CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

加藤登紀子の地球に乾杯!

番組内容

自然の良さを伝えながら、それを守っていくにはどうしたらよいか?
だからこそ、真剣に地球環境全体について考えていきます。

  • 2018年2月16日(金) 18時36分

    18/02/12 イラッしたとき、そんなときには・・・

    今回は「イライラへの対策」について考える回でした。

    日常生活の中で、怒りを感じる瞬間は誰にでもあります。身近な人にイラっと感じたとき、皆さんはどのように対処されているでしょうか。

    Yaeさんが、周期的に些細なことでイラついてしまうという。それに対し、登紀子さんは瞬間爆発型だそうです。

    イライラしているとついつい衝突してしまう事があるので、今の自分のイライラ度を示す、「イラ度シール」という物を作ると良いのではという登紀子さんの提案。「イラ度シール」があると、様々なシーンで、衝突が避けられるかもしれない….!!と思われませんか?

    番組では真剣に「イラ度シール」制作を考えてみようかな?

     

    また別の方法として、怒りの感情をコントロールすることも対策の1つです。

    怒りのピークを知る、怒りの原因から離れるということが効果的とされており、どんな怒りも6秒で最大、その後は急速にしずまっていくものだそうです。確かに、感情を止められなくなることはあっても、いつまでもずっと、瞬間的に感じた大きな怒りを持ち続けることはあまりありません。さらに、その怒りの原因から離れることで、冷静な気持ちになって改めて考え直すことができるなと、実感しました。

    放送の後半では、もうすぐバレンタインということもあり、恋についての話が展開されました。

    2015年の国勢調査によると、男性の4人に1人が生涯未婚という結果になったそうです。人口を減らさない為にも、たくさん恋をして、結婚をし、時にはパートナーにイラっとしながらも、刺激的で、楽しい人生を送りたいものですね。

  • 2018年2月7日(水) 23時00分

    18/02/04 ゲストに因幡晃さん

    今週の放送は、シンガーソングライターの因幡晃さんにゲストとしてお越しいただき、スタジオ内の人口密度高めで生放送をお送り致しました。

    因幡晃さんは、高校卒業後、鉱山技師として働いていた頃に鼻唄でうたっていた曲から「分かって下さい」を完成させ、その曲を初めて人前で披露したという「ヤマハポピュラーコンテスト」で優勝。その翌年デビューされ、さまざまな活動を続けて来られました。現在はソロで活動する一方、ブラザーズ5というユニットを組み、音楽を生み出し続けています。

    因幡さんのデビューのキッカケになった、ヤマハポピュラーコンテストは、中島みゆきさんやピンクレディのケイさんも出場したコンテスト。(中島さんは、因幡さんの宿敵だったそうです。笑)当時を思い返しながら、裏話などを語っていただきました。

    3/24に、「熟声生唄一番搾り」と銘打ったコンサートを行う因幡さん。

    これまでもたくさんライブを行ってきた因幡さんが、歌を唄うとき1番大切にされていることは何か、Yaeさんに訊ねられたとき「11つ、分け与える、言葉を置いてくる」ことを意識していると答えていらっしゃいました。

    因幡さんに教えていただいた通り、言葉はとても大切です。

    言葉を紡ぐこと、書くことは、自分の思いや考えを相手に届ける1番ポピュラーな方法ではないでしょうか。しかし、それがまっすぐそのまま届かないときもあるのが現状だと思います。

    自ら発する全ての言葉を大切にして、少しでも自分の心のまま、思いのまま、誰かに伝わるよう、努力しなければ、と思いました。