CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

谷五郎の笑って暮らそう

番組内容

毎週土曜日の午前8時から兵庫県内のオススメ情報、旬な話題などを取り上げながら毎回ゲストを交えての楽しいトークでお送りする2時間の生放送!
土曜日の朝は谷五郎と一緒に笑って暮らそう!

谷五郎の西播磨暮らし

魅力発信!神戸の商店街&市場

  • 2018年1月13日(土) 11時54分 播州1

    播州一が出演!認定!播州一!

    播州に存在するあまたの美味しいものや、文化・風景・人物などなど・・
    色々な素晴らしいものに注目し、有形無形にこだわらず・・
    「播州1番」だと思ったものに対し・・「播州1」の称号を認定し・・
    全世界に向けて自慢していこう!というコーナーです!

    「播州1」を認定するのが・・自称・天才音楽家の播州1さん!

    今回の播州1は・・
    「播磨のめっかい」

    播磨は播州のことやけど「めっかい」って何やろかと思いでしょう?
    実は日本昔話に伝わる話しなんです。
    どんな話しなのか?その話しを知ってる方・・
    佐藤穂香さんに聞きました。

    娘さんを妖怪に「いけにえ」にしなければ、村にたたりがる悪い風習に困った村が・・
    「播磨のめっかい」っで、すごい強い犬が播州から来てもうて・・
    妖怪を倒して村を救った話しが福島県で伝わってるんです。

    調べると前にテレビでやっていた、まんが日本昔話しでも、1992年06月06日に放送された話し・・。

    そんな強い犬が播州におったなら・・
    播州にそう言う話しが残ってるんちゃうのと思い調べましたら・・
    姫路市香寺町の犬飼ってところにも、同じような話しが残ってる事がわかりました。

    ひひにいけにえを捧げなければってのを・・
    犬がそのヒヒ(化け物)をやっつけて村に平和が訪れた伝説が・・
    それからこの村を犬飼って地名になったらしい。

    じゃあ香寺の犬飼に行けば何か残ってるんじゃあないのと思い・・
    香寺町犬飼にあります神明神社あたりに行き・・
    地元のおばあちゃんに聴きながら案内してもらいました

    そのめちゃめちゃ強い犬の大きな犬塚がありまして・・
    かつてヒヒ塚もあったらしいですよ・・。

    この福島に伝わる播磨のめっかいって話しは・・
    播磨の犬飼村に妖怪を倒す強い犬がおるので・・
    うちの村も助けて下さいと福島の村から呼ばれて・・
    助けに行った話しではないかと思われるわけです。

    めっかいって?犬の名前?
    それとも福島の方言?
    そもそも播州にめっかいって言葉は無いので、こちらも調べますと・・
    「めっかい」の「め」は滅亡の「め」 
    「かい」は妖怪の「かい」、
    妖怪を滅亡させる強い犬って事らしいです。
    最初にこの昔話を教えてくれた、佐藤さんに再び話しを聞きました。

    今週も認定です。

    ラジコのタイムフリーでも放送後1週間は聴けますよ。
    下のバナーから、どうぞ。

  • 2017年12月16日(土) 09時52分 播州1

    播州一が出演!認定!播州一!

    播州に存在するあまたの美味しいものや、文化・風景・人物などなど・・
    色々な素晴らしいものに注目し、有形無形にこだわらず・・
    「播州1番」だと思ったものに対し・・「播州1」の称号を認定し・・
    全世界に向けて自慢していこう!というコーナーです!

    「播州1」を認定するのが・・自称・天才音楽家の播州1さん!

    今回の播州1は・・
    「播州加西の葉牡丹」

    まもなく正月が来ますが、門松に葉牡丹をかざったりしますが・・
    それは葉牡丹の色が白と赤と紅白でめでたい・・・
    縁起が良えって事で飾られます。

    そんな葉牡丹ですが加西の方で作られる葉牡丹は業界でも・・
    色鮮やかで綺麗、元気で強いんやと有名になっております。

    その辺を探りますと、どうやら葉牡丹愛がめちゃめちゃすごいんです。

    とにかく葉牡丹の事を考え、葉牡丹を手塩にかけ、葉牡丹のこれからを考え・・
    葉牡丹が愛おしくてしゃあないって思いながら葉牡丹を育てる方が多いんです。

    そんな葉牡丹愛のある色々な加西の花農家さんの中から・・
    葉牡丹愛が強い高見園芸の高見マサノブさんに話し聞きました。

    作り続け23年です。
    もともと加西には葉牡丹はええぞって進めてくれる・・
    葉牡丹師匠がいてはって若手達に進めてもらい・・
    そこから始めましたが、話しにも出てきました。

