76回ゴールデングローブ賞のドラマ部門で作品賞に輝いたのはあの大ヒット中の「ボヘミアン・ラプソディ」
    主演男優賞は「ボヘミアン・ラプソディ」で、フレディ・マーキュリーを熱演したラミ・マレック。
    そして主演女優賞を獲ったのがこの「天才作家の妻 40年目の真実」のグレン・クローズ。

    実は、アカデミー賞に6回もノミネートされながら、まだ1回も受賞していない彼女が、きっとこの役で今度のアカデミー賞で主演女優賞をゲットするのではないかといわれているほどの、名演技を見せているのがこの作品。

    原題は「THE WIFE」というのだが、親切すぎるほどの邦題のおかげで、だいたいの内容が分かるのではないかと思うのだが、結婚以来、現代文学の巨匠といわれる作家の夫ジョゼフ・キャッスルマン(ジョナサン・プライス)を献身的に支え、完璧な妻だったジョーン(グレン・クローズ)。
    誰の目にも、理想的で最高のカップルとみられていた二人の関係が、夫のノーベル文学賞受賞をきっかけに、微妙に変化し、壊れていく・・・。
    もう人生の晩年に差し掛かったといってもいい二人の間に起こる夫婦の危機。

    彼らに密着取材して、伝記を書こうとしているジャーナリストのナサニエル・ボーン(クリスチャン・スレーター)は、ふたりの過去を調べる中で、妻子ある大学教授のジョゼフと学生だったジョーンが出会い、熱烈な恋をして略奪結婚をしたこと。
    素晴らしい小説を書いていたジョーンが当時の出版業界ではまだまだ女性蔑視の風潮があり、作家になる夢を諦めたこと。
    結婚後、それまではあまりパッとしなかったジョゼフが、一躍有名作家になったこと・・・などを調べ上げ、授賞式が行われるストックホルムに滞在中のジョーンを問い詰める。
    “あなたは、ジョゼフにうんざりしているのでは? 影として彼の伝説づくりをすることに・・・?”
    “スゴイ想像力ね!小説でも書いたら?” と一蹴しながらも、ジョゼフがインタビューで妻の創作活動について訊ねられた時、即座に”妻は書きません!“と答えたこと、作家としての息子のデビッド(マックス・アイアンズ)についても”彼はまだ、発展途上だ“と即答したことに、心のざわつきを禁じ得ないのだった。

    確かに愛し合っている二人だから、愛する男性に幸せになって欲しいから、影に回って彼を支えようとする女性の生き方に共感を覚える人もいるだろうし、才能ある女性には自立して欲しいと思う人もいるだろう。
    まだまだ女性の社会進出が大変だった1950年代という時代もあったのだろうが、今までのジョーンの生き方については、賛否両論があるのではないかと思う。
    で、ノーベル賞の授賞式、その華やかな宴の席のジョゼフのスピーチに苛立ったジョーンは制止もふりきり会場を後にする・・・!
    自我に目覚めた妻は、一体どんな行動に出るのか?

    監督は舞台の演出にも腕の冴えを見せるスェーデンのビョルン・ルンゲ。
    ジョーンの若い頃を演じるアニー・スタークの面差しがそっくりと思ったら、彼女はグレン・クローズの実の娘なんだとか。
    是非、これからに期待したい素敵な女優さんである。

    ★おたか★

    過去ログ…1月9日 放送 おたかのシネマでトーク「ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー

                  12月26日 放送 おたかのシネマでトーク「今年1年を振り返って

                   12月19日 放送 おたかのシネマでトーク「アリー/ スター誕生

                   12月12日 放送 おたかのシネマでトーク「彼が愛したケーキ職人

                   12月5日 放送 おたかのシネマでトーク「来る

  • 2019年1月9日(水) 12時00分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー』(2019.1.9水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー」をご紹介しました。

    監督 ケヴィン・マクドナルド

    出演 ホイットニー・ヒューストン、シシー・ヒューストン、エレン・ホワイト、メアリー・ジョーンズ、パット・ヒューストン

     

    人生には、山あり谷あり・・・。誰の人生にも紆余曲折があるものだけれど、ホイットニー・ヒューストンみたいに、その落差が激しい人はあまりいないのではないだろうか?

