CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 2019年4月12日(金) 18時43分 スポーツ

    ヴィクトリーナ姫路 選手らが井戸知事を表敬訪問 Vリーグ1部での戦いに向け決意新たに(ラジオ関西ニュース)


    兵庫県庁を訪れ、井戸敏三知事(写真左から4人目)を表敬訪問した、ヴィクトリーナ姫路の選手たちと、竹下佳江監督(写真左から3人目)、眞鍋政義ゼネラルマネージャー(写真中央)らスタッフ。(写真:ラジオ関西)

     2018ー2019シーズンのバレーボール女子・Vリーグ2部(V2)で優勝した、ヴィクトリーナ姫路の選手17人らが、4月12日、兵庫県庁を訪れ、井戸敏三知事を表敬訪問しました。

     ヴィクトリーナ姫路は、日本初のプロバレーボールチームとしておよそ3年前に発足し、「姫路から世界へ」を合言葉に、姫路市を拠点に活動しています。

     選手時代には、バレーボール女子日本代表のキャプテンとしてオリンピックにも3度出場した、チームを率いる竹下佳江監督は、「選手たちの頑張りもありまして(Vリーグ2部を)優勝することができました。これからV1に昇格しまして、さらにレベルの高いチームとの戦いが始まります。V2から(Vリーグ1部=V1に)上がったチームなので、非常に厳しいとは覚悟していますが、やっぱり、やるからには上を目指して(選手たちには)やってほしいなという思いはあります。チームとして、もっともっとレベルアップして、上のチームと戦っていける準備を、今シーズンはやっていきたいと思っています。兵庫県をさらに盛り上げていけるように、チームとして頑張っていきたいと思います」と表敬訪問の場で決意を述べました。

     それを受け、井戸知事は、「姫路はスポーツを応援する気風のあるまちだが、それに拍車をかけていただいた。新しいリーグでも自分の持ち味や個性を大事にしながら、チームの一員として実力を発揮してほしい」とエールを送りました。

     ヴィクトリーナ姫路は、今年の10月に開幕する2019−2020シーズンのVリーグ1部(V1)への昇格がすでに決まっています。 


    兵庫県庁を訪れ、井戸敏三知事を表敬訪問した、ヴィクトリーナ姫路の選手たち(写真:ラジオ関西)


    井戸敏三兵庫県知事への表敬訪問を行ったヴィクトリーナ姫路の眞鍋政義ゼネラルマネージャー(写真左) (写真:ラジオ関西)

    ラジオ関西ニュース 2019年4月12日(金)

    放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可