    やめたろかな思ったって話しは・・
    今から10年前に葉牡丹の病気クログサレ病(キャベツの病気)ってのが発生して壊滅状態。
    これじゃあかんと葉牡丹愛でいっぱいな方々集まり葉牡丹グループを結成し・・
    色々と対策や助け合いをして復活、こんにち高見農園では今年200万ポットを出荷。
    色々な種の葉牡丹が出来ております。
    正月以外でも楽しんでもらいたいって事で・・
    高見さんとこではモカショコラ、これはチョコレート色の葉牡丹。

    マルモドルチェは、葉っぱのりんかくまわりから中心に向けて・・
    白からピンクに真ん中あたりは緑になったりまたピンクになったり・・
    グラデーションめちゃめちゃ異色で綺麗、しかし増やすのが大変で・・
    普通は、種から増やす(500~600)やのに、親株から出てきた脇芽をとって、それを育てる・・
    分身分身で育てる、親株から20ぐらいしかとれない。
    色々葉牡丹の話し聞かせてもらいましたが、ラストも高見さんにメッセージいただきました
    (音源2)
    やっぱり葉牡丹の事、これからの事でした。
    今回も「播州一」〜認定です!

     

  • 2017年11月11日(土) 09時45分 播州1

    播州一が出演!認定!播州一!

    播州に存在するあまたの美味しいものや、文化・風景・人物などなど・・
    色々な素晴らしいものに注目し、有形無形にこだわらず・・
    「播州1番」だと思ったものに対し・・「播州1」の称号を認定し・・
    全世界に向けて自慢していこう!というコーナーです!

    「播州1」を認定するのが・・自称・天才音楽家の播州1さん!

    今回の播州1は・・
    「大中遺跡を発見したのは中学生だった」

    播磨町に今や有名な名所になっている大中遺跡ですが・・
    それを発見したのが何と中学生だったんです。

    昭和37年の出来事です。
    だいたい遺跡発見って、どこそこ大学の教授だとか、考古学の先生ですが・・
    当時中学生だった 大辻真一さん、大辻要二さん、浅原しげとしさんは・・
    めちゃめちゃ歴史好き考古学好きの3人が 夏休みの自由研究で・・
    東播磨辺りの古墳を自転車で巡ったりしてたんですが・・
    ほんの近所、大中地区で、沢山の古いタコツボが出てきた話しを聞いたから行ってみたら・・
    ある は、あるは、でも、誰も見向きしなかったんです、

    しかし考古学好きな中学生三人組は、そのうちに・・
    これタコツボ??

    お話し聞いたのは、当時中学生だった、浅原しげとしさんてす

    そうなんです、見つけたのは大量の弥生式土器で弥生時代の大遺跡やったから大騒ぎ・・
    すごい大発 見した‼少年三人組は、新聞に載ったりして、すっかり時の人になってしまったわけです。

    しかし歴史好きな、好きこその気持ちか、研究者とかよりも先に発見に至るわけです・・
    だから世 の中学生のみなさんにも、大切な夢を持って突き進んでもらたいですね・・

    現在、浅原しげとしさんは、歯医者の先生をしながら、播磨町文化財保護審議会 会長をやっておられております・・
    その浅原さんにシメの言葉頂きました。

    今回も「播州一」〜認定です!

    放送から一週間以内ならタイムフリーで聴けますよ!

  • 2017年10月7日(土) 09時45分 播州1

    播州一が出演!認定!播州一!

    播州に存在するあまたの美味しいものや、文化・風景・人物などなど・・
    色々な素晴らしいものに注目し、有形無形にこだわらず・・
    「播州1番」だと思ったものに対し・・「播州1」の称号を認定し・・
    全世界に向けて自慢していこう!というコーナーです!

    「播州1」を認定するのが・・自称・天才音楽家の播州1さん!

