番組内容

毎週金曜日の午前10時からナニワのアナウンサーこと寺谷一紀が神戸をキーステーションに生放送でお送りする関西ええとこまるかじりの情報ワイド番組。
毎回多彩なゲストをスタジオにお迎えして、“聴くカルチャー”をコンセプトに、格調高く個性的にお届けしています。

まごころ歳時記(3月17日)[2017年03月20日(月)]

今回のお題は菜飯田楽でした。

まずは、大森さんの句からご紹介します。

「届けらる笊のあれこれ菜飯炊こ」

「青き良し単純さらに菜飯良し」

「それなりに田楽らしや串を打つ」

妙音新聞からは

「長居して食べて帰れと菜飯かな」(岩出市 吉益宜子さん)

「大盛りに春慶塗の菜飯かな(藤井寺市 竹村智巳さん)

「熱熱と知りつ田楽口に入れ」(富山市 國見由利子さん)

つづいて著名な俳人の句をご紹介します。

「枸杞の垣田楽焼くはこの奥か」(夏目漱石)

「田楽や花散る里に招かれて(夏目漱石)

「料理場にもて余したる若菜飯(正岡子規)

「田楽や庵あたたかき笑ひ声(正岡子規)

 

それでは出演者の皆さんの句をご紹介します。

まず寺谷さんの句は、

「駅弁に菜飯のむすび二つ三つ

アシスタントの中橋さんは、

「田楽でお腹気遣う甘みかな」

「デパ地下に並ぶ菜飯の湯気香り」

 

つづいて今週のリスナーのみなさんの句をご紹介します。

「菜飯はね食べたことない どんな味」(奈良県高市郡 えりたんさん)

「菜飯食む下歯二本の孫と笑む」(篠山市 まさあっこさん)

「菜の飯が映える茶碗 有田焼」(姫路市 みよこさん)

「田楽のにおいに誘われ午前様」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)

「田楽や下戸も上戸も舌つづみ」(神戸市垂水区 きぃろっくさん)

「父娘 田楽かぶる味噌の味」(明石市 レモントマトジュースさん)

「味噌仕立 田楽旨し酒の友」(神戸市垂水区 ますきさん)

「田楽はコンニャクよりトウフやで」(姫路市 姫路市のトラバイクさん)

「田楽に花吹雪かかる桜道」(高槻市 夕焼けの金魚すくいさん)

「田楽や遠くなりにし京の味」(大阪市淀川区 蒼龍さん)

「囲炉裏端 田楽旨し飛騨の旅」(姫路市 みよこさん)

「腹黒の代議士お縄 高笑い」(大阪市西成区 大岡越前の蟹さん)

 

それでは出演者の皆さんが選んだ句を紹介します。

ゲストの谷野先生は

「ミシュランも菜飯食せば星三つ」(神戸市垂水区 ひであきさん)

「とりあえず酒と田楽 三軒目」(加東市 姫路セントラルぱくっ~さん)

ゲストの赤在さんは

「田楽や備長炭で香り付け」(たつの市 悪魔の囁きさん)

コメンテーターの宮倉さんは

「懐石の菜飯に母の口軽し」(交野市 星のブランコさん)

「田楽の美味さ語るか串の数」(八尾市 ゴンちゃんさん)

大森さんは

「田楽や かぎやの辻のあの店に」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)

 

 

そして今週の特選句は、

「菜飯炊き おにぎりこさえて会いに行く」(松原市 クッキーモンスターさん)

「田楽を焼いたそばから食う息子」(神戸市垂水区 垂水の玄さん)

 となりました!

