CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

谷五郎の笑って暮らそう

番組内容

毎週土曜日の午前8時から兵庫県内のオススメ情報、旬な話題などを取り上げながら毎回ゲストを交えての楽しいトークでお送りする2時間の生放送!
土曜日の朝は谷五郎と一緒に笑って暮らそう!

谷五郎ぐるっと西播磨

  • 2018年7月21日(土) 10時02分 ひょうご町あるき

    田名部真理のひょうご町あるき 番外編

    番組では

    井上農園のいなみ野メロン
    農事組合法人ファーム稲加見谷営農の純米酒「稲加乃誉(いなかのほまれ)」
    スープ屋El Liston(エルリストン)

    をご紹介しました。※ブログをみてね

    というわけで稲美町をはじめて訪れる方のためにドライブコースを作ってみました!

    まずは県下最大のため池「加古大池」にほど近い「高薗寺(こうおんじ)」からスタート!

    法道仙人が650年頃に開基。「野寺の観音さま」と親しまれている高薗寺では
    毎年2/9,10に町の民俗文化財に指定されている鬼追い式が行われます。

    こちらの鬼は、豆で追われる鬼ではなく仏の化身として厄災を追い払ってくれる「鬼」。
    9日、10日両日とも赤鬼、青鬼が餅つき、餅切りの踊りの後、燃え盛る松明を境内に投げます!
    この松明を持ち帰ると厄災除けになるのだとか。

    「昔は泊まり込みで松明を作るなどしていましたが、地元保存会が平成3年度にでき、そのみなさんと協力して昔の形が継承されています」

    と浅田覚雄住職。

    ■ 高薗寺

    加古郡稲美町野寺851

    エルリストンでランチ→JAにじいろふぁ~みんでいなみ野メロンと稲加乃誉を購入した後は。。

    郷土資料館へGO!

    郷土資料館には、
    高薗寺の鬼追式についても資料パネルが展示されています。

    隣には「播州葡萄園歴史の館」が。学芸員の藤戸さんに伺ったところ、明治政府の国家プロジェクト「官営ワイナリー」として1880年に当時の加古郡印南新村で開園。欧州産葡萄の栽培、醸造、頒布を目的としていましたが、当時の技術では生育不全を解消できず、カビ菌も増殖したことから閉鎖。幻の葡萄園となっていましたが、平成8年
    偶然レンガ積みの遺構が発見され、その後の発掘調査では未開封のワイン瓶まで出土!新規事業に果敢にチャレンジした当時の人々の思いが伝わってきます…!


    また、いろいろ教えてください!

    ■稲美町立郷土資料館

    加古郡稲美町国安1286-55 電話079-492-3770

    そして隣接しているいなみ文化の森もおすすめ!
    文化の森は、公民館であるふれあい交流館、文化会館コスモホール、図書館の複合施設です。

    その中の文化会館コスモホールは音楽好きにはたまらない、天井が高く音が会場を包み込むような「シューボックス型」ホールで、音響のプロも太鼓判。

    毎月第一水曜日の19時~は入場無料の「夢コンサート」が開催されています。吹奏楽やクラシックなど様々なジャンルの演奏が毎月無料で楽しめるなんて、贅沢!

    ■稲美町立文化会館コスモホール

    加古郡稲美町国安1286-1 電話079-492-7700

    こうした「暮らしやすさ」もあってか、稲美町役場では今年4月から「こども課」が発足。

    妊婦さん~未就学のお子様までのお困りごとをワンストップでサポート!

    お邪魔した日は1歳遊びの会が行われていました。

    ペットボトルや紙皿などお家にあるものを使ってつくった楽器で思い思いに遊びます!
    購入したおもちゃより一緒に作ったほうが子供も愛着がわいて長く遊んでくれるのだそう。

    地域のかたの「見守り力」があるからこそ
    歴史が継承され、農産物豊か、暮らしやすい稲美町!

    ぜひ訪れてみてくださいね。

  • 2018年7月21日(土) 09時12分 ひょうご町あるき

    田名部真理のひょうご町あるき

    今月は稲美町。

    神戸と加古川の間に位置する農業が盛んな地域です。

    とにかく全てにおいて「旬」を迎えている稲美町!

    はじめにお邪魔したのが
    稲美町の夏を代表する農作物のひとつ「メロン」を扱う井上農園。

    2代目
    井上幸一さんにいなみ野メロンの特徴を伺いました。

    30年前から稲美の特産品を作ろうと栽培が始まり、
    糖度13度以上(通常10前後)のメロンが実現!
    雨が少ない稲美町ですが、水切り作業には最適だったんです!
    メロンを美味しく食べるためには「追熟」の見極め!

    箱を開けて風通しの良いところで2~3日。ふわっと甘い香りががし始めたら
    食べる2時間前に冷蔵庫へ。香りを逃さず
    甘さを引き出すためにぜひお試しあれ!

    井上農園フェイスブックページ

    ttps://ja-jp.facebook.com/inouenouen/

    続いてこちらの活動も「旬」ですよ

    という事で

    農事組合法人ファーム稲加(いなか)見谷営農にお邪魔しました。こちらでは稲美町の新たな特産品
    米から醸造まで100%稲美の純米酒「稲加乃誉(いなかのほまれ)」を造られているんです。

    代表の小山和彦さんにお話を伺いました。

    ヘアリーベッチ農法で作られた酒米「兵庫夢錦」と稲美町の地下水を素材に地元酒造 井澤本家が醸造。この4月に初出荷!
    香り爽やか、フルーティ。搾りたてでしゅわしゅわ感も。
    もちろん、評判上々。今年は限定1900本。来年はもっと出荷数を増やしたいとのこと。

    先程のいなみのメロン、稲加乃誉は

    にじいろふぁーみんショップで購入可能です。売り切れ御免!

