CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀とい・しょく・じゅう

番組内容

ラジオ関西でもお馴染みの寺谷一紀が、暮らしを豊かにするヒントを、医療や食文化、旅、音楽など様々な視点でお伝えします。
聞いてトクする、中身の濃い2時間生放送!

  • 2019年3月31日(日) 17時00分 医療知ろう!

    医師の労働環境について

    2018年シーズン最後の「医療知ろう!」は、兵庫県保険医協会 副理事長の武村義人さんをお迎えして、厳しさが増している医師の労働環境の実態について、お話を伺いました。

    国会で「働き方改革」についての議論が進められていますが、先日「医師の働き方改革に関する有識者検討会」で、一部医師の残業時間の上限を「年1860時間」にするという報告書をまとめました。

    これは、この4月から一般の労働者に適用される働き方改革関連法の上限「年720時間」をはるかに上回り、過労死ラインの2倍の残業を容認することになります。

    このような案が承認される原因として、国は「医師不足」を挙げていますが、兵庫県保険医協会では、そもそも病院が経営上の問題で医師をたくさん雇えない以上、「医師不足」の問題を改善させるのは難しいと指摘します。

    医師の医療行為に支払われる「診療報酬」が改善されないと、病院の経営も改善せず、新たな医師も雇えず、結果的に既存の医師の残業を増やすことで対応するしかない。

    しかし疲労困憊した医師たちが、「安心安全の医療」を果たして患者さんたちに提供できるのか?

    この根本を解決しない限り、医師の労働環境は悪化する一方で、ひいては日本の医療の質の低下にもつながりかねないと指摘します。

    安心の医療を実現するために

  • 2019年3月24日(日) 17時00分 医療知ろう!

    尼崎アスベスト被害の最新情報を伺いました。

    21日の「医療知ろう!」では、尼崎医療生活協同組合 潮江診療所 所長で「アスベスト 被害 からいのちと 健康を守る 尼崎の会」会長の船越正信さんに、尼崎アスベスト被害の最新情報についてお話を伺いました。

    2005年に発覚した「クボタショック」では、大手機械メーカークボタの旧工場周辺の住民にアスベスト疾患患者が続出しているという問題が大きな話題となりました。

    船越さんたちは、中脾腫などアスベストが原因と考えられる患者さんたちを支援しながら、この問題に取り組んでこられました。

    現在も訴訟などが進んでいますが、その間にも工場で働いていた元従業員や周辺住民の間に、発症者が増えてきているそうです。

    アスベストによる健康被害を確認するためにも、船越さんは健康診断の受診による早期発見を薦めています。

    詳しくは、こちらのサイトからお問い合わせください。

    アスベスト被害からいのちと健康を守る尼崎の会 公式サイト

    TEL:06-6489-2600

     

    安心の医療を実現するために

  • 2019年3月17日(日) 17時00分 医療知ろう!

    花粉症対策の最新情報を伺いました

    3月14日の「医療知ろう!」では、丸山耳鼻咽喉科 院長の丸山晋さんをお迎えして、春のお悩み「花粉症」の最新地用事情について、お話を伺いました。

    もはや国民病と言ってもいいほど、患者数の多い花粉症。

    一度罹患してしまうと、自然に感知することは、ほぼ無いと言われています。

    そんな花粉症と上手に付き合う方法として、丸山さんは「節分の頃くらいから薬を飲み始めると、シーズンになってもひどく苦しめられることは少なるなる」とアドバイスします。

    もちろん、その前提条件として、自分に合った薬を見つけておくことも大事です。

    安心の医療を実現するために

  • 2019年3月10日(日) 17時00分 医療知ろう!

    本当の「口臭」について知ってますか?

    3月7日の「医療知ろう!」では、小寺歯科医院 院長の小寺修さんに、「口臭」についての正しい知識を教えて頂きました。

    知らないうちに、周りに迷惑をかけているかもしれない「口臭」の問題。

    最近は、口臭を気にし過ぎて、深く悩んでしまっている人も多いようです。

    確かに、口臭は不快なものですが、実はそのほとんどは別の病気が原因でおこるもの。

    そして、自分の口臭には、意外と気づきにくかったりします。

    むしろ「自分は口臭がキツイ」と思っている人ほど、実際には口臭がきつくないことが多いものですが、周囲の人の反応が気になるタイプの人は、あまりに意識しすぎて自分を追い詰めてしまっていることが多いそうです。

    こうした実際の口臭、そして「精神的な口臭」について、小寺さんは「口臭外来」を唱っている歯科で、正しい知識の元に治療を受けることを薦めます。

    安心の医療を実現するために

     

  • 2019年3月4日(月) 17時00分 医療知ろう!

    認知症の最新事情について

    28日の「医療知ろう!」では、明石市にあります戸田内科・リハビリテーション科 院長の戸田和夫さんをお迎えして、「認知症の最新事情」についてお話を伺いました。

    超高齢化社会が迫る中、社会全体として取り組まなければならない問題が「認知症」の増加です。

    認知症は、放置しておくと症状はひどくなる一方で、特に親族など親しい人に対する猜疑心が強くなり、それが介護を行き詰まらせる原因にもなりかねない問題をはらんでいます。

    認知症を少しでも改善したり、進行を遅らせるための訓練法として、戸田さんは「数日前に食べたものを思い出す」訓練を提唱します。

    これを繰り返すことで、記憶を呼び戻す訓練になり、認知症の振興を抑えるきっかけになるそうです。

    また早期に認知症と診断できた場合、お薬の服用によって認知症の進行を抑える方法も、近年出てきているそうです。

    安心の医療を実現するために