CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

番組内容

ナニワのアナウンサーこと寺谷一紀が神戸をキーステーションに生放送でお送りする関西ええとこまるかじりの情報ワイド番組。
毎回多彩なゲストをスタジオにお迎えして、“聴くカルチャー”をコンセプトに、格調高く個性的にお届けしています。

  • 2017年8月19日(土) 15時00分 まいど!いらっしゃい!ようおこし!

    落語家で第二の人生を

    18日のゲストは、アマチュア落語家「天神亭おり鶴」として活動中の竹中史子さんでした。

    元々は学校の先生だった竹中さん。

    退職後、67歳の時に地元高槻市の高齢者大学に入ったことをきっかけに落語に挑戦することを一念発起。

    68歳から大阪の天満天神繁盛亭で落語を習い始め、六代桂文枝さん(当時三枝さん)から福井弁を克服できる創作落語を勧められて、本格的に落語の腕を磨いてきたそうです。

    「おり鶴」という芸名は、折り紙が得意な竹中さんのために文枝さんが命名してくれたんだとか。

    今や各地で落語を上演している竹中さんですが、一番披露したい相手が子どもたち。

    「命の大切さ」を落語を通じて子どもたちに伝えたい。

    その思いから、子どもたちを対象にした落語会も積極的に取り組んでいらっしゃるそうです。

    竹中さんの作りだす「笑い」が子どもたちの心の救いになっていくといいですね。

  • 2017年8月18日(金) 14時29分 一紀のいろいろ万華鏡

    素敵な歌声にメロメロになって下さい!

    今週の「いろいろ万華鏡」では、7月5日に新曲「月枕」をリリースされた歌手の竹島宏さんをお迎えしました。

    実は今年で39歳!とは思えない、爽やかなルックスの竹島さん。

    今回の新曲「月枕」はデビュー15周年の記念すべき曲の一つです。

    そんな竹島さんが出演するイベントやライブが、今日明日と開催されます!

    まずは本日の夕方から!

    竹島宏デビュー15周年記念第二弾シングル『月枕』Dタイプ発売記念特別企画
    「帰ってきた宏店長!」
    日時:2017年8月18日(金)17:00~
    会場/タワーレコードあべのHoop店 店内
       (大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-30 あべのHoop 6階)
     ※握手会のみです。歌唱はございません。

    そして明日は

    竹島 宏 新曲 『月枕』 Dタイプ発売記念キャンペーン
    日時:2017年8月19日(土)①13:00~ ②15:00~
    会場/イオンモール鶴見緑地店 3Fサンシャインコート
       (大阪府大阪市鶴見区鶴見4-17-1)
     ※入場は当日会場にて「月枕」をお買い上げ頂いたお客様が対象となります。

    皆さん、ぜひお越しくださいね!

    竹島宏オフィシャルサイト

     

     

     

  • 2017年8月17日(木) 10時00分

    もうすぐ!アルミカンのライブです!

    番組でも何度かご紹介していましたアルミカンの女性限定ライブが、いよいよ20日(日)に迫ってきました!

    アルミカンのお客様女性限定ライブ
    「女性ファンが欲しいねん!!」
    日時:8月20日(日)開場 18:30/開演 19:00
    会場 DAIHATSU MOVE 道頓堀角座 
       大阪市中央区道頓堀1-4-20

    料金 前売¥1,000/当日¥1,500
       チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:597-893)

    お客様は全員女性だけ!だからこその突き抜けたライブを、ぜひお楽しみくださいね!

    道頓堀角座ホームページ

  • 2017年8月16日(水) 11時36分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(8月11日)

    今回のお題は初秋」「原爆忌でした。

    まずは、大森さんの句からご紹介します。
    「初秋と頭にきざみ暑に耐えむ」
    「原爆忌スターマインに祈りこめ」
    「原爆忌日本の事実遠ざかる」

    妙音新聞からは
    「風の足稲田をかける初秋かな」(木津川市 尾前正成さん)
    「原爆忌彼方の空に黙祷す」(五條市 馬場廣道さん)
    「きのこ雲語り種なり原爆忌」(御坊市 松本裕子さん)
    「三代目語り続けし原爆忌」(高槻市 溝畑恵美子さん)

    つづいて著名な俳人の句をご紹介します。
    「初秋の千本の松動きけり」(夏目漱石)
    「温泉の村に弘法様の花火かな」(夏目漱石)
    「初秋や三人つれだちてそこらあたり」(正岡子規)
    「秋立つやほろりと落ちし蝉の殻」(正岡子規)
    「初秋の簾に動く日あし哉」
    (正岡子規)

    続いてに出演者の皆さんの句をご紹介します。

    まず寺谷さんの句は、
    「朗読の声つまらせて原爆忌」

    マイマイの句は、
    「原爆忌 祖父の写真に手をあわせ」
    「初秋に試着買い物 減るお金」

    アルミカン高橋さんは、
    「初秋や海もプールも行けてない」

    アルミカン赤阪さんは
    「原爆忌 一切ボケぬ真面目な子」

    今週はお盆中でしたが、たくさんの句を頂きました!