 

次回のお題は春雨彼岸会で募集します。

お題にこだわらない句も歓迎ですよ。

初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

講評 大森保延さん(辯天宗婦人部総裁)

1954年、 辯天宗宗務総長大森慈祥氏 (現管長猊下)と結婚。
1960年得度、1965年辯天宗婦人部総裁に就任。 
文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など辯天宗文化部の発展に寄与。
1995年、 大和礼法弁才御流興隆。
1996年、大阪府より文化芸術表彰を受ける。
1997年茨木西ロータリークラブ会長。
2009〜2010年RI2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
大阪府更正保護協会理事。
茨木市更正保護推進協議会副会長。

辯天宗ポータルサイト

 

麗仙湯、ハーブティーのお問い合わせは

チベン製薬ホームページ

  • 投稿日時:2017年03月20日(月) 10時00分

歌声で元気をお届けしたい![2017年03月19日(日)]

17日後半のゲストは、シンガーソングライターの芝本洋平さんでした。

趣味で音楽活動をされていた芝本さんですが、ボランティア活動で演奏を披露したところ多くの方から喜ばれたのをきっかけに、ボランティアとしてシンガーソングライターの活動を始められた芝本さん。

自作の曲や懐かしい曲など、豊富なレパートリーで、たくさんの皆さんに楽しんで頂いているそうです。

芝本さんにボランティアとして演奏をご希望される方は、ぜひ寺谷さんのオフィスまでご一報下さいね。

寺谷一紀 オフィシャルサイト

 

  • 投稿日時:2017年03月19日(日) 10時00分

がんと前向きに生きていくこととは、[2017年03月18日(土)]

17日の「いろいろ万華鏡」では、神戸大学医学部附属病院 特命准教授でNPO法人「いきいき和歌山がんサポート」理事長のの谷野裕一さんとミュージックエージェンシー・リベラ代表の赤在依美さんをお迎えして、がん患者さんたちを精神的にサポートする取り組みについてお話を伺いました。

谷野さんは、神戸大学付属病院で医師として治療にあたられる傍らで、がん患者のみなさんを精神的にサポートするNPO法人「いきいきがんサポート」の運営に取り組んでいます。

がん患者の皆さんが、自分ががんを患ったことを受け止めることは、頭で考える以上に精神的に難しいことなんだそうです。

そうした患者の皆さんを精神的にサポートするために谷野さんたちは2010年から「いきいきがんサポート」を立ち上げて活動されてきました。

その活動の一環として今回、ミュージックエージェンシー・リベラの赤在さんも協力して音楽イベントが開催されます。

こころコンサート今 つなぐ 「いのち」のバトン
開催日時:2017年4月9日
開場 13:30 開演 14:00
場所:和歌山県立図書館2Fメディアアートホール

出演者の中には、実際にがん治療を受けながら活動をされている方もいらっしゃるそうです。

皆さん、それぞれにがんと向き合いながら、アクティブに暮らしていこうとしています。

こうした取り組みが全国に広がっていけばいいですね。

NPO法人 いきいき和歌山がんサポート

 

 

  • 投稿日時:2017年03月18日(土) 10時00分

地震・津波から身を守るために[2017年03月14日(火)]

先日の11日で、東日本大震災から6年目を迎えました。

津波の恐ろしさは、東日本大震災の教訓として、皆さんもよくご存じと思います。

近い将来に発生が予想されている南海トラフ巨大地震でも、津波によって大きな被害がもたらされると言われています。

いざという時に備えて、あらためて地震と津波の関係、そして身を守る方法について確認しておきましょう。

まず忘れてはいけないことは、地震と津波は、一体です。

大津波警報が発表されたとき、まず何をすべきか?

一刻も早く逃げる!

津波は、大人のすねの高さ(約30㎝)まで水に浸かったら、ほとんど身動きが取れなくなります。

ですから、津波に巻き込まれない対策が重要です。

・沿岸部や川沿いにいる人は、すぐに高台などの安全な場所へ避難する。

・強い地震、または揺れが弱くても、長時間揺れる地震の時は、津波に注意し、決して海岸に近づかない。

・避難するときは、徒歩での避難が原則です。自動車での避難は、安全な避難行動の妨げとなります。よほどの事情がない限り、徒歩による避難を徹底しましょう。

・津波は第1波が最大とは限りません。東日本大震災の津波では、第3波が大きな被害をもたらしました。津波警報が解除されるまで、決して安全な場所から離れないこと。

・ラジオや緊急速報メールなどで正しい情報を確認して、落ち着いて行動しましょう。

また、普段からご家庭や学校・職場でも、避難場所や連絡先を決めておいて、いざという時に各自で避難場所へ避難するように心がけましょう。

事前の備えと、一刻も早く逃げる冷静な判断が、あなたの命を守ることを忘れないでください。

 

地震に自信 プロセブン耐震マット

環境に優しいバイオマスマットが新発売!

