CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 2019年5月2日(木) 16時46分 トピックス

    純県内産!神戸元気サーモンが誕生

    神戸の海で育ったご当地サーモン「神戸元気サーモン」が、きょう5月2日、神戸市須磨区のナナ・ファーム須磨でお披露目された。


    (写真:ラジオ関西)

    「神戸元気サーモン」は兵庫県宍粟市で生まれた稚魚を、海に設置したいけすで大きく育てたもので、東須磨・須磨浦・西垂水漁港の3か所が養殖をおこなってきた。

    ご当地サーモンの養殖は全国でも注目を集めており、兵庫県内では南あわじ市・姫路市に続いて3番目。稚魚から県内で育てた純県内産のものとしては初めてとなる。

    神戸の元気な漁師さんたちが育てたため「神戸”元気”サーモン」と名付けられたこのサーモン。1日4度の餌やりや水温・酸素濃度の管理など、漁師たちの類まれなる努力の結晶といえる。


    (写真:ラジオ関西)

    養殖に携わった神戸市漁業協同組合の奥谷知生(おくたに・ともお)さんは、きょうを迎え「やっと嫁入りさせたという気持ち」と話す。


    (写真:ラジオ関西)

    本日販売がスタートしたナナ・ファーム須磨では、1階の鮮魚コーナーが「神戸元気サーモン」のお刺身や握りを、2階の海鮮レストランはスペシャルメニューを提供しており、訪れたお客さんはいち早く神戸の新たなご当地グルメを堪能した。今後は海水温が上がる時季前まで出荷される予定で、あすの5月3日もお披露目会が予定されている。

     


    (写真:ラジオ関西)

    本日(5月2日)15時台の『時間です!林編集長』では、津田明日香アナウンサーがこの神戸元気サーモンについてレポート。また、あす5月3日(金・祝)13:30からは『原田伸郎のびのび金ようび』の公開録音が開催され、ゲストには、ばんばひろふみさん、平松愛理さんを迎える。

    「神戸元気サーモン」初めての出荷となった今年は販売エリアも限られており、数も少ないそう。興味のある方は、早めに須磨へ訪れてください!

    『時間です!林編集長』 2019年5月2日(木)

    放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

    【公式サイト】時間です!林編集長