CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 2018年7月4日(水) 10時08分 芸能・スポーツ

    W杯ベルギー戦 香川・乾らの肉声を放送

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、欧州の強豪で優勝候補のベルギーに2-3と惜敗した日本代表。3日放送のラジオ関西「時間です!林編集長」では、西野朗監督(63)と各選手の試合直後のインタビュー音声を放送し、チームの健闘をたたえた。

     西野監督は悔しさを押し殺しながら言葉をひねり出す。「W杯の怖いところだろうか。(2点リードして)追い詰めたが何が足りないんだろう。オフェンシブに戦えていたので3点目を取れるチャンスがあったし、そのまま走った。そこには本気のベルギーがあった。この壁はまだ厚いのかもしれない」

     169センチの乾貴士選手(30)。大男が居並ぶベルギーの度肝を抜く無回転シュートを決めた。無念の涙声で語る。「自分としてはいいサッカーができたし、悔しいがこのメンバーでここまで戦えたのは誇らしい。勝利を願っていたサポーターには申し訳ない気持ちで一杯。皆、必死で戦った。あとは若い世代がベスト8へ行けるよう応援したい」

     開始直後に最初のシュートを放った香川真司選手(29)。「これがサッカーだ(と受け止めている)。監督が代わって厳しい戦いが予想された中で、チーム一丸となって今日までやってきた。だからこそ勝って次に進みたかったが、この壁は大きいことを実感した。この結果を受け止めるしかない。ベスト8へ進める可能性のあるチームとしてたくさんの声援を受けていた。新しい歴史をこのチームと刻みたかったが、この結果を意味のあるものとして、必ず次につなげられるようにしたい」

     長友佑都選手(31)は「くやしいが、自分たちのすべてを出した。悔いはない。明らかに強い相手に対して2点リードしたが、結果として3点取られた。自分たちの力不足。でもすべて出したから胸を張って帰国したい」と、すがすがしく語った。

     日本代表史上最年長の川島永嗣選手(35)は「チームとしてひとりひとりが助け合って、スピリットを見せられたのが誇り。これが日本人のメンタリティだと思う。新しい監督・選手・スタッフ、全員が同じ方向をみてやってきたのが大きい。(今回の健闘が)新たな経験として日本のサッカーにとって大きな財産になっていくと思う」と振り返った。

    ラジオ関西「時間です!林編集長」| 2018年7月3日(火)放送分

    放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

    【公式サイト】時間です!林編集長