CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀とい・しょく・じゅう

番組内容

ラジオ関西でもお馴染みの寺谷一紀が、暮らしを豊かにするヒントを、医療や食文化、旅、音楽など様々な視点でお伝えします。
聞いてトクする、中身の濃い2時間生放送!

  • 2018年2月23日(金) 17時51分 社長さん、いらっしゃい!

    神戸 北野ガーデン 篠倉秀明さん

    2月最後の「社長さん、いらっしゃい!」ゲストは、神戸北野坂にあるゲストハウス「北野ガーデン」総支配人の篠倉秀明さんでした。

    金曜朝の番組「寺谷一紀のまいど!まいど!」では、毎月月間プレゼントをご提供頂いています。

    2020年に創業20周年を迎える北野ガーデンですが、その総支配人としてお店のみならず北野地域を活性化させるために頑張る篠倉さんの「ターニングポイント」は、やはりあの阪神淡路大震災でした。

    この春も北野ガーデンでは、春恒例のイベント「芝能」が開催されます。

    北野ガーデン古典イベント 芝能「船弁慶」
    日時:平成30年4月4日(水) 18時開場 18時30分開演
    料金:15,000円
    お問合せ:078-241-2411

    都会の喧騒を離れた夜桜満開の庭園で、幽玄の世界を楽しんでみませんか?

    北野ガーデン ホームページ

     

  • 2018年2月20日(火) 15時00分 一紀の一宿一飯

    淡路島 海上ホテル

    2月15日の「一紀の一宿一飯」では、淡路島にあります「海上ホテル」から料理長の間宮亮太さんにお話を伺いました。

    淡路島の南端にあります福良湾に面した「海上ホテル」は、その名の通りオーシャンビューが楽しめるホテル。

    今の季節は、地元の名産「三年トラフグ」を楽しめるコースもあって、温泉と美食が満喫できますよ!

    すぐ近くからは、名物「鳴門のうず潮」を見るツアーも出ています。

    今回、間宮さんにご紹介頂きましたレシピはこちら!

    真鯛の宝楽焼き(家庭バージョン)

    【材料(3人前)】
    マダイ・・・300g サザエ・・・3個 ホタテ・・・3個 タマネギ・・・1個
    鳴門金時・・・1本 シイタケ・・・3個 卵・・・3個 エビ・・・3尾 昆布・・・10cm角
    塩、酒・・・適量

    【作り方】
    1、マダイの鱗、内臓を取り除く(土鍋に入る大きさに切る)。
    2、サザエ、ホタテはよく水洗いする。エビは背ワタを取っておく。
    3、タマネギは皮をむいて4枚に輪切りにする。鳴門金時は火が通りやすいように切っておく。
    4、シイタケは軸を取る。卵はゆでたまごにする。
    5、食材の準備が出来たら、土鍋に石を敷き、その上にクッキングシート、昆布を敷く。
    6、さらに上から食材を載せて、塩・酒を適量ふり、土鍋のふたをして中火で30分蒸し焼きにする。
    7、焼きあがれば、お好みで生姜しょう油やぽん酢で味付けする。

    普段はお宿などでしか食べられないようなメニューですが、こうしてみると意外と簡単かも!

    ぜひお試しあれ!

    淡路島 海上ホテル

    TEL:0799-52-1175

  • 2018年2月19日(月) 15時00分 医療知ろう!

    公害調停について

    15日の「医療知ろう!」では、兵庫県保険医協会 副理事長で環境公害部の森岡芳雄さんに、新しく造られる石炭火力発電所を巡る「公害調停」について、お話を伺いました。

    「公害調停」とは、公害を巡る紛争について、国の機関である「公害等調整委員会」や都道府県の「公害審査会」が、当事者同士の話し合いを進めることで、公害問題を解決しようとする制度です。

    今回、新たに建設が予定されている石炭火力発電所について、この「公害調停」による問題解決に向けた動きが進んでいるそうです。

    この問題に関心のある方は、こちらまで。

    神戸の石炭火力発電を考える会
    メール:kobesekitan@gmail.com
    TEL:080-2349-0490

     

    安心の医療を実現するために
    兵庫県保険医協会

  • 2018年2月18日(日) 10時00分 社長さん、いらっしゃい!

    +Plus(プラス) 西牧 智保さん

    15日のゲストは、PRサポート会社「+Plus(プラス)」代表の西牧智保さんでした。

    やりたいことを求めて東京へ出た西牧さんが出会ったのが「PR」というお仕事。

    イベントや新しサービスなどクライアントの企画を、いかに多くのメディアに紹介してもらうかというお仕事は苦労も多いですが、たくさんの人が話題にしている様子を見た時が、一番やりがいを感じる時なんだそうです。

    +Plus(プラス)トップページ