CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 2019年5月13日(月) 23時00分 エンタメ

    「ヴィッセルジェット」お披露目 ポドルスキ選手「日本中にいいアピール」(ラジオ関西ニュース)


    「ヴィッセルジェット」が13日に神戸空港でお披露目され、ヴィッセル神戸のダビド・ビジャ選手(登壇者写真左)、ルーカス・ポドルスキ選手(写真中央)、三木谷研一取締役副会長、西大伍選手(写真右)と、スカイマーク株式会社の佐山展生代表取締役会長(登壇者写真左から2人目)がお披露目会に出席した。©SKYMARK/©VISSEL KOBE

     サッカー・J1のヴィッセル神戸と、航空会社のスカイマークがコラボレーションした特別デザイン機、「ヴィッセルジェット」が5月14日から飛び始めるのを前に、13日、神戸空港でお披露目会が行われました。

     ヴィッセル神戸からはルーカス・ポドルスキ選手やダビド・ビジャ選手、西大伍選手の3人が出席。このうち、ポドルスキ選手は、「この飛行機が日本中を飛ぶことによって、神戸だけでなく、日本中にいいアピールができ、チームをもっと知ってもらえるのではないかと思う」と話しました。お披露目会には抽選で選ばれた100人のファンも参加し、選手たちに大きな歓声と拍手を送りました。


    機内もヴィッセル仕様に施された「ヴィッセルジェット」で、ポーズをとる西大伍選手(写真左)、ダビド・ビジャ選手(写真中央)、ルーカス・ポドルスキ選手(写真右) ©SKYMARK/©VISSEL KOBE

     特別なデザインが施されたのは、ボーイング737−800型の1機で、機体の両側に大きくアルファベットでVISSEL KOBEの文字とロゴマークがプリントされたほか、機内の座席はヴィッセル仕様のヘッドレストカバーが採用され、客室乗務員もヴィッセルのユニフォームを着用するなど、ヴィッセル神戸への愛着をより感じてもらうコンセプトです。

     スカイマーク株式会社の佐山展生代表取締役会長は、「この『ヴィッセルジェット』が飛び立つとともに、チームも上へ、上へ、頂点を目指して頑張ってもらいたい」と、エールを送りました。

     運行は5月14日から、来年(2020年)の12月までで、スカイマークのすべての路線で使われる予定です。


    ©SKYMARK/©VISSEL KOBE

    ラジオ関西ニュース 2019年5月13日(月)

    放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可