CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

番組内容

毎週金曜日の午前10時からナニワのアナウンサーこと寺谷一紀が神戸をキーステーションに生放送でお送りする関西ええとこまるかじりの情報ワイド番組。
毎回多彩なゲストをスタジオにお迎えして、“聴くカルチャー”をコンセプトに、格調高く個性的にお届けしています。

  • 2018年4月17日(火) 10時00分 防災マッカセナサイ!

    「観天望気(かんてんぼうき)」のお話

    「観天望気(かんてんぼうき)」って言葉、ご存知ですか? 

    「観天望気」とは、空模様や生物の行動から、狭い地域の天気を予想する方法のことを言います。

     

    現在のように、高度な天気予報のシステムが無かった時代、人々は星の動きを観たり(観天といいます)、大気の動きを観たり(望気といいます)、さらに動物や植物のいつもと違う動きから、天気の予報をしていました。

    こうした手法は、天気にまつわることわざ「天気俚諺(てんきりげん)」として、今日に伝えられています。

    例えば、

    ・「夕焼けだと晴れ、朝焼けだと雨」

    ・「煙が東に流れると晴れ、西に流れると雨」

    ・「物音の響き(汽笛・鐘の音・川の音など)がよく聞こえると雨」

    ・「遠い山が近くに見えると雨」

    ・「朝に虹は雨、夕方に虹は晴れ」

    ・「月(または太陽)に暈(かさ)がかかると雨」

    といったものです。

    また、動物の動きや人の体の調子にまつわることわざには

    ・「猫が顔を洗うと雨」

    ・「ツバメが高く飛ぶと晴れ、低く飛ぶと雨」

    ・「アマガエルが鳴くと雨」

    ・「クシの通りが悪いと雨」

    ・「あかぎれが痛むと晴れ」

    などがあります。

    昔の人の知恵って、すごいですね!

    (ちなみに「下駄の表が出たら晴れ、裏だと雨」は、迷信ですので)

  • 2018年4月16日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(4月13日)

    今回のお題は春の水」「雑詠でした。

    まずは、大森さんの句からご紹介します。
    「銘香がたかれ春の水の宿」
    「春水をたどれば小さき祠あり」
    「御手洗の春の水とは龍頭の水とこぼれて花の屑」

    妙音新聞からは
    「キラキラと命溢れる春の水」(四日市市 北山紀美さん)
    「春の水 新しき歯と馴染みゆく」(御坊市 森本知美さん)
    「御手洗にしだれ桜のそよぎけり」(五條市 馬場廣道さん)
    「せかれせかれ川になりきる春の水」(藤井寺市 竹村智巳さん)

    今週の上田秋成の句は、
    「枕にもなろうものなり春の水」(無腸)
    「鳥さしの来ては柳を憎けり」(漁焉)

    続いてに出演者のみなさんの句をご紹介します。

    寺谷さんの句は、
    「春の水しぶき冷たき嵐山」
    「春の夢 演歌にのせて宝くじ」

    アッキンの句は、
    「春の水サイクリングで北播磨」
    「どこ行くのボールと私 春コンペ」

    アルミカン高橋さんの句は、
    「新人賞 逃がして目から春の水」

    アルミカン赤阪さんの句は、
    「春の水ぴょんとはねる少女の手」

    続いてリスナーの皆さんからの句をご紹介します。

    「冷たさが心地よい朝 春の水」(守口市 しんきいってんさん)
    「春の水 光かがやく笑顔かな」(赤穂市 アンちゃんさん)
    「倒木の苔抱ききれず 春の水」(大阪市淀川区 蒼龍さん)
    「飲み過ぎて深夜にうまい春の水」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「苔むすや水辺潤う春の水」(神戸市垂水区 ますきさん)

    「草もちや母の指先 思いだし」(姫路市 さくら草さん)
    「花祭り唯我独尊 吾ととも」(大阪市淀川区 蒼龍さん)
    「風に揺れ心もゆれる木の芽立ち」(淡路市 お散歩おじさん)
    「眠る嫁 白髪の数だけ苦労かけ」(松原市 ただのおやじさん)

    コメンテーターの柏木さんが選んだ句は
    「小魚が動き始める春の水」(泉大津市 しょういちさん)

    ゲストの井上さんが選んだ句は
    「散り初めの花びら浮かべ春の水」(篠山市 まさ・あっこさん)
    「若草の萌え出ずる丘 笑顔満つ」(神戸市垂水区 ますきさん)

    アルミカン赤阪さんが選んだ句は
    「洗濯もやりやすくなり春の水」(姫路市 さくら草さん)
    「花散らし若葉の支度する桜」(泉大津市 しょういちさん)