    エルビス・プレスリーやアレサ・フランクリンのバックコーラスなどをやっていた歌手シシー・ヒューストンが母親で、従姉妹にはあのディオンヌ・ワーウィック、D・D・ワーウィックがいるという音楽一家に育ち、幼いころから聖歌隊で歌うなど、歌の才能を認められ、モデルやクラブ出演を経て、1985年にアルバム“そよ風の贈りもの”でデビューするや、全米シングルチャートで7曲連続首位、女性シンガー初の全米アルバムチャート初登場首位など、瞬く間にスーパースターになったホイットニー。

    湾岸戦争真っ只中の1991年、第25回スーパーボウルでの国歌斉唱。
    1992年には、ケヴィン・コスナーと共演したあの映画「ボディガード」でスクリーンデビューを果たし、映画の大ヒットと共に、彼女の素晴らしい歌声が心に沁みるテーマ曲、ドリー・パートンの作詞作曲になる“オールウェイズ・ラヴ・ユー”も大ヒット。以後彼女の代表曲ともなり、サントラアルバムはビルボード・ホット・アルバム・チャートで20週間1位、チャートには141週(約3年弱)ランクインし続け、1992年から93年にかけての最大級のヒット映画、ヒットアルバムになったのだ。

    その「ボディガード」が公開されたのが11月。その直前の7月には、R&Bシンガーのボビー・ブラウンと結婚し、19933月には娘のボビー・クリスティーナ・ブラウンが誕生と、正に絶頂を極めた彼女の人生はその後、驚くほどの勢いで転がり落ちて行ってしまうことになる。
    夫からの暴力、薬物問題、体調を壊し声が出なくなり、それでも彼女はリハビリを経て再起に臨む・・・。

    2012211日、ビバリーヒルトンホテルの浴槽で48歳のその生涯を閉じたというニュースを聞いた時の衝撃は今でも覚えている。
    あんなにも素晴らしい歌声を持ち、あんなにも美しい笑顔で輝いていたホイットニーの人生の深い闇の部分を垣間見てしまったようで、何ともやるせなかった。

    沢山の周りの人々にインタビューし、ホイットニー・ヒューストン財団の完全協力で、未発表のホームビデオやアーカイブ映像など、貴重な彼女自身の記録映像も含め、客観的にその人生に迫っていく演出は、「ブラック・セプテンバー/五輪テロの真実」や「ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド」などで高い評価を得ているドキュメンタリー監督のケヴィン・マクドナルドの腕の冴えが存分に発揮され、音楽の向こう側にある、人間ホイットニーの姿を浮き上がらせている。

    そしてその後、心から愛した娘のクリスティーナが、まるで彼女の後を追うかのように、2015131日に自宅の浴槽で溺れ、7月26日に22歳の若さで亡くなってしまうという悲劇には、何故か因縁めいたものを感じずにはいられない。

    彼女は、本当のところ、幸せだったのだろうか?

    ★おたか★

    過去ログ…12月26日 放送 おたかのシネマでトーク「今年1年を振り返って

                   12月19日 放送 おたかのシネマでトーク「アリー/ スター誕生

                   12月12日 放送 おたかのシネマでトーク「彼が愛したケーキ職人

                   12月5日 放送 おたかのシネマでトーク「来る

                   11月28日 放送 おたかのシネマでトーク「ゲスト 池谷薫監督

  • 2018年12月26日(水) 12時00分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク 今年1年を振り返って (2018.12.26水)

    おたかのシネマでトーク 今年もたくさんの映画をご紹介しました! 

    2018年も、110日の「キングスマン ゴールデンサークル」から、1219日の「アリー スター誕生」まで、新作映画、懐かしの映画も含め、沢山の作品をご紹介してきたこのコーナー。
    ”家族””人とのつながり“、いつにも増してそんなテーマが強く感じられる映画が多かったように思う。

    71回のカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝いた是枝裕和監督の「万引き家族」。
    90回のアカデミー賞で作品賞とギレルモ・デル・トロが監督賞に輝いた「シェイプ・オブ・ウォーター」、フランシス・マクドーマンドが主演女優賞に輝いた「スリー・ビルボード」。

    ヒュー・ジャックマンが実在のショービジネスの世界の伝説の興行師P・T・バーナムを演じた「グレイテスト・ショーマン」。素晴らしいミュージカルナンバーの中でも、キアラ・セトルが歌った”ディス・イズ・ミー“は、自分に自信をもって生きていくことの大切さを歌いあげ圧巻。サントラCDの売れ行きも凄く、昨年の「ラ・ラ・ランド」あたりから続くミュージカル、音楽映画のブームも定着してきた感がある。

