CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

お知らせ

  • 2018年10月2日(火) 11時43分 お知らせ

    桂春蝶さんの番組出演について

    『桂春蝶のバタフライエフェクト』ですが、先日、一部週刊誌で報道された桂春蝶さんの記事を受けて、協議の結果、所属事務所と本人の申し出により、桂春蝶さんの番組出演を当面のあいだ見合わせることにしました。

  • 2018年8月22日(水) 16時00分 お知らせ

    ラジオ関西がワイドFMで聴けるようになります!FM補完局に予備免許交付のお知らせ

    ラジオ関西(AM558KHz 本社:神戸市中央区、社長:桃田 武司)は、平成30年8月22日、総務省近畿総合通信局からワイドFM(FM補完中継局)の予備免許(神戸市 周波数91.1MHz 出力 1KW、姫路市 周波数91.1MHz 出力 100W)の交付を受けましたので、お知らせをいたします。
    試験電波の発射を経て、ワイドFMの本放送は平成31年(2019年)春頃の開始予定です。

    FM補完中継局概要

    神戸中継局
    送信場所:摩耶山(神戸市)
    送信周波数:91.1MHz(同期放送)
    送信出力:1kW
    送信高:717.5m
    本放送開始日:2019年 春頃

    姫路中継局
    送信場所:仁寿山(姫路市)
    送信周波数:91.1MHz(同期放送)
    送信出力:100W
    送信高:199.8m
    本放送開始日:2019年 春頃

    FM補完局エリア図(イメージ)


    ※FM補完中継局は、中波(AM)放送局を補完するため開設される放送局で、主に地上テレビ放送のデジタル化によって空いた周波数であるV-Low帯域(90~MHz)の周波数を使用してAM放送と同一の番組を放送するもので「ワイドFM」と呼んでいます。
    聴取には90MHz以上の受信に対応しているFMラジオが必要です。
    同期放送とは、同じ周波数で複数の送信所から放送を提供する形式のことです。
    また、エリア内であっても地形やビル陰等により、聴取ができない場所もあります。