CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

  • 2018年10月10日(水) 10時00分 一紀のツーと言えばカー!

    「秋の交通安全週間」は終わりましたが、そういう啓発機関に関係なく交通マナーというのは、常に守るものです。
    そんな中で最近マナーの悪さが問題になっているのが自転車の交通マナー。

    自転車について道路交通法では、「自転車安全利用5則」を掲げています。
    1:自転車は車道が原則、歩道は例外
    2:車道は左側を通行
    3:歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
    4:安全ルールを守る
    5:子供はヘルメットを着用
    どうです? ちゃんと守れていますか?

    2015年の6月1日から「改正道路交通法」が施行されて、自転車の交通違反に対する罰則が強化されました。
    自転車は、道路交通法上は「軽車両」という扱いで、一般的な車と同じように、違反をするとさまざまな罰則が科せられる場合があります。

    ◎「二人乗りで走行」「複数の自転車で並んで走行」など・・・2万円以下の罰金又は科料になる違反

    ◎「携帯電話を使いながら走行」「イヤホンを付けたまま走行」「夜間の無灯火走行」・・・5万円以下の罰金又は科料

    ◎「信号無視・一時不停止」「ハイヒールで走行」「傘を差しての片手運転」など・・・3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金

    ◎歩行者に衝突して、そのまま逃走・・・1年以下の懲役、又は10万円以下の罰金

    ◎自転車の乗ってフラフラしながら走る・・・1年以下の懲役、又は30万円以下の罰金

    ◎飲酒運転・・・5年以下の懲役、又は100万円以下の罰金  

    皆さん、自転車に乗る時は、十分に気をつけましょうね!