    119日の封切以来、現在も大ヒット中で、56回と観たというすごいファンも続出で、一大ブームを巻き起こしているのが「ボヘミアン・ラプソディ」。
    若い頃、QUEENに熱狂していたファンが子供や孫といっしょに劇場に足を運ぶなんて、信じられない光景も見られて、当時の彼らをリアルタイムで知っている世代、初めて接する世代、観た人すべてが大満足の映画として数々の記録を塗り替えていっていて、この快進撃はまだ当分続きそう。
    サウンドトラック盤がメチャ売れし、つられて、過去の彼らのアルバムやDVDなんかもすごく売れているらしい。
    そして、レディ・ガガの好演が心に残る「アリー スター誕生」も又、サントラを買いたくなる名曲揃い。
    ただ、曲がいいのは勿論だけど、それだけではなく、どの作品も人間ドラマがしっかりと描かれているところが、多くのファンの支持を得られているポイントだろう。

    一方で、低予算で作られた映画「カメラを止めるな!」の思わぬ大ヒットには、ちょっとびっくり。
    ただ、なんだか訳のわからない間に、ぐいぐい引っ張られて行ってしまう、その“勢い”には、新鮮なパワーを感じて楽しめた。

    はてさて、2019年は、どんな旬の映画が観られるのか・・・?
    是非来年も、ご一緒に楽しみましょうね~!!

    ★おたか★

    過去ログ…12月19日 放送 おたかのシネマでトーク「アリー/ スター誕生

                   12月12日 放送 おたかのシネマでトーク「彼が愛したケーキ職人

                   12月5日 放送 おたかのシネマでトーク「来る

                   11月28日 放送 おたかのシネマでトーク「ゲスト 池谷薫監督

                   11月21日 放送 おたかのシネマでトーク「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

  • 2018年12月19日(水) 12時00分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『アリー/ スター誕生』(2018.12.19水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「アリー/ スター誕生」をご紹介しました。

    監督 ブラッドリー・クーパー

    出演 レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー、アンドリュー・ダイス・クレイ、デイブ・チャペル、サム・エリオット

     

    1937年にジャネット・ゲイナーとフレデリック・マーチで、1954年にジュディ・ガーランドとジェームズ・メイソンで映画業界を舞台に作られた2作、1976年には、バーブラ・ストライサンドとクリス・クリストファーソンの共演で音楽業界に舞台を変えて作られた「スター誕生」。
    今作は4回目の映画化で、ブラッドリー・クーパーが監督・主演、タイトルロールのアリーを演じるのは、あのレディ・ガガ。

    歌手を夢見て、ウエイトレスとして働きながら、週に一度ナイトクラブで歌っているアリー(レディ・ガガ)の歌を、偶然耳にした国民的人気歌手ジャクソン(ブラッドリー・クーパー)は、その歌声に魅了され、一緒にツアーを回ろうと誘う。
    彼に歌の才能を見出され、瞬く間に、スターダムを駆けあがってゆくアリー。
    そして二人は、激しい恋に落ちた。

    彼女の人気はうなぎ上りで、やがて、レズ・ガヴロン(ラフィ・ガヴロン)がマネージャーにつく。
    振付師を雇い、よりポップな路線で売り出そうとするレズとジャクソンは、しばしば対立するようになる。
    そんな中、アリーも又、別の方向にキャリアを進め、自分の足で歩み始めようとする。
    一方で、聴覚障害に悩み、父や兄との間に葛藤を抱え、酒とクスリの依存症の問題で、活躍に陰りが見え始めるジャクソン・・・。

    当初、クリント・イーストウッドが監督をし、ビヨンセの主演で計画されたこの企画、相手役のジャクソンがなかなか決まらず、そうこうしているうちに、ビヨンセの妊娠などで頓挫。
    でも、結果としてブラッドリー・クーパーとレディ・ガガの共演、クーパーの初監督は正解だったと思う。

    2014年の「アメリカン・スナイパー」で、C・イーストウッド監督と仕事をして、俳優としても監督としても素晴らしい彼に憧れ、その後を追おうと思ったクーパーに、いきなり訪れた大きなチャンス。
    今までミュージシャンの経験のなかったクーパーが、レディ・ガガと共に曲を作り、バンドと共に歌う。
    カントリーミュージックの大御所ウイリー・ネルソンの息子のルーカス・ネルソンも一緒にこの映画の為にオリジナルソングをたくさん作り、ジャクソンのバンドのメンバーとして出演もしている。
    事実上、この物語のメインテーマであり、アリーとジャクソンのテーマソングともいうべき”シャロウ“は、ガガが音楽界の大物たちと組んで作り上げた曲。素晴らしい歌で、サントラがメチャ売れしてるのも納得!

