CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

谷五郎の笑って暮らそう

番組内容

毎週土曜日の午前8時から兵庫県内のオススメ情報、旬な話題などを取り上げながら毎回ゲストを交えての楽しいトークでお送りする2時間の生放送!
土曜日の朝は谷五郎と一緒に笑って暮らそう!

谷五郎ぐるっと西播磨

  • 2018年10月13日(土) 09時46分 うまいもん

    兵庫うまいもんチェック!/三木市の「レトルト かじやカレー」

    兵庫県にある「うまいもん」を・・どんだけうまいんかを・・
    実際に試食してみる、このコーナー。今週は・・
    「道の駅みき」で販売している・・
    「レトルト かじやカレー」
    を試食してみました。

    お話は・・
    「道の駅みき」駅長:大西裕さん
    にお電話で伺いました。

    道の駅みきのレストランメニューとして「鍛冶屋カレー」を15年前くらいから始め・・
    6年前からレトルトの「かじやカレー」を販売。
    現在、三木市で定番のお土産カレーとして定着しています。


    ※道の駅みきのレストランメニューではこんな感じ・・。

    税込み\450-円で、道の駅みきなどで販売しています。
    ■お問い合わせ:道の駅みきTEL:0794-86-9500

  • 2018年10月6日(土) 09時45分 うまいもん

    兵庫うまいもんチェック!/尼崎市南武庫之荘『wagashi dokoro「楽emon…」』の「モンブラン大福」

    兵庫県にある「うまいもん」を・・どんだけうまいんかを・・
    実際に試食してみる、このコーナー。今週は・・
    尼崎市の阪急武庫之荘駅の南側にある・・
    『wagashi dokoro「楽emon.(らくえもん)」』
    「モンブラン大福」
    を試食してみました。

    お話は・・
    『wagashi dokoro「楽emon.」』
    和ティシエ 坂井博一さん
    にお電話で伺いました。

    坂井さんは・・尼崎市内の和菓子屋に生まれ、家業を継がずに・・
    15年間パティシエとして洋菓子を作っていました。
    パティスリーが増えてくる中、他と違う強みは何かと考え・・
    実家に戻り、5年間、和菓子の基礎を身につけ・・
    20125月に「楽emon.」をオープン。

    店のコンセプトは・・
    「昭和の初めに外国人が日本に来て和菓子のおいしさを知り、修業して和菓子屋を始めた・・」

    今回試食させていただいた「モンブラン大福」は・・
    フランス産マロンペーストに白あんを合わせたクリームに・・
    生クリームと渋皮栗を合わせ、白玉粉で作った、柔らかい求肥で包んだ和菓子です。

    早速試食・・

    一口食べるとこうなっちゃうくらい美味しいです。

    秋限定で販売していて、今年は929日(月)から販売を開始しています。

    「モンブラン大福」は・・
    1個・税別¥280-円。
    営業時間は朝10時からですが・・商品が無くなり次第終了。
    この時期は午後1時~2時には売り切れてしまう人気店です。

    FB、インスタ、ツイッターで様々なお知らせも行っていますよ。
    一度「楽emon…」で検索してみてください。

  • 2018年9月29日(土) 09時40分 うまいもん

    兵庫うまいもんチェック!/姫路市安富町「安富ゆず組合」の「ゆずと小豆のジャム」

    兵庫県にある「うまいもん」を・・どんだけうまいんかを・・
    実際に試食してみる、このコーナー。

    今週は・・姫路市安富町「安富ゆず組合」の・・
    「ゆずと小豆のジャム」
    を試食してみました。

    「ゆずと小豆のジャム」は・・
    上の部分が安富町特産の「ゆず」のジャム
    下の部分が同じく安富町特産の「大納言小豆」のジャムです。
    ひとつの瓶に二層に分けて二種類のジャムを詰めた商品。

    安富町では、約25年前から「ゆず」の栽培が始まり、様々な商品を生んできました。
    一方「大納言小豆」も、京都の高級和菓子店などから高い評価を受けていますが、
    地元では流通せず「隠れた名産品」でした。

    「ゆず」は人気のマーマレードがベース。
    使う皮の量をやや減らし、透明感を重視しました。
    「大納言小豆」は粒の食感を残してゆでた後・・
    通常なら捨てられてしまうゆで汁も使い、栄養素やうま味を大切にしたそうです。
    混ぜると「ゆず」の酸味と「小豆」の深い甘みが引き立て合って、3種類の味が楽しめます。

    「ゆずと小豆のジャム」は・・
    150グラム入り、税別¥800-円。
    「安富ゆず組合」の直売所で販売中です。
    場所は、中国自動車道「山崎IC」から29号線を姫路方面。車で10分位。

  • 2018年9月22日(土) 09時40分 うまいもん

    兵庫うまいもんチェック!/篠山市「真南条営農組合」の「赤じゃがポテトチップス」って?

    兵庫県にある「うまいもん」を・・どんだけうまいんかを・・
    実際に試食してみる、このコーナー。

    今週は・・篠山市「真南条営農組合」の・・
    「真南条の赤じゃがポテトチップス」
    を試食してみました。

    「赤じゃが」とは、特産品の「丹波の赤じゃが」のこと。
    「丹波の赤じゃが」は、ジャガイモの品種「ネオデリシャス」の新ブランド。
    一般のポテトチップスに比べて、やや厚みがあり、薄塩味が素材のうま味を引き出しています。
    「丹波の赤じゃが」は、3月下旬と8月下旬の年2回、植え付けができるそうですが・・
    ポテトチップスに加工しているのは「3月に植え付け7月に収穫」したイモだけ。

    また袋についているラベルを広げると地域情報紙「真南条だより」となっていて・・
    真南条地区では土と水にやさしい農業を行っていることなどを紹介しています。

    「真南条の赤じゃがポテトチップス」は・・
    「真南条上営農組合」と「特産館ささやま」で販売していますが・・
    営農組合では税込み200円で・・特産館ささやまでは280円で販売しているそうです。

  • 2018年9月8日(土) 09時40分 うまいもん

    兵庫うまいもんチェック!/宍粟市「原観光りんご園」の「今年のりんご」は?

    兵庫県にある「うまいもん」を・・どんだけうまいんかを・・
    実際に試食してみる、このコーナー。

    今週は・・宍粟市の・・
    「原観光りんご園」の、りんご・・「つがる」

    を試食してみました。
    「原観光りんご園」の、舟元眞喜さん
    にお電話でお話を伺いました。


    今年の「原観光りんご園」は、8月19日(日)にオープンして・・
    11月上旬まで無休で営業します。

    35ヘクタールに15品種、約1100本のリンゴの木があります。
    品種は「つがる」の他に「紅将軍」「ニュージョナゴールド」「北斗」「やたか」「王林」「ふじ」など。
    りんごの品種ごとに少しずつ収穫時期がずれているので、時期を変えて色々な味が楽しめます。

    また7月の西日本豪雨では園内の土砂が流出し木が弱ったそうですが・・
    住民の皆さんが土を戻すなどして樹勢を取り戻しました。
    夏の猛暑で甘みが凝縮し、出来栄えは最高だそうです。