CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

  • 2017年10月30日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(10月27日)

    今回のお題は冬近し」「行く秋でした。

    最初に、大森さんの句からご紹介します。
    「続きゐし秋霜嵐に姿かえ」
    「嵐去り落葉尽して暗き庵」
    「無事すみし稲刈のこと分の中」

    妙音新聞からは
    「薪を割り五右衛門風呂の冬支度」(木津川市 尾前正成さん)
    「ななかまど色づく頃は冬近し」(津島市 若原郁子さん)
    「行く秋や寄せては返す波飛翔」(吹田市 土山川水さん)
    「行く秋や母との時間心する」(堺市 大津武美さん)

    つづいて著名な俳人の句をご紹介します。
    「掛稲や塀の白きは庄屋らし」(夏目漱石)
    「渋柿の下に稲こく夫婦かな」(夏目漱石)
    「冬待つや寂然として四疊半」
    (正岡子規)
    「冬近き嵐に折れる鶏頭哉」(正岡子規)
    「冬近し腰骨いたむ旅寝哉」(正岡子規)

    続いてに出演者の皆さんの句をご紹介します。

    まず寺谷さんの句は、
    「冬近し富士のいただき白き筋」
    「行く秋を五感で味わう土びん蒸し」

    アッキンの句は、
    「早朝の吐く息白し冬近し」
    「行く秋を花びら散りて桔梗かな」

    コメンテーターの西村さんは、
    「バス道を子ぐま横切る冬近し」
    「行く秋や子どもに還る老い二人」

    続いて今週のリスナーの皆さんからの句をご紹介します。

    「冬近し街の装い茜色」(大阪市西成区 とよこさん)
    「冬近し しばらく会えぬ友のこと」(姫路市 さくら草さん)
    「冬近し着ぐるみキャラが活発に」(守口市 しんきいってんさん)
    「クローゼット服の入替え冬近し」(堺市 堺のかわちさん)
    「冬近し くしゃみの数が一つ増え」(神戸市垂水区 生涯現役さん)
    「鳥群れて里から山へ冬近し」(篠山市 まさ・あっこさん)
    「バリバリと踏まれる落葉 冬近し」(神戸市北区 たけしさん)
    「冬近し山から降りし雪の花」(大阪市淀川区 蒼龍さん)
    「山寺の枯れ葉の焼却 冬近し」(神戸市北区 たけしさん)
    「冬近し秋まき野菜タネ買いて」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「冷蔵庫ドア開け放ち冬来る」(交野市 星のブランコさん)

    「ゆく秋のたましいそっとおいたまま」(姫路市 さくら草さん)
    「行く秋や名残り惜しみて初しぐれ」(八尾市 ゴンちゃんさん)
    「ゆく秋を惜しんで読書カフェテラス」(守口市 しんきいってんさん)
    「図書館でページ繰るたび秋が行く」(交野市 星のブランコさん)
    「行く秋の嵐一つを置き土産」(神戸市垂水区 生涯現役さん)
    「行く秋を惜しみ鳴いてる虫達よ」(神戸市北区 たけしさん)
    「行く秋やドボルザーグに帰路急ぐ」(篠山市 まさ・あっこさん)
    「行く秋や花落ち実落ち葉が落ちる」(大阪市淀川区 蒼龍さん)
    「行く秋や芭蕉訪ねて参考館」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)

    「五右衛門が紅葉に煮え南禅寺」(守口市 守口のタヌキさん)

    それでは、出演者の皆さんが選んだ句を紹介します。

    コメンテーターの西村さんは
    「草むらの すずめふくらみ冬近し」(大阪市東成区 つきあかりさん)

    アッキン
    「冬近しスノータイヤに無事祈り」(神戸市垂水区 垂水の玄さん)
    「行く秋に湯船に浸かりシャワーから」(堺市 堺のかわちさん)

    大森さんは
    「木の枝に蓑虫見つけて冬近し」(神戸市垂水区 垂水の玄さん)
    「秋去れば傷も治りし三カ月」(豊岡市 あやこさん)
    「秋は行く眺める庭に子規偲ぶ」(姫路市 みよこさん)
      ※大森さんに校正していただいています。
    「行く秋に案山子を急ぎ終いけり」(神崎郡 としおさん)
    「気遣いは はしからはしまで鍋奉行」(松原市 ただのおやじさん)

    そして今週の特選句は

    「真夜中に何度も目覚め冬近し」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「行く秋に積もる落ち葉の色並べ」(守口市 守口のタヌキさん)
    でした!

    次回のお題は霜月」「初冬で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    ※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

    講評 大森保延さん
    1954年、 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
    1960年得度、1965年辯天宗婦人部総裁に就任。
    文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など辯天宗文化部の発展に寄与。
    1995年、 大和礼法弁才御流興隆。
    1996年、大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    1997年茨木西ロータリークラブ会長。
    2009〜2010年RI2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。

    コーナー提供