    今や大スターのガガの、不遇の時代とオーバーラップするアリーのシンデレラストーリー。
    2時間16分の上映時間、ライブのシーンを含め、たっぷり充実の見応えなんだけど、2時間を超えると腰がだるくなってツライって感じるのは、私だけ???

    ★おたか★

    過去ログ…12月12日 放送 おたかのシネマでトーク「彼が愛したケーキ職人

                   12月5日 放送 おたかのシネマでトーク「来る

                   11月28日 放送 おたかのシネマでトーク「ゲスト 池谷薫監督

                   11月21日 放送 おたかのシネマでトーク「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

                   11月14日 放送 おたかのシネマでトーク「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲

                   11月7日 放送 おたかのシネマでトーク「ボヘミアン・ラプソディ

  • 2018年12月12日(水) 12時00分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『彼が愛したケーキ職人』(2018.12.12水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「彼が愛したケーキ職人」をご紹介しました。

    監督 オフィル・ラウル・グレイツァ

    出演 ティム・カルクオフ、サラ・アドラー、ロイ・ミラー、ゾハル・シュトラウス、サンドラ・シャーディー

     

    イスラエルの人気女優とドイツの無名俳優、監督をしたのはこれが長編映画のデビューというイスラエル出身のオフィル・ラウル・グレイツァ。
    製作に8年の時間をかけたこの作品、2017年のカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭コンペティション部門で上映された時には観客が総立ちで拍手喝采し、エキュメニカル審査員賞を受賞し、その後70以上の国際映画祭で上映され数多くの賞を受賞している。

    ドイツのベルリンでカフェ&ベーカリーを営むトーマス(ティム・カルクオフ)。
    イスラエルとドイツの合弁会社で働くオーレン(ロイ・ミラー)は、イスラエルに帰る際、いつもこの店のシナモンクッキーを家族へのお土産として買っていた。
    ある日、間もなく6歳の誕生日を迎える息子へのプレゼントに何がいいかをトーマスに相談したことがきっかけで、2人の仲は急速に親密なものになってゆく。
    やがて、ベルリンにいる時は、トーマスのアパートで一緒に暮らすようになり、故郷には妻子との生活があることを承知の上で二人の関係は続いてゆく。

    そんなある日、1か月ほどで戻ってくると言って帰国したオーレンからの連絡がぷっつりと途絶えた。
    意を決して、ベルリンのオーレンの事務所を訪ねたトーマスはそこで、オーレンが帰国してすぐ、自動車事故で亡くなったことを知る。
    愛する人の死を知って、いてもたってもいられず、トーマスはオーレンの故郷イスラエルを訪れる。
    エルサレムの町で偶然入った小さなカフェ。小さい子供を抱えてシングルマザーになってしまい、新たに食物規定(コシェル)を取って、店を再開しようという女性アナト(サラ・アドラー)は、異邦人のトーマスを暖かく歓迎し、職を探しているという彼を雇い入れる。簡単な下働きをしながら店番をしていたある日、厨房でシナモンが入った瓶を見つけ、彼女の息子の為にシナモンクッキーを焼くトーマス。
    ところが、アナトと一緒に店にやって来た厳格なユダヤ教徒である、オーレンの兄モティ(ゾハル・シュトラウス)は、非ユダヤ人のトーマスが勝手にオーブンを使ったことに大激怒。食物規定に触れるからすべて廃棄しろと迫る。

    文化、宗教、生活・・・すべてに大きな違いがあることを身をもって知ったトーマス。
    そして、アナトこそが、彼が愛したオーレンの妻であり、二人は同じ愛する人を亡くすという悲しみに暮れているのだということも知ることとなる。

    国籍、宗教、文化やセクシャリティといったいろんな壁を超えて、愛することで救われる人間賛歌として描かれるラストシーンが素晴らしい!
    同じ男性を愛した男女二人が紡ぎだす、切なく美しいLGBT映画として、是非観てほしい作品‼

    ★おたか★

    過去ログ…12月5日 放送 おたかのシネマでトーク「来る

                   11月28日 放送 おたかのシネマでトーク「ゲスト 池谷薫監督

                   11月21日 放送 おたかのシネマでトーク「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

                   11月14日 放送 おたかのシネマでトーク「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲

                   11月7日 放送 おたかのシネマでトーク「ボヘミアン・ラプソディ