CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー!

番組内容

おバカなコーナー盛りだくさん!
ラジオの天才!バンバンが繰り広げるショータイムです!

  • 2019年7月10日(水) 14時00分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『新聞記者』(2019.7.10水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「新聞記者」をご紹介しました。

    監督 藤井道人

    出演 シム・ウンギョン、松坂桃李、本田翼、岡山天音、郭智博

     

    今、選挙の近いこの時期に、何故?
    これって、本当のことなの?
    どこかで聞いたことのあるような事件や出来事のオンパレードに、観ている側は、もしかしてノンフィクション?ドキュメンタリー?って思う人もいるのではないかとも考えると、よく作れたなと思うし、よくロードショー公開が出来たな?とも思うこの映画。

    実際、公開日前後に公式サイトが断続的にダウンするという、謎のサイバー攻撃のようなものを受けたリ、松阪桃李とシム・ウンギョンという日韓の実力派人気俳優のW主演の映画なのに、TVなどのメディアでの宣伝が殆どされない。

    原案は望月衣塑子の書いた「新聞記者」という角川新書。
    彼女は、菅内閣官房長官の会見で、しつこいほどに質問を繰り返す為、“菅官房長官の天敵”と称され、一躍有名になった東京新聞の記者だが、彼女本人や、元文部科学省事務次官の前川喜平氏らが出演する鼎談をパソコン画面で主人公たちが見ているという設定もあり、余計に現実と虚構の境目があやふやになってしまう。

    東都新聞社会部の若手女性記者 吉岡エリカ(シム・ウンギョン)は、新聞社に届いた匿名のファックス、医療系大学の新設計画に関する極秘情報の調査を手がけることになる。
    日本人のジャーナリストの父と、韓国人の母との間に生まれアメリカで教育を受けて育った彼女は、同じジャーナリストだった父の自殺というトラウマを抱え、取材のやり方や対象への向き合い方などから、社内でも異端視されていた。

    一方、外務省から内閣情報調査室に出向中の官僚 杉原拓海(松阪桃李)は、政権維持の為に不都合なニュースをコントロールするという仕事をしつつも、心にモヤモヤを抱えていた。
    そんなある日、かつて外務省での上司だった内閣府の神崎(高橋和也)に呼び出され、酒を酌み交わす。
    何かを伝えたそうな彼の様子が気になった杉原だったが、痛飲して彼を自宅に送ったのが、最後になるとは考えもしなかった。
    神崎はビルから身を投げて死んだ。

    どうして彼が死ななくてはならなかったのか?事の真相を知りたいと動き出した杉原は、匿名ファックスの調査で彼にたどり着いた吉岡と出会い、立場の違いを超えて調査を進めるうち、ある事実を知ることとなる。

    丁度、妻が子供を出産したばかり。古巣の外務省に戻りたいのなら、取り計らってやれるかも・・・? 国家を守るためには、どんな汚い手でも使う上司の多田智也(田中哲司)の働きかけに、立ち向かうのかそれとも・・・と、葛藤する杉原。

    ウォーターゲート事件を暴いたワシントンポスト紙の記者をダスティン・ホフマンとロバート・レッドフォードが演じたアラン・J・パクラ監督の「大統領の陰謀」。
    88回のアカデミー賞で作品賞に輝いた、ボストン・グローブ紙のカトリック神父の性的虐待事件を追った「スポットライト/世紀のスクープ」。
    ベトナム戦争を分析し記録した国防総省の最高機密文書を、ワシントンポストのジャーナリストが暴く、S・スピルバーグ監督、トム・ハンクス、メリル・ストリープ共演の「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」など、ハリウッドでは権力者の秘密や真実を暴く実話の映画化が話題を呼んできた。

    この映画「新聞記者」は、あくまでも、若き新聞記者とエリート官僚の対峙と葛藤を描く、フィクションの社会派サスペンス。

    是非、誰かと一緒に観て、観終わったらお酒でも飲みながら、大いに語り合って欲しい映画!
    私は、飲めないんですけどね・・・、でも・・・!

