CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

シネマクエストラジオ

番組内容

映画情報ポータルサイト「シネマクエスト」による最新の映画情報を中心に、リスナーの皆さんの映画ライフをよりいっそう楽しく豊かにするお手伝いをします!
毎回、多彩なゲストをスタジオにお招きして、映画への想いや、大好きな作品について語っていただく「マイ・シネマ・ヒストリー」のコーナーも聴き逃せません。
映画関連グッズのプレゼントもありますよ!

今夜あなたはどんな映画の世界と巡り会えるのでしょうか?

シネマクエスト
映画情報ポータルサイト「シネマクエスト」

  • 2018年7月30日(月) 15時43分 放送アーカイブ

    新作紹介「ウインド・リバー」

    2018年7月25日 第139回オンエア

    戸羽さん、ピンボケでごめんなさい!

    番組を聞いてみよう

    【ケーちゃんのよもやまシネマ】

    テレビで見たつもりの映画も、カットされているところがあるので、あらためて観ると
    気付かなかった感動があるかもしれませんよ!

    ケーちゃんも高校生の時に「ローマの休日」の素晴らしさを再確認!

    「LEON」も完全版を観て新たな発見がありましたよ!

    【先読みシネマ情報】

    KADOKAWA 戸羽大吾さん 「ウインド・リバー」

    『ボーダーライン』『最後の追跡』で2年連続アカデミー賞にノミネート(脚本賞)された脚本家テイラー・シェリダンが、自らの脚本を基に初メガホンをとった。全米4館での限定公開からスタート、作品の評価の高さから口コミで話題を呼び、全米2,095館にまで規模を拡大し、最高3位を記録した。娘を何者かに殺され、心に深い傷を負う孤高のハンター・コリー役を演じるのは、『ハート・ロッカー』で評価され、その後『アベンジャーズ』シリーズにも出演したジェレミー・レナー。彼とともに事件を追う新人FBI捜査官ジェーン役は、『マーサ、あるいはマーシー・メイ』で映画デビューし、今や人気女優のひとりとなったエリザベス・オルセンが演じている。

    作品詳細はこちら

  • 2018年7月19日(木) 15時17分 放送アーカイブ

    3部作映画はおもしろい!

    2018年7月18日 第138回オンエア

    歌手なんだけど寄席でライブするブラボーしろうさん!

    番組を聴いてみよう!

    【マイシネマヒストリー】

    出演:日本一縁起のいい歌手 垂水のスター ブラボーしろうさん

     

    「バック・トゥー・ザ・フューチャー」以外にも何度も見る作品が・・・それは「アウトレイジ」!
    世界観ちがいすぎるやん!でもそこは「三部作だからおんなじです」ってホンマかいな(笑)
    「スパイダーマン」「ダイ・ハード」「極道の妻たち」も同じカテゴリーなんですって!

    紅白に出ることを目標として公言しているシローさん、北野武監督の映画にチョイ役でもいいので
    出たいそうです!

    神戸新開地・喜楽館 「ブラボーしろうの昭和歌謡ナイトVol1」
    18:30開演です! ぜひお越し下さいね。詳しくはこちら!

    【先読みシネマ情報】

    シネマコミュニケーター 森川みどりさん 「未来のミライ」

    甘えん坊の4歳の男の子“くんちゃん”は、両親の愛情を生れたばかりの妹に奪われたと感じている。ある日、未来からやってきた妹のミライちゃんと出会い、家族の歴史をめぐる冒険に出発する。

    『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』の細田守監督による長編オリジナル作品第5作。

    作品詳細はこちら

    【プレゼント】

    「オーシャンズ8」 全国共通劇場鑑賞券 

    大阪府豊中市 相良文三さんほかのみなさんおめでとうございます! 

  • 2018年7月16日(月) 12時30分 放送アーカイブ

    これはもう恐竜はホントにいますね。

    2018年7月11日 第137回オンエア

    写真の「未来のミライ」は来週紹介しますね!

    番組を聴いてみよう!

    【マイシネマヒストリー】

    出演:日本一縁起のいい歌手 垂水のスター ブラボーしろうさん

    長年の間、月に2~3回観つづけている映画「バック トゥー ザ フューチャー」!

    まるでBGMのように作業がはかどる!

    でも今が大好きすぎて、特に過去に行きたいとか未来に行きたいとかはないというしろうさんが語る
    「バック トゥー ザ フューチャー」の魅力をあらためて語っちゃいます!

    作品詳細はこちら

    【先読みシネマ情報】

    シネマコミュニケーター 森川みどりさん 「ジュラシックワールド/炎の王国」

    メガヒットとなった『ジュラシック・ワールド』に続く、新生シリーズ第2弾。今回はジュラシック・ワールドへの再訪と火山噴火のスペクタクルの前半、そして救出された恐竜たちが暴れだす後半というサービス満点の2部構成。本作の見どころは何といっても、初登場も加えたシリーズ最多という恐竜たち。噴火する火山の溶岩流から逃げ惑う何種類もの恐竜たちの姿は壮観だ。さらにカリフォルニアの邸宅に舞台を移した後半では、遺伝子操作によって新しく作り出された凶暴な新種、インドラプトルも登場するなど、とことん“恐竜づくし”の全編になっている。一方、ストーリーの核となるオーウェンとラプトルのブルーの交流は、私たちを和ませてくれるシーンだ。主演は、前作に引き続きクリス・プラットとブライス・ダラス・ハワード。監督は『永遠の子どもたち』で注目を集めたスペインの新鋭J・A・バヨナ。

    作品詳細はこちら

  • 2018年7月8日(日) 14時55分 放送アーカイブ

    寝ても覚めても谷五郎!?

    2018年7月4日 第136回オンエア

    7月14日(土)はチキンジョージで「GOROSHOW R40」!

    番組を聴いてみよう!

    【マイシネマヒストリー】

    出演:パーソナリティー 谷五郎さん

    映画を観ても観ても忘れる谷さん。特にサスペンスは誰が誰かわからん!外国人はもっとわからん!わかりやすくハチマキでもしといてもらわないと!そんな谷さんでもよく覚えてるサスペンスを紹介!

    「ミザリー」(1990/アメリカ)

    作品詳細はこちら

     

    【先読みシネマ情報】

    引き続き谷五郎さん 今週は谷さん三昧!

    谷五郎さんはなんと映画出演経験もある!
    演技経験のない4人の女性たちがロカルノ国際映画祭で最優秀女優賞を受賞し、話題となった「ハッピーアワー」(濱口竜介監督)は市民参加による「即興演技ワークショップin KOBE」から誕生。ほとんどの登場人物を演技未経験者がつとめ、谷さんも出演しています!

    そしてなんと、その濱口監督の商業映画初作品でカンヌ映画祭に出品された「寝ても覚めても」では、ラジオパーソナリティーとして声だけ出演していますよ!それでもカンヌで上映された作品のエンドロールにはちゃんと「ラジオ関西」「谷五郎」と出ていたそうですよ!

    「寝ても覚めても」は9月1日公開です!

    作品詳細はこちら

    【プレゼント】

    「未来のミライ」 全国共通劇場鑑賞券 

    『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』の細田守監督による長編オリジナル作品第5作。

    作品詳細はこちら 

    神戸市灘区 RN.そにさんほかのみなさんおめでとうございます!