  • 投稿日時:2017年03月14日(火) 10時00分

まごころ歳時記(3月10日)[2017年03月13日(月)]

今回のお題は初雷でした。

まずは、大森さんの句からご紹介します。

「活鰆なれば吾が料の腕さわぐ」

「塩屋よりわかめ鰆が届けられ」

「闇と風ともなふ春の雷鳴かず」

妙音新聞からは

「鰆船戻りたるあと観潮船」(綾部市 森本信太郎さん)

「初雷や鳴り出す前に犬震え(福岡市 永野久美子さん)

「写経する筆を止めたり春の雷」(日高郡 伊藤秀一さん)

「初雷に会話と切れて目を伏せる」(四日市市 北山紀美さん)

「春雷や智辯連覇の兆して」(五條市 馬場廣道さん)

つづいて著名な俳人の句をご紹介します。

「一匹の鰆を以てもてなさん」(高浜虚子)

「落ちし雷を盥に伏せて鮓の石(夏目漱石)

「遠雷や香の煙のゆらぐ程(夏目漱石)

「初雷や仁王の陰の悪太郎(正岡子規)

「家ありや牛引き帰る春の山」(正岡子規)

 

それでは出演者の皆さんの句をご紹介します。

まず寺谷さんの句は、

「初雷や洗車のあとの涙雨

アシスタントの中橋さんは、

「肉休み鰆が並ぶ 胃に優し」

「初雷に尻尾が下がる小型犬」

アルミカン高橋さんは

「鰆好き 西京焼きが特に好き」

アルミカン高橋さんは

「初雷にうたれたのかとおどろかれ」

 

つづいて今週のリスナーのみなさんの句をご紹介します。

「鰆食べ勇気みなぎり元気いっぱい」(奈良県高市郡 はるぴーさん)

「鰆はね名前が変わる魚だね」(奈良県高市郡 ブーちゃんさん)

「晩御飯 鰆が出ると つい笑顔」(奈良県高市郡 翔鶴さん)

「鰆乗せ漁船行き交う日生港」(たつの市 悪魔の囁きさん)

「鰆焼く味噌の香りが かぐわしい」(明石市 明石のレモントマトジュースさん)

「大ゆのみ鰆みつけし寿司屋にて」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)

「漁港にてセリ声きこゆ鰆市」(神戸市垂水区 垂水の玄さん)

「春の夜に轟音響く初雷かな」(奈良県高市郡 四季さん)

「初雷 聞く時感ず仲春を」(奈良県高市郡 湖乃葉さん)

「初雷で はちがおきたよ こわいなあ」(奈良県高市郡 えりたんさん)

「初雷や夜空を焦がす稲光」(東大阪市 やすよさん)

「初雷にサッサと帰るアマゴルファー」(大阪市生野区 すみれさん)

「初雷の響き渡るや鳥騒ぐ」(神戸市垂水区 ますきさん)

「初雷で命の息吹 呼び覚ます」(守口市 しんきいってんさん)

 

それでは出演者の皆さんが選んだ句を紹介します。

大田先生は

「春告げる海よりの使者 鰆かな」(大阪市淀川区 蒼龍さん)

「初雷は今年も来ます行事だ」(大阪市城東区 しまちゃんさん)

 
 

アルミカン高橋さんは

「春雷や遠くひと鳴り聞き眠る」(姫路市 みよこさん)

アルミカン赤阪さんは

「鰆はね名前が変わるブリ同じ」(奈良県高市郡 ねむいんさん)

「初雷で驚いた虫が出てきたよ」(奈良県高市郡 アーくんさん)

中橋さんは

「初雷に孫ママの手に顔うずめ」(泉大津市 泉大津一九さん)

大森さんは

「春雷や赤子初めて寝返りぬ」(交野市 星のブランコ)

「初雷を麓に聞くや山の宿」(神戸市垂水区 きぃろっくさん)

「転寝を初雷にさえぎられ」(八尾市 ゴンちゃんさん)

そして今週の特選句は、

「西京焼き魯山人より母の味」(守口市 守口のタヌキさん)

「春雷の一喝父の声に似て」(神戸市垂水区 生涯現役さん)

 となりました!