    ★おたか★

  • 2019年6月26日(水) 13時50分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『ハッピー・デス・デイ』(2019.6.26水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「ハッピー・デス・デイ」をご紹介しました。

    監督 クリストファー・ランドン

    出演 ジェシカ・ロース、イズラエル・ブルサード

     

    映画を観る時、何を基準に選ぶのか?

    大好きな映画スターが出ているから?

    お気に入りの監督だから?はたまた一緒に見に行く人のこだわりで・・・とか、その選び方は様々。

    でも、最近、プロデューサーの名前で選ぶ人も増えてきているんだとか。

    プロデューサーといえば“#ME TOO”運動で一躍その名を轟かせることになった大物プロデューサーのハーベイ・ワインスタイン。

    「英国王のスピーチ」「恋に落ちたシェイクスピア」などの大ヒット作を手がけ、映画会社や製作会社も立ち上げた敏腕プロデューサー。

    でも、その影響力を悪用して多くの女優にセクハラ行為を働いたとして、映画界を追放されたニュースは、まだ記憶に新しいところ。

    それほど巨大なパワーを持っているプロデューサーの中で、今、勢いがあって大注目株なのが、ロス出身のジェイソン・ブラム。

    あの「セッション」で、アカデミー賞にノミネートされたので、ご存知の方も多いと思うが、一方で、低予算で高品質の作品を作り、それを見事にヒットさせる!まさに”コスパ“のいいプロデューサーとして、アカデミー賞で脚本賞を受賞した「ゲット・アウト」や、「ミスター・ガラス」など話題作をどんどん生み出している。

    もともと彼が手掛けた「パラノーマル・アクティビティ」のシリーズ第1作が15000$で作られて2億$の興収をあげ、ハリウッド史上最も利益を上げた映画と言われるなど、時代と観客のニーズと、キャストやスタッフの選び方などに独特のセンスを見せ、彼の作る映画なら、外れはないだろうと支持されているワケ。

    そしてこの映画は、アメリカでは2017年に公開され、あの1982年の「ブレードランナー」の続編で、ハリソン・フォードが引き続きリック・デッカード役をやるというので、大いに話題になった「ブレードランナー2049」を抜いて週末興行のトップに立ったというから、面白くない筈がないという、タイムループ・ホラーなのだ。

    タイムループ、つまり、同じ時間同じ日が、繰り返されるというもので、主人公の自己チューで最低、ちょっとビッチな女の子ツリー(ジェシカ・ロース)が、9月18日誕生日の朝、なぜか、見知らぬ男の子カーター(イズラエル・ブルサード)のベッドで目覚め、訳が分からないままいつものルーティンをこなして、夜、パーティに向かう途中、ベビーマスクをかぶった殺人鬼に殺される。が、気がつけば同じ9月18日の朝。

    カーターのベッドで目覚め、同じ日常が繰り返され、夜、殺される・・・。果てしなく繰り返される悪夢の誕生日。犯人を突き止めなければ、タイムループから逃れられない。

    恐怖なんだけど、どこか笑えるホラー。この映画の大ヒットによって続編がつくられ、2019年2月にアメリカで公開されたのだが、2匹目のドジョウは居なかったようで、興収は1作目を大きく下回り、ヒットしたら3作目も・・・と言っていたジェイソン・ブラムも、その可能性は低いと言っているとか・・・。

    その続編「ハッピー・デス・デイ 2U」が、日本では引き続き7月12日から封切られる。

    やれやれと思ったのもつかの間、まさかの別次元ループが始まり、タイムループが起こることには理由があったことが判明するという2作目。

    ホラーでコメディで青春ドラマ!2本続けて観られるのも、日本ならではのお楽しみ。どうせなら、2本まとめていかが・・・?

    ★おたか★

    過去ログ・・・

    6月19日 放送 おたかのシネマでトーク「X-MEN: ダーク・フェニックス」

    6月12日 放送 おたかのシネマでトーク「アラジン」

    5月29日 放送 おたかのシネマでトーク「知りすぎていた男」

    5月22日 放送 おたかのシネマでトーク「コンフィデンスマンJP」

    5月15日 放送 おたかのシネマでトーク「初恋 ~ お父さん、チビがいなくなりました」

  • 2019年6月19日(水) 14時00分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『X-MEN: ダーク・フェニックス』(2019.6.19水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「X-MEN: ダーク・フェニックス」をご紹介しました。

    監督 サイモン・キンバーグ

    出演 ソフィー・ターナー、ジェームズ・マカボイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ニコラス・ホルト

     

    アメリカンコミックの雄”マーベル“が本格的にハリウッド映画に進出したのが、2000年。

    最初の作品が「X-MEN」だった。1963年に誕生したヒーローチーム“X-MEN”。

    突然変異によって超人的能力を身につけたミュータントたちの活躍を描いたコミックは、マーベル史上最高の5億部を超え、メガヒットとなった。

    そのコミックの中でも、最重要作と言われている「ダーク・フェニックス サーガ」が原作で、現行のキャストの作品としては最終章を迎えるというのが、この映画。今回は、X-MENの主要メンバーのうちの一人、女性ミュータントのジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)が主人公。

    宇宙ミッションで謎の光線を浴び、心の闇に潜んでいたもう一人の人格“ダーク・フェニックス”が覚醒してしまったジーン。自分でもどうすることも出来ず、コントロール不能に陥った彼女の苦悩。

    そしてそんな彼女に近づいてくる謎の女(ジェシカ・チャスティン)。

    今までのシリーズと違うのは、ヒーローと悪人というはっきりとした色分けの闘いではなく、愛する仲間と闘わなければならない苦悩と、彼女の最強のパワーを知っているが故に、どう戦ったらいいのかも分からず、でも、何としても彼女を救いたいというプロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)、ミスティーク(ジェニファー・ローレンス)、サイクロップス(タイ・シェリダン)などの仲間たちとの戦いであるという点。最強の仲間が最凶の敵になるという怖さ!

    外の敵ヴィランではなく、己の中に潜む内なる邪悪さという敵との闘いは激烈だ。磁力を操るプロフェッサーXの旧友のマグニート(マイケル・ファスビンダー)や、ビースト(ニコラス・ホルト)、ストーム(アレクサンドラ・シップ)、クイック・シルバー(エヴァン・ピータース)、ナイトクルーラー(コディ・スミット=マクフィー)などなど、懐かしい面々も、これで見納めなのか・・・?

    監督はサイモン・キンバーグ。2006年の「X-MEN ファイナル・ディシジョン」に共同脚本として参加して以来、多くのX-MENシリーズで脚本や製作を手掛けてきた彼の、初監督作品。

    さすが、長年にわたり手がけてきただけあって、細かなこだわりもあり、安心して観られる。

    製作総指揮を務めたスタン・リーはマーベルコミックスの名誉会長で、原作者としてスパイダーマンや、超人ハルク、X-MEN、ファンタスティック・フォーなどの生みの親。

    自らカメオ出演もしたりしてファンに愛されていたが、2018年11月、95歳で亡くなったので、彼に捧げるというコメントが最後に出てくるのは、ちょっと悲しい。

    アポカリプスから、スピンオフ・シリーズのウルヴァリン、デッドプールに至るまで、多くのキャラクターを生み、愛されてきたX-MENのシリーズ、どんな風に形を変えて又登場してくるのか、楽しみ~!!

