CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 2019年7月10日(水) 12時00分 グルメ・レジャー

    「ブルガリ イル・チョコラート」がイタリアと日本の食文化、ブルガリの世界観を融合させた新作スイーツを発表


    「ブルガリ イル・チョコラート」から、ブルガリとジャンルカ・フスト氏とのコラボレーションスイーツが限定販売されている。(写真:ラジオ関西)

     イタリア・ローマ発祥のジュエラー「ブルガリ(BVLGARI)」のチョコレート、「ブルガリ イル・チョコラート」が、7月5日から9月30日まで、イタリア人ペイストリーシェフとして名をはせるジャンルカ・フスト氏(Gianluca Fusto)とのコラボレーションスイーツ6種類(ケーキ3品とチョコレート3種)を期間限定で販売する。そして、5日に大阪のブルガリ イル・カフェ阪急うめだ本店5Fで開催されたメディア向けテイスティングセッションには、フスト氏も来場したなか、新作スイーツが公開された。

     3種類のケーキと3つのフレーバーのチョコレートが並ぶ新作スイーツは、“Ultimate Culture Experience”「単なるスイーツを超え、イタリアと日本の食文化、そしてそこにブルガリの世界観を融合させた新しい体験」がテーマに掲げられている。


    「チョコレート・ジェムズ3個入り リミテッド エディション by Fusto」に入っている、やわらかく、お米を思い出させるような味わいのアーモンドが特長の「サフラン&アーモンド」(写真:ラジオ関西)

     そのなかで、「チョコレート・ジェムズ3個入り リミテッド エディション by Fusto」は、まさに「ジェムズ」=宝石という表現がふさわしい逸品。日本人が好む生チョコを、イタリア人が好むパリパリとした食感のチョコレートでコーティングした贅沢なチョコレートには、「サフラン&アーモンド」、「抹茶&ローズマリー」、「キャラメルオレンジ」の3種類のフレーバーが並ぶ。


    「チョコレート・ジェムズ3個入り リミテッド エディション by Fusto」に入っている、イタリアの子どもたちが好むというミルクチョコレートとオレンジの味をミックスした「キャラメルオレンジ」(写真:ラジオ関西)

     やわらかく、お米を思い出させるような味わいのアーモンドが特長の「サフラン&アーモンド」、フスト氏初来日時に感動したという抹茶と甘いお菓子との共存を実現し、シチリア産のピスタチオとローズマリーの香りを入れ込んで苦みと甘みの融合を表した「抹茶&ローズマリー」、イタリアの子どもたちが好むというミルクチョコレートとオレンジの味をミックスした「キャラメルオレンジ」には、「ショコラティエとしてはチョコレートの一番おいしいところを味わってほしい」というフスト氏の思いが込められている。


    「チョコレート・ジェムズ3個入り リミテッド エディション by Fusto」に入っている、シチリア産のピスタチオとローズマリーの香りを入れ込んで、抹茶の苦みとチョコレートの甘みの融合を表した「抹茶&ローズマリー」。こちらは「ブルガリ チョコレート・ジェムズ1個入り リミテッド エディション by Fusto」としても販売されている。(写真:ラジオ関西)

     さらに、新作ケーキの1つ、「カプレーゼ」は、イタリア南部の伝統的なお菓子であるカプレーゼを新たな解釈で表現し、通常はアーモンドとチョコレートで作られるところを、チョコレートの代わりに「日本を連想させる一番のフルーツ」(フスト氏)ゆずを使用。そのうえ、アレルギー対策も考慮し、小麦粉は使わず、バターの代わりにオリーブオイルを使うことで、ゆずの香りを最大限に引き出している。


    「日本を連想させる一番のフルーツ」(フスト氏)ゆずを使用したカプレーゼ(写真:ラジオ関西)

     そのほかにも、夏のイタリアをイメージし、シチリアへの思いを表現したオレンジと、宮崎産のマンゴー、さらに地中海のフレーバーを加えるために使用したシナモンが口のなかで広がり、チョコレートとマスカルポーネで作ったクリームから生み出されるやさしい風味が特長の「クロスタータ・ディ・タンジェーリ」。シチリア州の「ビアンコマンジャーレ」をヒントとして、ホワイトピーチ、レモン、アーモンドを使用して、アーモンド風味のミルクと生クリームで作るムースに加えられたローズマリーにより、ほのかな苦みとさわやかさが白桃の甘みを引き立てる「トルタ・アマンディーノ」といったケーキも含めて、今回の新作スイーツには、「 素材のよさを十二分に引き出す」というフスト氏とブルガリのこだわりと気品を感じさせる。


    新作スイーツの「クロスタータ・ディ・タンジェーリ」と「トルタ・アマンディーノ」(写真:ラジオ関西)

     関西では、ブルガリ イル・カフェ阪急うめだ本店5Fと、ブルガリ イル・チョコラート高島屋大阪B1Fで、「ブルガリ チョコレート・ジェムズ3個入り リミテッド エディション by Fusto」(税込み3,100円)と、「ブルガリ チョコレート・ジェムズ1個入り リミテッド エディション by Fusto」(税込み1,500円)、「カプレーゼ」(税込み5,500円)を、9月30日まで販売予定。また、オンラインショップ(http://gourmet.bulgari.com/shop/)でも購入することができる。

    ジャンルカ・フスト氏(Gianluca Fusto)のメッセージコメントはこちら↓↓


    「素材のよさを十二分に引き出す」ということにこだわりを見せる、イタリア人ペイストリーシェフのジャンルカ・フスト氏と、取材で「ブルガリ イル・チョコラート」の魅力を存分に体感したラジオ関西の津田明日香アナウンサー(写真:ラジオ関西)