CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

三上公也の朝は恋人

番組内容

懐かしの名曲を中心に三上公也アナウンサーのセレクトで、月曜日から木曜日の朝のひとときを音楽で彩ります。
また、エンタメ、スポーツ、ライフスタイルなど、一日の始まりに入れておきたい情報もお伝えします。

  • 2017年10月16日(月) 17時03分

    活きたベニズワイガニ

    水深500m~1000mに生息するベニズワイガニ。
    底に沈めた仕掛けのカゴを引き上げる際に、大半は死んでしまうのだそう。
    ただ獲れたうちの2%は活きたまま水揚げされるそうで、その貴重なカニを初めてみました!

    確かに動いていました。

  • 2017年10月15日(日) 07時00分

    情報アサイチ!番組情報

    さて、今週の「三上公也の情報アサイチ!」は・・・

    10月16日(月)コメンテーター:西條遊児
                           アシスタント:木谷美帆
    6時台
    「新聞一面チェック」
    「スポーツニュース」
    「頭にいいラジオ」
    「歌のない歌謡曲」
    7時台
    「新聞拾い読み」
    「スポーツニュース」
    8時台
    「西條遊児の気になるニュース」
    「コープ・スコープ」
    9時台
    「西條遊児のひょうご『町』歩き」 
    「今週のエルヴィス・プレスリー」
    「美帆の大発見!」
        
    10月17日(火)コメンテーター:山崎整
                 アシスタント:木谷美帆
    6時台
    「新聞一面チェック」
    「スポーツニュース」
    「頭にいいラジオ」
    「歌のない歌謡曲」
    7時台
    「新聞拾い読み」
    「スポーツニュース」
    8時台
    「山崎整の気になるニュース」
    「コープ・スコープ」
    9時台
    「あかし本『時のまちを創る 海のまちに生きる』がコンサートパフォーマンスに!」
    出演:コンサートピアニスト 牧村英里子さん
    「こうべしんきん三上公也の企業訪問」
    ~しんきんビジネスメッセ出展企業から~
    株式会社神戸設計ルーム、株式会社サンテック

     10月18日(水)コメンテーター:滝川好夫
                  アシスタント:池田奈月
    6時台
    「新聞一面チェック」
    「スポーツニュース」
    「頭にいいラジオ」
    「歌のない歌謡曲」
    7時台
    「新聞拾い読み」
    「スポーツニュース」
    8時台
    「滝川好夫の気になるニュース」
    「コープ・スコープ」
    9時台
    「ビジネスセンスはどこに現れるのか?」
     出演:兵庫県立大学経営学部組織経営学科教授 川上昌直さん
    「春らんまん健康通信」
     出演:漢方薬局「春爛漫」店主・薬剤師 春名恒明さん

    10月19日(木)コメンテーター:田中道弘
               アシスタント:池田奈月
    6時台
    「新聞一面チェック」
    「スポーツニュース」
    「頭にいいラジオ」
    「歌のない歌謡曲」
    7時台
    「新聞拾い読み」
    「スポーツニュース」
    8時台
    「田中道弘の気になるニュース」
    「コープ・スコープ」
    9時台
    「高砂に『和歌山おでんと焼酎専門店』オープン」
    出演:「セイエイカン」オーナー店主 近藤昌宏さん
    「奈月の大発見!」 

    ※放送内容は予告なく変更になる場合があります。ご了承ください。

  • 2017年10月14日(土) 04時31分

    新登場のコーヒープリン!

    兵庫県南あわじ市にある淡路島牛乳から今月1日に「コーヒープリン」が新発売されました。
    ネーミングはごく普通ですが、1980年に世に出た淡路島牛乳のロングセラー商品であるコーヒー牛乳の「淡路島コーヒー」をふんだんに使ってプリンにしたもの。国産卵を使い、子供でも安心して食べられるようにと無添加で作られています。去年「淡路島藻塩プリン」を番組内で紹介した際、池田奈月アナウンサーが「淡路島コーヒープリンが食べたい!」と言ったのをきっかけに商品づくりに着手したそうで、この話には池田アナも感激!しかも自分の誕生日である10月1日に発売されたとあって大感激していました!
    関西スーパーなどで1パック2個入り160円(税別)で販売されています。

    そしてもうひとつ。今年の7月1日に発売された「うずシュー」。生地には鳴門海峡の渦潮がデザインされ、中のアイスには人気商品の「匠ヨーグルト」が使われていて、うっすら青味がかっています。心地よい酸味が特徴のシューアイスです。観光施設「うずの丘大鳴門橋記念館」、「道の駅うずしお」、農畜水産物直売所「美菜恋来屋」、「道の駅福良」で1つ260円(税別)販売中。淡路島牛乳の柏木順二さん、細畠克夫さん

  • 2017年10月13日(金) 07時28分

    菊の酵母でつくった日本酒登場!

    このほど「菊」の酵母を使った日本酒「姫路きくこうぼのお酒」が出来ました。
    「龍力」で知られる姫路市の酒蔵本田商店と、姫路獨協大学がタッグを組んで造ったお酒です。
    姫路城の桜の酵母から出来た「姫路城さくらこうぼのお酒」に次ぐ第2弾です。
    本田商店専務の本田龍佑さんによると、酒米である山田錦特有の甘みと、菊の酵母から出る独特の酸味が味わいを引き締めているとのこと。確かに試飲させてもらうと、さくらこうぼのお酒と対照的に酸味があり白ワインのよう。さんまの塩焼きなど脂っ気のある食べ物に合います。
    野生酵母による仕込みは、発酵力が弱いために大量の仕込みは出来ないので今回は限定1700本の生産となりました。 300mlで1080円(税込)で、姫路駅地下グランフェスタの龍力ショップをはじめ姫路市内の酒販店で販売中ですが、まもなく今期分は販売を終了するそう。
    春、秋の花で日本酒が出来上がりましたが、早くも第3弾として、今度は夏に咲く花での仕込みに向けて酵母探しを進めているそうです。

  • 2017年10月12日(木) 03時43分

    当麻嘉英陶造形展へ

    きのうから神戸・元町にある大丸神戸店7階美術画廊で「当麻嘉英陶造形展」が始まりました。
    当麻さんは兵庫県宍粟市千種町在住で、2年に1度大丸神戸店で個展を開かれています。
    普段使えるいわゆる雑器も作られていますが、近年は「これが焼き物?」と思わせる遊び心いっぱいの作品が出来上がっています。久しぶりにお会いしましたが、すっかり細身になっていました。その理由はというと自転車。あちこちツーリングを楽しんでは作品の元になるアイデアを探したりしているそう。
    会場には新作60点ほどが展示されていますが、中でも造船所で見かけて自分も船をこしらえようと出来たのが「長き航海」という後方にある作品で、案内はがきにも使われている長さ90cmほどのもの。船の内部の様子が伺える作品で、とてもすべてが土で出来ているとは思えない出来です。お話を伺うと、普通に船を造るように船底から作っていくと土の重みで形が崩れてしまうために、出来上がり状態を想像しつつ逆さまにして甲板部分から作って行ったのだそうです。もちろん一発勝負の一点ものです。
    ほかにも長靴やランドセル、ワインボトル、そして「昼下がりの情事」なる作品もありました。
    入場は無料、気に入った作品は購入も出来ます。見るだけでも楽しい陶造形展ですよ。
    会期は今月17日(火)まで。午前10時~午後8時(最終日は午後5時閉場)