 

次回のお題は菜飯田楽で募集します。

お題にこだわらない句も歓迎ですよ。

初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

講評 大森保延さん(辯天宗婦人部総裁)

1954年、 辯天宗宗務総長大森慈祥氏 (現管長猊下)と結婚。
1960年得度、1965年辯天宗婦人部総裁に就任。 
文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など辯天宗文化部の発展に寄与。
1995年、 大和礼法弁才御流興隆。
1996年、大阪府より文化芸術表彰を受ける。
1997年茨木西ロータリークラブ会長。
2009〜2010年RI2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
大阪府更正保護協会理事。
茨木市更正保護推進協議会副会長。

辯天宗ポータルサイト

 

麗仙湯、ハーブティーのお問い合わせは

チベン製薬ホームページ

  • 投稿日時:2017年03月13日(月) 10時00分

あなたの歩き方、大丈夫ですか?[2017年03月10日(金)]

今週のゲストは、ウォーキングトレーナーの池田ノリアキさんでした。

 

長らくアシックスでシューズの開発に携わっていた池田さん。

靴もさることながら、日ごろの歩き方を改善することが大事だと気づいて、ウォーキングトレーナーになったそうです。

番組では、出演者の皆さんのウォーキングチェックをしていただきました。

そんな池田さんに直接指導を受けられるチャンスが3月末にあります!

ウォーキングトレーナー池田ノリアキの「脱三日坊主できるウォーキング」

日時:3月30日(木)13時30分~15時 コープカルチャー西神南

4月5日(水)15時30分〜17時 コープカルチャー兵庫

4月13日(木)13時〜14時30分 コープカルチャー姫路田寺

受講料:1,620円

お問合せ:コープカルチャー西神南 TEL:078-997-4540

コープカルチャー兵庫 TEL:078‐652-1887

コープカルチャー姫路田寺 TEL:079-299-3588

 

 

  • 投稿日時:2017年03月10日(金) 13時00分

高速道路についてのトリビア[2017年03月08日(水)]

 

通りところまで車でスムーズに移動するために便利なのが高速道路。

この高速道路について、知っているようで意外と知らない「トリビア」をご紹介します。

 

◎高速道路の落下物は、どのように回収しているのか?

高速道路を走っていると、たまにいろいろな落下物を見かけることがありますね。

猛スピードで車が走っている道路上に、あんなものがいつまでも落ちていては事故の元です。

こうした落下物はNEXCO(ネクスコ)などの高速道路管理会社に所属している「交通管理隊」が回収しています。

交通管理隊は黄色のパトロールカーに乗って、24時間・365日、高速道路に異常がないか巡回しています。

落下物を発見したり、利用者からの通報があれば、すぐに回収に向かいますが、この時、隊員は車を通行止めにしたりせず、タイミングを計りながら道路を横断して回収します。

非常に危険な仕事のため、必ず2人1組で作業をするそうです。

◎高速道路の標識のヒミツ

高速道路の標識をよく見ると、漢字の点の数が省略されているような独特の文字が使われています。

これ実は、「道路公団標準文字(通称:公団ゴシック)」といって日本道路公団(現在のNEXCO)が、運転中でも見やすいようにと、独自に開発したフォントなんです。

◎高速道路の渋滞は、どのように予測しているのか?