    ★おたか★

    過去ログ・・・

    6月12日 放送 おたかのシネマでトーク「アラジン」

    5月29日 放送 おたかのシネマでトーク「知りすぎていた男」

    5月22日 放送 おたかのシネマでトーク「コンフィデンスマンJP」

    5月15日 放送 おたかのシネマでトーク「初恋 ~ お父さん、チビがいなくなりました」

    5月8日 放送 おたかのシネマでトーク「轢き逃げ 最高の最悪な日」

  • 2019年6月12日(水) 14時30分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『アラジン』(2019.6.12水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「アラジン」をご紹介しました。

    監督 ガイ・リッチー

    出演 ウィル・スミス、メナ・マスード、ナオミ・スコット、マーワン・ケンザリ、ナビド・ネガーバン

     

    おなじみ、あの”千夜一夜物語“の中の”アラジンと魔法のランプ“のお話。
    絵本やアニメなど、いろんな形で世界中で愛されているこのお話、1992年にディズニーがミュージカル仕立のアニメーション映画にして大ヒット。
    魔法のじゅうたんに乗って、世界中を旅するシーンに流れる“ホール・ニュー・ワールド”はアカデミー賞の最優秀歌曲賞とゴールデングローブ賞の最優秀主題歌賞に輝き、結婚披露宴の定番ソングにもなり、一時は、キャンドルサービス入場のBGMは、ほとんどこれ?といった現象も。

    そんなディズニーのアニメミュージカルの実写版がコレ。
    先日もTVで「シンデレラ」が放送されていたし、「美女と野獣」も実写化されたし、最近では、まさかの「ダンボ」の実写化もあり、8月にはあの「ライオン・キング」も実写で登場らしいし、もう一大ブームの到来と言ったところ。

    監督は「スナッチ」「シャーロックホームズ」のシリーズ、「キング・アーサー」などで知られるガイ・リッチー。
    アラジン役はメナ・マスード。ミステリードラマ「Open Heart」やドラマシリーズ「トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン」のジャックの同僚役などで知られているが、半年にわたるオーデイションを経て今作のタイトルロールに大抜擢。貧しいけれど、清らかな心を持ち、いつか人生を変えたいと願っているアラジンを好演。
    一方、王女という地位に縛られることなく、生き生きと自由に生きたいと願う王女ジャスミンにナオミ・スコット。ガールズバンドで活動していたところをスカウトされ、歌手として本格デビューの後、女優にも。
    2017年の「パワー・レンジャー」のピンク・レンジャー役やこれから公開される「チャーリーズ・エンジェル」のリブート版への出演も決まっているという、期待の女優さん。

    この2人の配役も、はまり役だけど、今回の目玉は、何といってもランプの魔人ジーニー役をウィル・スミスが演じているということ!
    1995年「バッド・ボーイズ」96年「インデペンデンス・デイ」、3本の「メン・イン・ブラック」シリーズなどで知られ、2001年のモハメッド・アリを熱演した「ALI アリ」と、実の息子と共演した「幸せのちから」(06)では、アカデミーの主演男優賞にノミネートされ、プロデューサーとして「最後の恋のはじめかた」「ベスト・キッド」や「ANNIE/アニー」なども手がけている彼が、歌って踊る「フレンド・ライク・ミー」は本当に楽しいナンバー。

    運命の出会いをしたアラジンとジャスミンとジーニー。
    それぞれ、自由を求める本当の願いをかなえることができるのか?
    そして、新しい世界への扉の向こうに待つ“真実の愛”!!
    楽しい音楽と素敵な愛に彩られた、何度見てもワクワクするミュージカル。

    今回、台詞も歌も完全に吹き替えたプレミアム吹き替え版の中村倫也と木下晴香のコンビ、ジーニー役の山寺宏一、王国の乗っ取りを企む邪悪な大臣ジャファー役の北村一輝、みんなはまり役なので、日本語吹き替え版もおススメ~!

    ★おたか★

    過去ログ・・・

    5月29日 放送 おたかのシネマでトーク「知りすぎていた男」

    5月22日 放送 おたかのシネマでトーク「コンフィデンスマンJP」

    5月15日 放送 おたかのシネマでトーク「初恋 ~ お父さん、チビがいなくなりました」

    5月8日 放送 おたかのシネマでトーク「轢き逃げ 最高の最悪な日」

    5月1日 放送 おたかのシネマでトーク「ホワイト・クロウ 伝説のダンサー」