    「山あかね初穂に遊ぶ初秋かな」(八尾市 ゴンちゃんさん)
    「ひぐらしが初秋告げる かなかなと」(神戸市北区 たけしさん)
    「草虫が初秋風すずしげに」(枚方市 のぶこさん)
    「汗拭いてやっと聞こえた法師蝉」(姫路市 姫路の夢太郎さん)
    「高原の旅の案内 繰る初秋」(交野市 星のブランコさん)
    「一葉ずつ色づいてゆく里初秋」(篠山市 まさ・あっこ!さん)
    「青空に すじ雲流れ初秋かな」(神戸市垂水区 垂水の玄さん)
    「雲かわり風爽やかに初秋なり」(大阪市淀川区 蒼龍さん)
    「眠い目をこすって動く初秋かな」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)

    「原爆忌 人がたくさん亡くなって」(奈良県高市郡 はるぴーさん)
    「原爆忌 祈り鶴贈るこの平和」(姫路市 姫路の夢太郎さん)
    「折鶴も両手合わせる原爆忌」(神戸市垂水区 生涯現役きさん)
    「鐘響き平和を願う原爆忌」(篠山市 まさ・あっこさん)
    「高齢の語り部祈る原爆忌」(大阪市生野区 赤いバラさん)
    「原爆忌 平和を祈り千羽鶴」(東大阪市 やすよさん)
    「壁の中 惑う故人の声を聴く」(姫路市 みよこさん)
    「原爆を保持する国の参加待つ」(大阪市淀川区 蒼龍さん)
    「原爆忌 世界に届け祈る平和」(神戸市垂水区 ますきさん)

    それでは、出演者の皆さんが選んだ句を紹介します。

    寺谷さんは
    「鶴一羽オバマの願い原爆忌」(姫路市 みよこさん)

    マイマイは
    「初秋は虫の鳴き声バトンパス」(守口市 しんきいってんさん)

    大田先生は
    「草むらに虫の鳴き声 初秋かな」(神戸市垂水区 ますきさん)

    アルミカン高橋さんは
    「原爆忌ケンカ仲間と手を合わす」(守口市 しんきいってんさん)

    アルミカン赤阪さんは
    「友だちが焼き鳥誘う初秋かな」(大阪市生野区 赤いバラさん)
    「原爆忌 語り部の数 減りにけり」(神戸市垂水区 垂水の玄さん)

    大森さんは
    「初秋や兄弟校の応援を」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「初秋の蛾がとまりおり窓の外」(姫路市 みよこさん)
    「広島のドームに悼む原爆忌」(神戸市北区 たけしさん)
    「忘れまじ礎に祈る原爆忌」(八尾市 ゴンちゃんさん)
    「語り部のすする茶もあり原爆忌」(交野市 星のブランコさん)
    「太陽が落ちて焼けた日 原爆忌」(姫路市 みよこさん)

    そして今週の特選句は

    「初秋や夏の思い出 閉じる風」(神戸市垂水区 生涯現役さん)
    「甲子園 試合を止めて原爆忌」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)

    でした!

    次回のお題は秋の蝉」「芙蓉で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    ※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

    講評 大森保延さん
    1954年、 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
    1960年得度、1965年辯天宗婦人部総裁に就任。
    文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など辯天宗文化部の発展に寄与。
    1995年、 大和礼法弁才御流興隆。
    1996年、大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    1997年茨木西ロータリークラブ会長。
    2009〜2010年RI2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。

    コーナー提供

  • 2017年8月15日(火) 10時00分 防災マッカセナサイ!

    「防災力強化県民運動ポスターコンクール」のおしらせ

    「ひょうご安全の日 推進県民会議」では、県民の皆さん一人ひとりが、常に「災害に備える」行動に取り組んでもらおうと「防災力強化県民運動」を推進しています。

    この運動を普及させるため、毎年、兵庫県内の小・中・高校生を対象にしたポスターコンクールを開催しています。

    今年度も、「小学生の部」「中学・高校生の部」そして中学・高校生のみ対象とした「コンピュータ・グラフィック部門」で、作品を募集します。

    テーマは、もちろん「防災」

    具体的には、

    ・地震や津波、台風、豪雨など、自然災害について認識を深めるもの。
    ・個人・家庭・地域・学校・職場などにおける、防災訓練や防災学習など災害への備えを呼びかけるもの。
    ・自助・共助や災害ボランティアの大切さを訴えるもの
    ・耐震化や備蓄、避難の重要性や取り組みを呼びかけるもの

    といった内容を盛り込んだ作品を募集します。

     

    募集期間は、平成29年9月29日(金)まで。 当日消印有効です。

    詳しくは

    ひょうご安全の日推進県民会議事務局

    TEL:078-362-9984

    までお問い合わせ下さい。

    お子さんがいらっしゃるご家庭では、夏休みを利用して作品を制作してはいかがでしょうか?

    みなさんのご応募、お待ちしています。

     

    コーナー提供: