CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

  • 2017年6月12日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(6月9日)

    今回のお題は」「鈴蘭でした。

    まずは、大森さんの句からご紹介します。
    「蛍狩り三三五五と橋の上」
    「蛍追ふ人声追ふているやふな」
    「かく増えし鈴蘭に佇ち石疊」

    妙音新聞からは
    「水分の神の守りの蛍飛ぶ」(柏原市 永味啓子さん)
    「手の平に迷い蛍の透きにけり」(五條市 馬場廣道さん)
    「我が庭の鈴蘭束ね壇の供花」(鹿島郡 清水好子さん)
    「すずらんに裏花言葉あると知る」(四日市市 北山紀美さん)

    つづいて著名な俳人の句をご紹介します。
    「かたまるや散るや蛍の川の上」(夏目漱石)
    「一つすっと座敷抜る蛍かな」(夏目漱石)
    「一人寝て蛍飛ぶ也蚊帳の中」(正岡子規)

    それでは出演者の皆さんの句をご紹介します。

    まず寺谷さんの句は、
    「滝道を闇の奥へと螢狩り」

    アシスタントの中橋さんは、
    「螢なき川の流れに時流れ」
    「梅雨入りを知らせ揺れるベル鈴蘭」

    アルミカン高橋さんは

    「螢見に行ったが居なくて真っ暗だ」

    アルミカン赤阪さんは

    「鈴蘭を冷めて贈る花嫁に」

    つづいて今週のリスナーのみなさんの句をご紹介します。

    「田の平家 川の源氏の螢狩り」(篠山市 まさあっこさん)
    「次々とホタル湧き出す暗渠から」(交野市 星のブランコさん)
    「戦没者 螢の墓に悼む夏」(神戸市北区 たけしさん)
    「螢舞う漫ろ歩きの露天風呂」(姫路市 みよこさん)
    「鈴蘭の香り洗剤 見かけない」(滋賀県 滋賀のまー君さん)
    「鈴蘭の風に揺られし香を放つ」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「ベルの音 鈴蘭薫りて揺れている」(大阪市淀川区 蒼龍さん)
    「おっさんは やたらと声出し気合い入れ」(松原市 ただのおやじさん)

    それでは、出演者の皆さんが選んだ句を紹介します。

    ゲストの堀井さんは
    「鈴蘭や可愛いけれど毒もあり」(神戸市垂水区 きぃろっくさん)

    大田先生は
    「まぼろしや螢合戦 橋の上」(八尾市 ゴンちゃんさん)
    「風なびく すずらんの群れ音はなし」(守口市 しんきいってんさん)

    アルミカン高橋さんは
    「ホタル追い魔界に消えた彼いずこ」(加東市 姫路セントラルぱくっさん)

    アルミカン赤阪さんは
    「幼き日 螢火追って山の中」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「思い出を君影草の香にひめて」(八尾市 ゴンちゃんさん)

    そして今週の特選句は、

    「家路まで肩に蛍が とまりおり」(神戸市垂水区 垂水の玄さん)
    「鈴蘭の音色清しき妻の庭」(神戸市垂水区 生涯現役さん)

    でした!

    次回のお題は夏座布団」「蚊遣火(かやりび)で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    ※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

    講評 大森保延さん(辯天宗婦人部総裁)
    1954年、 辯天宗宗務総長大森慈祥氏 (現管長猊下)と結婚。
    1960年得度、1965年辯天宗婦人部総裁に就任。
    文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など辯天宗文化部の発展に寄与。
    1995年、 大和礼法弁才御流興隆。
    1996年、大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    1997年茨木西ロータリークラブ会長。
    2009〜2010年RI2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。
    辯天宗ポータルサイト

    麗仙湯、ハーブティーのお問い合わせは