渋滞の予測は、過去3年ほどの渋滞データを基に、渋滞の発生個所や時間帯を予測しています。

ちなみに、NEXCO東日本では、日本で唯一の「渋滞予報士」がいます。

関東支社 交通技術課の外山 敬祐(とやま けいすけ)さんで、5代目になります。

気になる的中率は、7~8割とのこと。

その存在意義は、渋滞を予測するだけでなく、予測することによってドライバーに意識付けをすることで、渋滞を緩和することが狙いです。

ちなみに日本史上最大の渋滞は、1995年12月27日に名神高速から東名高速にかけて発生した154㎞の渋滞です。 ゲリラ豪雨による通行止めが原因で、解消されるまで23時間もかかったそうです。

 

ご予約・お問い合わせは 0120-50-1515

  • 投稿日時:2017年03月08日(水) 13時00分

コミュニティFMで、地域に元気を![2017年03月07日(火)]

3月3日のゲストは、社会福祉法人 祥水園 理事長の塩崎万規子さんと副園長の斎藤潤さんでした。

実は塩崎さんは「まごころ歳時記」のコーナーで俳句の講評をいただいています大森保延さんの娘さんなんです。

社会福祉法人 祥水園は奈良県五條市にあります特別養護老人ホームで、地域の高齢者福祉の拠点として活動されています。

現在、五條市は他の地方都市と同じように、少子高齢化や過疎の問題に悩まされているということで、塩崎さんたちは五條市を活性化するために出来ることをいろいろ模索されているそうです。

その一つが、地域密着で情報を発信するコミュニティFM局の開設。

この4月から「FM五條」を開局させるべく、現在準備の最終段階なんだそうです。

地域を活性化するには、そこに住む人たちが積極的に行動することが大事なんですね。

同じラジオ局として、新しい放送局「FM五條」の活躍を応援したいですね。

社会福祉法人 祥水園

  • 投稿日時:2017年03月07日(火) 15時00分

山火事の予防について[2017年03月07日(火)]

(ここでクイズ!)

さて、一年で一番、山火事が多い時期は、いつでしょう?

山火事の約7割が、冬から春先(1月から5月)にかけて集中して発生しているんです。

 

そこで消防庁では、先週の放送でご紹介ました「春の全国火災予防運動」と連動する形で、毎年3月1日から7日まで「全国山火事予防運動」を実施しています。

今年は

「火の用心 森から聞こえる ありがとう」

という標語を掲げて、様々な啓発活動を実施します。

 

ところで、なぜ、春に山火事が発生しやすいのでしょうか?

山火事の原因で、もっとも多いのが

「たき火の不始末」(全体の約3割)

春になると行楽などで山に入る人が増えます。すると、中にはキャンプやバーベキュー、たばこなどの火の不始末が起こるという図式です。

また、農作業などに伴う「枯れ草焼き」が、山林に飛び火するのも原因の一つとなっています。

山火事を予防するため、次のことに注意しましょう。

・枯れ草など、燃えやすいものの近くで、たき火をしない。

・強風・乾燥時に、たき火や火入れをしない。

・たき火から離れる時は、しっかりと火を消す。

・タバコの吸い殻を投げ捨てない。

・火遊びはしない。

これからの季節、火の取り扱いには十分注意しましょう。

 

地震に自信 プロセブン耐震マット

環境に優しいバイオマスマットが新発売!

  • 投稿日時:2017年03月07日(火) 10時00分

まごころ歳時記(3月3日)[2017年03月06日(月)]

今回のお題は春の山でした。

まずは、大森さんの句からご紹介します。

「奈良彫の雛も引っ越しすませきし」

「余生といふはおもしろや雛も吾も」

「金剛はいま春の山 笑みこぼれ」

妙音新聞からは

「復興の光あまねしつるし雛」(柏原市 永味啓子さん)

「雛女官お顔に少し傷出来て(伊勢市 森本彩さん)

「春山を仰ぎ未来図を描く」(八尾市 向垣朝加さん)

「薄紙に包む未練の雛納」(八尾市 淺井祥多さん)

つづいて著名な俳人の句をご紹介します。

「或夜夢に雛娶りけり白い酒」(夏目漱石)

「二人して雛にかしづく楽しさよ(夏目漱石)

「雛の影 桃の影 壁に重なりぬ(正岡子規)

「桃酒や大事大事の小盃(正岡子規)

「家ありや牛引き帰る春の山」(正岡子規)