    大森さんが選んだ句は
    「春の水 赤穂の水がめ千種川」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「大川の流れを上る通り抜け」(守口市 守口のタヌキさん)
    「飛び石を無邪気に渡る賀茂の春」(守口市 守口のタヌキさん)
    「木々の葉を音立て濡らす春の水」(神戸市垂水区 垂水の玄さん)
    「野田の藤 巡りて楽し春の水」(大阪市淀川区 蒼龍さん)
    「竹つたう春水に口漱ぐ朝」(姫路市 みよこさん)

    「一昨日のページの中のつくしんぼ」(篠山市 まさ・あっこさん)
    「貸しボート競ってみたり春の池」(交野市 星のブランコさん)
    「花筏 掻き分け堀の屋形船」(たつの市 悪魔の囁きさん)
    「初春や初孫抱きし宮参り」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「御衣黄や葉櫻覗くうすみどり」(姫路市 みよこさん)

    今週の特選句は
    「わさび田に光る姿の春の水」(淡路市 お散歩おじさん)
    「新しき服の香りや新入生」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「春の陣 祗園うらめしアルミカン」(守口市 しんきいってんさん)

    次回のお題は春の雲」「雑詠で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    ※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

    講評 大森保延さん
    1954年、 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
    1960年得度、1965年辯天宗婦人部総裁に就任。
    文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など辯天宗文化部の発展に寄与。
    1995年、 大和礼法弁才御流興隆。
    1996年、大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    1997年茨木西ロータリークラブ会長。
    2009〜2010年RI2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。

    コーナー提供

  • 2018年4月14日(土) 17時33分 あっきん

    美味しい日本茶の淹れ方!

    こんにちは

    あっきんです❤️

    昨日沢山のメッセージを送っていただきありがとうございます。

    いつも励みになっています!

    さて、昨日は、美味しい日本茶の淹れ方特集!!

    日本茶の専門家で、大阪にある老舗の茶舗、袋布向春園(たふこうしゅんえん)から
    井上典子さんにお越しいただきました

    急須を使って淹れた新茶の味は最高⭐️
    爽やかな香りと甘みに、出演者全員が大感動です!!

    まずは急須を温めて、そのお湯で次に湯のみを温めて
    さらにそれから、茶葉を入れた急須にその少し冷めたお湯を戻して
    日本茶を淹れるのがコツ!!

    新茶の場合は、だいたい75度くらいのお湯が
    ちょうどいいそうです!

    井上さんのところはもちろん
    全国の日本茶専門店の中には
    給茶スポットというサービスも行っているところがあるとか

    日本酒もいいですが
    やっぱり日本茶もいいですね❤️

    ちなみこちらは、新年度のまいど!まいど!のポスターです。

    9年目の番組を宜しくお願い致します

     

    あっきん

     

     

     

  • 2018年4月13日(金) 09時35分 メッセージテーマ

    春はのんびりしたいですね。

    今週のメッセージテーマは私のリフレッシュ方法です!

    本番前に、みなさんそれぞれにリフレッシュしています。

    みなさんは、どんな方法でリフレッシュしてますか?

    メッセージをお待ちしています!

    メール:maido@jocr.jp
    FAX:078-361-0005

  • 2018年4月11日(水) 10時00分 一紀のツーと言えばカー!

    「春の全国交通安全運動」のおしらせ

    4月6日(金)から15日(日)までの期間は、「春の全国交通安全運動」の運動期間です。

    今年は、

    • 子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
    • 自転車の安全利用の推進
    • 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
    • 飲酒運転の根絶

    を運動の重点としています。

    このうち前回は、①と②について、お話しました。 今回は③のシートベルトについて。

    シートベルトは、言わずと知れた、ドライバーや同乗者の安全を守るための必須ツールです。

    このシートベルト、道路運送車両法に基づく「道路運送車両の保安基準」が昭和46年4月に改正されて、運転席への取り付けが義務化されるまでは「高級車のオプション品」という位置づけで、いわゆる大衆車にはほとんど付いていませんでした。

    やがて何度かの法改正を経て、平成6年4月以降から、現在のようなスタイルへと変わりました。

    一方で、シートベルトの着用は、ながらく「努力義務」とされていましたが、昭和60年9月1日施行の改正道路交通法により、運転席と助手席の罰則付き義務化が、そして平成20年6月1日からは、後部座席も義務化されました。

    また、小さいお子さんを車に乗せる時に使用するチャイルドシートも、平成12年の改正道路交通法で、「6歳未満の幼児を同乗させる場合」に使用が義務付けられました。

    こうした罰則付きの法整備が進められているにもかかわらず、警察庁の平成29年10月の調査では、後部座席のシートベルト着用率は、高速道路では74.4%、一般道では36.4%にすぎない状況です。

    またチャイルドシートの使用率も、64.1%にとどまっています。

    シートベルトもチャイルドシートも、同乗者の命を守るために欠かせないものです。

    まさか、に備えて、きちんと使用しましょう。

    コーナー提供: