CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

羽川英樹ハッスル!

  • 2019年5月30日(木) 13時00分 総合

    我らがはーさんゾロ目の66しゃいに!恒例の!?カオス写真はこちら

    < ハッスルオフエア >

    5月24日は、
    はーちゃん66しゃいの

    お誕生日!!

    先週のOA後、
    66歳記念の写真をぱしゃり📷★

    もりもり持参のカオスな変身グッズで、
    はーさんをデコり
    映えるようにw

    予想以上に、カオスな仕上がりになりました♥

     

     

    < これなんぼ? >

    今週は、はーさんが解答!
    6月16日は何の日??
    YES!!

    「 父の日 」

    わすれちゃいけねぇ!
    パパの日でおます~
    何あげよう?困ったぜ…
    そんなお悩みを解決してくれる?!
    のが、こちら!

    「 チケットカード 」

    子どもの頃、「肩たたき券」などを作りませんでしたか?
    このチケットカードを使うと、
    オリジナルのチケットを作ることができちゃうのです~

    チケットカードには、
    チケットの名称、有効期限、
    備考欄、メッセージ欄が設けられています。

    今回は、はーさんにチケットカードをプレゼント♡

    チケットの名称は・・・?

    なになに?


    「 モリモリとデートできる券 」

    うっわ~~
    これは、もり子はんのファン層が
    喉から手が出るほど欲しいやーつ!
    はーさん、うっらやまし~~~~!!

    はーさん、
    ユー・アー・ラッキーボーイ
    ですよ!

    よかったね!!!!!!!!!

    さて、お値段は?

     

    340円也

     

     

    はーさんはハズレ!
    あちゃ。
    でも、デート券もらったから、
    えぇやん!!!

    ということで、
    成績は・・・
    はーさん:70ポイント
    もりもり:30ポイント

    < 読んだつもり >

    第5週の今日は、
    ディレクターのセッキ―氏
    ご紹介!

    今日も今日とて、
    大沢在昌さんの著作!
    でもでも、ファンタジーの要素も
    含んだ作品なのです。

    『 帰去来 』
    大沢在昌著
    朝日新聞出版
    1800円+税

    大沢在昌、作家生活40周年記念の第1弾は、パラレルワールド警察小説

    警視庁捜査一課の女刑事が、
    「光和26年のアジア連邦・日本共和国・東京市」にタイムトリップした――。

    警視庁捜査一課の“お荷物”志麻由子(しま・ゆうこ)は、連続殺人犯の捜査中に、何者かに首を絞められ気を失う。
    「殺されたのか……」。
    目を開けると、そこは異次元の「光和26年のアジア連邦・日本共和国・東京市」、戦後の荒廃した世界だった。

    由子は自分が、東京市警の<エリート警視>として存在していることを知る。
    さらに、部下だと名乗る男性は、かつて付き合っていたボーイフレンド・里貴(さとき)にそっくりだった。

    由子は犯罪組織から憎まれているだけでなく、警察内部でも強引な捜査方法が非難を浴び、孤立無援の状態だった。
    そして里貴からは、もし警察官を辞めて一般人に戻ったりすれば、命を狙われる可能性があることを知らされ打ちのめされる。

    混乱した状況のなかで、<エリート警視>になり代わらざるを得なくなった由子は、捜査を開始する。
    そして新宿の闇市に君臨する「羽黒組」と「ツルギ会」を壊滅させようとするのだが……。

     

    < 素敵なお客さま >

    アパレルメーカー「INTERPLAY」の
    代表取締役の
    石橋大治さん
    お越しいただきました!

    この度、小柄な女性限定のアパレルブランド、
    「セントルーニー」を立ち上げました!
    一般的に、小柄な女性のお洋服選びは大変だと言われる中、
    そんな女性たちにスポットを当てたブランドは今、注目されています!

     

     

    小柄で、お洋服選びに困っちゃう!というもりもり。
    先日、「INTERPLAY」の事務所にお邪魔して、
    試着させて頂きました~

    ワンピースの丈がちょうどよく、
    素敵ですね♡
    このような絶妙な丈感の
    ワンピースは、なかなか無いよう。

    < セントルーニーHPはこちら >