    今回の播州1は・・
    ここは博物館!?・・いやパラダイス??
    異彩を放つ喫茶店「ジャックと豆の樹」

    場所は、加古川市八幡町。県道84号線を北に上がると・・
    でっかいパンダの像がにょきっと道路沿いから見えてまいります。
    一瞬えっ!?思うほど巨体(3m半ぐらい)そこにジャックと豆の樹があります。

    そのパンダがいるところは駐車場になってて・・
    見たら巨大パンダは一体だけやなくて、合計四体の家族のパンダが・・。

    パンダだけやない、これまた巨大なキリンの像が(高さ3m)・・

    他には犬や亀やタヌキの置物がありまして・・
    ああ動物の置物ずき??と思ったら・・
    オーナーの沼田清さんが・・
    こっちにはと駐車場の奥には、お寺や仏閣にある様な・・
    これまた大きい2m半ぐらいある、ピカピカの黄金色に輝いた観音さんが・・。

    店の中にも入り口には等身大の一刀彫りの男の戦士が弓を引いてる置物。

    その横に視線感じるなぁと見るとシカのはく製、虎、ウミガメ、カワウソ・・

    なんか飛んでる⁇と見ると鳥のはく製 各種。

    水槽があって、普通だいたい熱帯魚とですが、アマゾンの1mぐらいの黒いナマズがうようよ・・。

    喫茶店ですからお客さんが座るテーブルや椅子がありますが・・
    その周りを取り囲むように、おっきな置物、日本のえべっさんや大黒さんや・・
    どこの国のかわからない民族オブジェやツタンカーメンの黄金マスク、女神さまの像・・
    でっかいボンボン時計、火縄銃と、ところせまし、若干 身動き取りづらい程・・
    椅子も木でできた象の上に腰かける感じになってて重すぎて動かない・・・。

    本も沢山あって、哲学書や文学書が・・
    とにかく博物館級なんです、見てて飽きひんのです。

    とにかく、欲しかったら集めて店に置くんですって・・

    肝心のコーヒーは??ちょっとニガ目のコーヒーが美味くて・・
    「厄除け自家焙煎コーヒー 」これは、どういう事?って聞くと・・
    ジャックと豆の木の近くに宗佐厄神八幡神社(そうさ)があるからやっていうてはりました。

    パンダの親子の話しですが、最初、親パンダしかいなかったんですって・・
    もともとこのパンダは、某 健康ランドのキャラクターオブジェやったんですが・・
    その健康ランドがなくなって、ジャックと豆の木に引き取られたんですけど・・
    最初は親パンダしかいなかって、子パンダは別のところにあったらしいんですが・・
    離れ離れはかわいそうやからって、子パンダを引き取って再会して・・
    再び家族で幸せそうにジャックと豆の木で過ごしてるんです。

    今回も「播州一」〜認定です!

  • 2017年9月9日(土) 09時20分 播州1

    2017-09-09 認定!播州一!

    播州に存在するあまたの美味しいものや、文化・風景・人物などなど・・
    色々な素晴らしいものに注目し、有形無形にこだわらず・・
    「播州1番」だと思ったものに対し・・「播州1」の称号を認定し・・
    全世界に向けて自慢していこう!というコーナーです!

    「播州1」を認定するのが・・自称・天才音楽家の播州1さん!

    今回の播州1は・・
    神崎郡市川町で鼻笛を演奏するグループ・・
    播州鼻笛部

    そもそも鼻笛って知ってはりますか?
    色々ある管楽器を鼻で吹いてるのではなく・・
    鼻で吹く専用で作られた楽器で世界各国で吹かれてる笛なんです。

    どんな笛なんかと言うと、普通、笛は抑える穴がありますが鼻笛はありません。
    鼻息で吹いて口の中で共鳴させる、音階は口の開き方や喉の開き方等で奏でます。
    鼻笛の大きさは鼻の穴から口までの距離、5〜6cmぐらいの四角形サイズや鼻口を覆い隠すマスクサイズ。
    木製やプラスチックや陶器や紙と様々な鼻笛があります。

    この鼻笛、吹くの難しいんちゃうのとおもうじゃないですか・・?
    播州鼻笛部の部長の岡村絵里さんに話しを聞きました。

    気軽に吹いてれば吹けるようになる手軽な楽器なんです。
    この鼻笛は素朴な優しい音が特徴なんで童謡とかがピッタリくるんですね。
    岡村さんに鼻笛を吹いてもらいました。

    どんな風に演奏してはるやろう・・
    演奏聴いてみたいかたは・・
    10月15日に市川町の やすらぎの湯の前の田んぼで・・
    「農村ラバーズフェス」が開催されまして・・
    そちらに播州鼻笛部の皆さんも出はりますので見に行ったりして楽しんで下さい。

    認定ソングですが、僕が歌ってる認定ソングを録音したものに・・
    鼻笛の音色を僕自身がアンサンブルいたします「鼻笛ロッケンロール」!
    認定です!