番組内容

ラジオ関西でもお馴染みの寺谷一紀が、暮らしを豊かにするヒントを、医療や食文化、旅、音楽など様々な視点でお伝えします。
聞いてトクする、中身の濃い2時間生放送!

株式会社アピスファーマシー 川越敏章さん[2017年03月10日(金)]

今回のゲストは、株式会社アピスファーマシー代表取締役社長兼CEOの川越敏章さんでした。

株式会社アピスファーマシーは、大阪を拠点に調剤薬局を全国展開している会社です。

その社長を務めておられます川越さんが子どもの頃に憧れていたのが、発明王エジソン。

発明家として有名なエジソンですが、実はその発明を社会で活かすための方法を考えたイノベーター(革新者)としても知られています。

そんなイノベーターとしてのエジソンに憧れた川越さん。

地域に密着した「かかりつけ薬局」というコンセプトを守りつつ、次の時代を見据えた薬局を目指して、大きな夢を抱いているんですね。

株式会社アピスファーマシー 

  • 投稿日時:2017年03月10日(金) 17時42分

あっきんのおしゃれでハッピー![2017年03月09日(木)]

今週のアシスタント、吉川亜樹さんのファッションのテーマは「全身ブルーコーデで気分も爽やか!」でした。

みなさんのご感想をお待ちしています!

メール:ichiki@jocr.jp

FAX:078-351-0005

  • 投稿日時:2017年03月09日(木) 18時35分

有馬温泉 角の坊[2017年03月09日(木)]

3月2日の「一宿一飯」では、有馬温泉にあります「角の坊」をご紹介しました。

「角の坊」のルーツは、鎌倉時代に有馬温泉に設けられた12の宿坊にあると言われています。

露天風呂には、有馬温泉にある二つの源泉からお湯を引いているそうで、名物の「金泉」が楽しめますよ。

有馬温泉 角の坊

TEL:078-904-0771

  • 投稿日時:2017年03月09日(木) 10時46分

膵炎に注意しましょう[2017年03月07日(火)]

今回の「医療知ろう!」では、順心淡路病院 院長の松井祥治先生に、最近増えている膵炎についてお話を伺いました。

膵炎とは文字通り、膵臓が炎症を起こす病気です。

膵臓は消化に必要な酵素を分泌する臓器なのですが、何かのはずみで自分が分泌した酵素で自分を消化し始めてしまうのです。

原因としてはアルコールの摂り過ぎが指摘されていて、腹痛などの症状が出ます。

早期に治療しないと命にかかわる病気なので、おかしいと思ったら早めの診察が必要です。

もちろん暴飲暴食もダメですよ。

 

安心の医療を実現するために

兵庫県保険医協会

 

  • カテゴリー:医療知ろう!
  • 投稿者:寺谷一紀と!い・しょく・じゅう
  • 投稿日時:2017年03月07日(火) 18時22分

清水電設工業 清水博之さん[2017年03月04日(土)]

今回の「社長さん、いらっしゃい!」ゲストは、尼崎市にあります清水電設工業株式会社 代表取締役社長の清水博之さんでした。

清水電設工業さんのお仕事は、分かりやすく言うと自動車などの機械部品や金型などの耐久性を高めるために、様々なコーティングを施すというものです。

一般の方々とは直接かかわらないお仕事ですが、私たちの身近にある様々な機会がスムーズに動くための、まさに「縁の下の力持ち」という存在のお仕事なんですね。

清水社長は、三代目の社長さんとなりますが、若い頃に夢中になったテニスを通じて、目標を達成するための努力や海外に飛躍するための下地を、しっかりと育てることが出来たそうです。

世の中を支えてくれる日本の中小企業の底力、今こそ見せてほしいですね。

清水電設工業ホームページ

  • 投稿日時:2017年03月04日(土) 10時00分

あっきんのおしゃれでハッピー![2017年03月02日(木)]

今週のアシスタントの吉川亜樹さんのファッションコーデのテーマは「菱餅」!?だそうです・・・

みなさんのご感想をお待ちしています!