 

それでは出演者の皆さんの句をご紹介します。

まず寺谷さんの句は、

「ひな飾り並べ方にも歴史あり

アシスタントの中橋さんは、

「春の山 見上げる空にリラックス」

「雛人形出さずで嫁にいきそびれ」

ゲストの塩崎さんは

「一人言 雛に聞かれてをりしかな」

「少しづつ丸味をおびて春の山」

 

つづいて今週のリスナーのみなさんの句をご紹介します。

「春の山 木々の間で鳥の声」(奈良県高市郡 四季さん)

「春の山 登ると桜 見えてくる」(奈良県高市郡 はるぴーさん)

「白と黒6・4の雲 春の山」(篠山市 まさあっこさん)

「春の山 草木芽生える山開き」(神戸市北区 たけしさん)

「春の山 気持ちうきうきピクニック」(姫路市 姫路市のトラバイクさん)

「雪どけで三菜取れる春の山」(大阪市城東区 しまちゃんさん)

「やまかげの風ひんやりと春マラソン」(姫路市 みよこさん)

「難所過ぎ尾根なだらかな春の山」(交野市 星のブランコさん)

「雪解けが済めばもうすぐ春の山」(滋賀県 滋賀のまー君さん)

「おひなさま古希の祝いに私用」(城陽市 カイロさん)

「ひなまつり早く食べたい ひなあられ」(奈良県高市郡 ねむいんさん)

「ひなにげよ 走れと逃げる 官女かな」(奈良県高市郡 湖乃葉さん)

「おひな様 白酒飲んで ホロ酔いか」(奈良県高市郡 ブーちゃんさん)

「雛という漢字覚えて うれしいな」(奈良県高市郡 鍋焼きうどんさん)

「流し雛 厄と一緒に流れてく」(奈良県高市郡 翔鶴さん)

「雛人形しまい忘れて行き遅れ」(たつの市 悪魔の囁きさん)

「お雛様パパがなかなか仕舞わない」(神戸市垂水区 きぃろっくさん)

「赤ちゃん産まれましたよ雛便り」(宍粟市 黒田あっかんべーさん)

「祖母の愛 色とりどりの雛あられ」(揖保郡 斑鳩の卑弥呼さん)

「雛人形 床間飾り孫はしゃぐ」(神戸市垂水区 ますきさん)

「良縁を願い今年の雛納め」(八尾市 ゴンちゃんさん)

「女子力が あふれんばかり ひな祭り」(神戸市垂水区 垂水の玄さん)

「ひな祭り 母孫歳の差 八十四」(松原市 ただのおやじさん)

「べっぴんの雛を選んで願い込め」(豊岡市 ほないくえさん)

それでは出演者の皆さんが選んだ句を紹介します。

ゲストの坂田さんは

「春の山 想ひ出探し よもぎ摘み」(明石市 レモントマトジュースさん)

寺谷さんは

「ひなあられ やめられないよ とまらない」(奈良県高市郡 えりたんさん)

そして今週の特選句は、

「甘樫や大和三山 春の山」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)

「独り身の むすめ今年も雛の世話」(神戸市垂水区 生涯現役さん)

「雛人形 売り場で揉める老夫婦」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)

 となりました!

 

次回のお題は初雷で募集します。

お題にこだわらない句も歓迎ですよ。

初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

講評 大森保延さん(辯天宗婦人部総裁)

1954年、 辯天宗宗務総長大森慈祥氏 (現管長猊下)と結婚。
1960年得度、1965年辯天宗婦人部総裁に就任。 
文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など辯天宗文化部の発展に寄与。
1995年、 大和礼法弁才御流興隆。
1996年、大阪府より文化芸術表彰を受ける。
1997年茨木西ロータリークラブ会長。
2009〜2010年RI2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
大阪府更正保護協会理事。
茨木市更正保護推進協議会副会長。

辯天宗ポータルサイト

 

麗仙湯、ハーブティーのお問い合わせは

チベン製薬ホームページ

  • 投稿日時:2017年03月06日(月) 10時00分
ページトップへ