    そんな美味しい素材が盛りだくさんの稲美町では
    近年飲食店が増えているそう。

    住宅街の中にある
    スープ専門店「エルリストン」も そのひとつ。

    フランス料理店で修行された店主
    庄司貴子さんがつくるスープはどれもお野菜たっぷり、ボリューミィ!
    平日も大人気!


    毎日3種類の具沢山スープとカレーがスタンバイ。罪悪感のないスープです!

    ■エルリストン 

    加古郡稲美町国安

    電話 079-440-1130

    8:00~18:00 木曜定休

    今回はファーム稲加の純米酒
    「稲加乃誉」を5人の方にプレゼント!

    今回印象に残ったのは 井上農園 井上さんの

    「稲美町は何でも、作れる。それが、悩み」という言葉。

    何を作っても美味しく育ってくれるから

    「特産品」を選ぶのが難しい。

    そんな豊かさを結集したのが稲加乃誉!

    …結局
    今回も食べ歩きになってしまいました。。

    いえ、途中
    立ち寄ってほしいところもたくさんあるので
    また改めてお散歩コースをHPにあげますね!

  • 2018年6月16日(土) 09時15分 ひょうご町あるき

    田名部真理のひょうご町歩き

    5月より第3週は情報アサイチからお引っ越し。ひょうご町あるきをお届けします。

     

    今回訪れたのは市川町。兵庫県の中央部に位置する 人口約1万2千人ほどの町。町の中央に市川が流れ、北東部には標高939mの別名「播磨富士」と呼ばれる「笠形山」があるなど自然に恵まれ、かつ姫路まで車で30分という利便性をも満たす町です!

     

    最初に訪れたのは「リフレッシュパーク市川」。キャンプ場や「かぶとむしど〜む」などを利用したことがある方も多いのでは?ところが、支配人の土肥博行さんの「オシ」は別のところにあるようで。。連れて行かれたのは川! 

     実は去年よりあまごつかみ取り体験ができるんです!しかも捕まえたあまごをその場で塩焼きに!

    自らの手で串刺しにし、いただきました。 

     獲って焼いて食べる!ここまでが1匹400円で楽しめるんです。すごいぞ、市川! 

     もちろん、恒例のかぶとむしど〜むも6/23より開始。(入園料300円)

    進化を続けるリフレッシュパーク市川から目が離せません!

     

    リフレッシュパーク市川 0790-27-0313

    アマゴつかみ取り体験は要事前予約

     

    続いて向かったのは「かさがた温泉せせらぎの湯」。

    温泉だけでなくレストラン、喫茶、野菜直売所、思い出博物館に陶芸館が併設された複合施設です。

    何を隠そう、私もプライベートでよく訪れる場所(スタンプカード所持)。

    そんな私も利用したことがなかったのが「足湯喫茶はんせ」。400円以上のオーダーで足湯が楽しめるんです。

     

    今まで利用しなかったことを激しく後悔。3分もするとじんわり汗が。。お席も掘りごたつ風だったり、横1列に並んで景色も堪能できる座席など様々。ヒルクライムを楽しむ方の休憩場所にもなっているそう。

    そして地元の特産を活かしたメニューもたくさん!この日鶏肉の照り焼きに温玉がのったとりたま丼(650円)とふわとろプリンセットを。とりたま丼にはお出汁と自家製タルタルソース、柚子胡椒がついていて味の変化も楽しめます。

    そして両方に使用されているのが市川町の特産でもある「タズミの卵」。化学肥料を一切使わず、天然飼料と地下水で育てられた健康卵です。オレンジ色の黄身はまったりもちもち!プリンは形を保てるギリギリの固さで、口に運ぶとその舌触りはほぼクリーム!

    。。食べ終わる頃にはみんな血行が良くなり、顔まで何故かピカピカ。

    プリンや卵は購入可能です。

     

    かさがた温泉せせらぎの湯 0790-27-1919 (第一月曜全館休業)

     

     

    足湯喫茶で支配人の前田宣博さんといろいろお話するなかで「以前宿泊施設として稼働していた場所を、移住希望者に一時利用してもらっていた」と聞き、「1年前に移住して、しばらく仮住まいし、この春から農業を始める若者がいるよ」ということで、

    家族で移住してこられた関根翔(せきね しょう)さんにお話を伺いました。 

     実は以前、私のコーナーでもご紹介させていただいた黒豆納豆「まる農園」の跡地を継がれることが分かり。。感慨深い。

    イチから農業を始めるのは大変ですが地元の方とコミュニケーションを取ることで様々な援助が得られることも。関根さんの「ラッキー」を引き寄せたのは農業の手ほどきをしてくれている牛尾農場さんはじめ、笠形の農家のみなさんが情報を共有してくれるからなんですね。

    笑顔のすてきな関根さん。どんな野菜を作られるのか楽しみです!

     今回もプレゼントがありますよ〜

     

    ・せせらぎの湯 入浴無料券
    ・とうもろこし収穫体験券
    ・かぶとむしど~む 入園券

    お得な3種類のチケットをセットにして10名様にプレゼントです! 

    締切:6/22(金)必着

     

    自然を、食べることを大事に考え 守るまち。ほんとうの豊かさってこういうことかも?

    まずは市川町を味わいに来てください!