CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 2019年5月1日(水) 11時09分 社会・カルチャー

    5月1日、丹波篠山市が誕生! 酒井市長「きょうの日を迎えることができてよかった」(ラジオ関西ニュース)

     兵庫県篠山市から名前を改めた丹波篠山市が、きょう5月1日に誕生しました。

     丹波篠山市には、丹波黒大豆などの特産品がありますが、市の名前が篠山市のままでは、隣りの兵庫県丹波市だけが産地だと、消費者や観光客に勘違いされるという不満が背景にありました。このため、地元の農家や経済団体が市の名前を改めるよう要望し、昨年11月の住民投票で市の名前の変更に賛成する票が反対を上回りました。同時に行われた出直し市長選挙でも、信を問うとして辞職した改名推進派の前の市長、酒井隆明氏が当選し、丹波篠山市への変更が決まりました。

     丹波篠山市となって初代の市長になる酒井氏は、1日朝のラジオ関西「三上公也の朝は恋人」に電話出演し、「市民の皆さんのいろんな取り組みがようやく実りました。丹波篠山市になることができ、きょうの日を迎えられて本当によかったなと思っています」と喜びの声をあげていました。丹波篠山市では、きょう5月1日、朝9時30分から丹波篠山市誕生・市制20周年記念式典、そして、午後からは市内6か所で「みんなでお祝いデカンショ総踊り」が行われるなど、各種イベントが開催され、お祝いムードに包まれます。

    ラジオ関西ニュース 2019年5月1日(水)

    放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

    【公式サイト】三上公也の朝は恋人