メール:ichiki@jocr.jp

FAX:078-351-0005

  • 投稿日時:2017年03月02日(木) 18時40分

淡路島 海上ホテル[2017年02月28日(火)]

23日の「一宿一飯」では、淡路島の南あわじ市にあります「淡路島海上ホテル」をご紹介しました。

鳴門海峡を望む福良湾に面した海上ホテルは、その立地を生かしたいろいろなサービスをご提供しています。

鳴門海峡に行けば、鳴門のうず潮は必見ですよ。

そして今の時期のグルメと言えば、フグ料理。

海上ホテルでは、じっくりと育てた3年トラフグをご提供しています。

淡路島 海上ホテル

TEL:0799-52-1175

  • 投稿日時:2017年02月28日(火) 10時00分

借り上げ復興住宅からの立ち退き問題について-高齢者の健康との関係-[2017年02月26日(日)]

23日の「医療知ろう!」では、兵庫県保険医協会 副理事長の武村義人さんに、阪神淡路大震災の高齢被災者の借り上げ復興住宅からの立ち退き問題についてお話を伺いました。

阪神淡路大震災では多くの人が家を失ったため、仮設住宅→復興住宅と生活基盤を変えつつ復興を果たしていきました。

しかし高齢の被災者は、新たに家を建てたりマンションを借りる余力もないため、長く借り上げ復興住宅に住み続けて生活基盤を確立してきました。

震災から20年以上たった今日、この借り上げ復興住宅について「そろそろ立ち退きを」という問題が起きています。

元々臨時の措置だったということもありますが、すでにかなりの高齢となり健康にも不安を抱えている被災者にとっては、突然住環境が変わるのは大きな負担になる恐れがあります。

実際、環境の変化から老化の進行→認知症と進んでいくことも多いそうです。

安心の医療を実現するために

兵庫県保険医協会

  • カテゴリー:医療知ろう!
  • 投稿者:寺谷一紀と!い・しょく・じゅう
  • 投稿日時:2017年02月26日(日) 13時00分

菊正宗酒造株式会社 嘉納逸人さん[2017年02月24日(金)]

今回のゲストは、日本酒メーカーとして有名な菊正宗酒造株式会社 代表取締役副社長の嘉納逸人さんでした。

子どもの頃は宇宙へのあこがれを抱いていた嘉納さん。

しかし学生時代は、特に科学への関心を示すことなく過ごされたそうです。

そんなある日、飲み会で菊正宗のお酒を飲んだ時に、あらためて日本酒の魅力に気づかされた嘉納さん。

これまでの漠然とした「家業を継ぐ」という意識が、明確に自分の意思となって日本酒の新しい時代を切り開こうと決心されたそうです。

その決意が結実したのがこちら。

菊正宗とは全く別の新ブランド「百黙(ひゃくもく)」

利き酒師の資格を持つアシスタントの吉川さんも絶賛でしたね。

そして明日25日(土)菊正宗酒造では毎年恒例の「蔵開き」が開催されます。

菊正宗 蔵開き2017

日時:2017年2月25日(土)10時~15時

場所:菊正宗「嘉宝蔵」構内 および 菊正宗酒造記念館
   (神戸市東灘区魚崎西町1丁目)
   (交通)六甲ライナー「南魚崎駅」徒歩2分または、阪神「魚崎駅」南へ徒歩10分

毎週火曜日放送の「バタフライエフェクト」パーソナリティの桂春蝶さんの落語会もありますよ。

ぜひお越しください!

菊正宗 ホームページ

  • 投稿日時:2017年02月24日(金) 13時00分

あっきんのおしゃれでハッピー![2017年02月23日(木)]

2月最後放送、番組アシスタント、吉川亜樹さんのファッションコーデは「できる司会者」です!

みなさんのご感想をお待ちしています!

メール:ichiki@jocr.jp

FAX:078-351-0005

 

  • 投稿日時:2017年02月23日(木) 18時35分

番組へのおたより

■ハガキ

〒650-8580 ラジオ関西
「寺谷一紀とい・しょく・じゅう」

■メール

ichiki@jocr.jp

■FAX

078-361-0005

ポッドキャスト

配信はこちら

ナビゲーション

最新の投稿

過去の投稿

検索

パーソナリティ

ページトップへ