CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 2019年7月18日(木) 13時30分 イベント

    パーソナリティーにオテンキのり、特別審査員に宮川愛李が決定! ラジオ関西『第20回高校生マイクバトル』開催概要を発表 高校生対象の特別講習会も開催

     2000年からラジオ関西で実施している、高校生を対象にした音声作品コンテスト、『高校生マイクバトル』が、今年度も開催されることになり、その作品募集がスタートした。20回目となる今回は、本選が2020年2月9日(日)13時から、公開審査のうえで生放送され、その特別番組のパーソナリティーを、お笑い芸人で、文化放送『レコメン』(ラジオ関西でも放送中)パーソナリティーとしても人気のオテンキのりが担当。さらに、みやかわくんの実妹で、 妹子名義で動画サイトやSNSを中心に活躍する次世代クリエイターであり、アーティストとしてもデビューした宮川愛李が特別審査員を務めることも決定した。


    ラジオ関西『第20回高校生マイクバトル』公開審査生放送でパーソナリティーを務めるオテンキのり(写真左)と、特別審査員に決まった宮川愛李(写真右)

     高校生がリスナーを驚かせる、感動させる、笑わせるような、若いエネルギーにあふれた作品を制作し、互いに競いながら優秀作品を紹介・表彰する、ラジオ関西の『高校生マイクバトル』。今回も「ラジオドラマ部門」、「ドキュメンタリー部門」、「ラジオパーソナリティー部門」、「音楽部門」、「お笑い部門」、「朗読部門」、「声優部門」の計7部門の音声作品を募集する。最優秀賞には、ラジオ関西ディレクターとともに特別番組を制作して放送する権利、または番組にゲストとして出演する権利が与えられ、各部門賞にはプロ仕様のマイク、ヘッドホンなどが進呈される。作品応募など詳細は、ラジオ関西の『第20回高校生マイクバトル』ホームページ(http://jocr.jp/micbattle/)を参照のこと。応募の締め切りは2019年12月27日(金) 必着となっている。

     また、ラジオ関西では高校生を対象に、アナウンスやラジオ制作・技術に関する特別講習会を8月10日(土)に、神戸・ハーバーランドのラジオ関西本社で開催することになり(ラジオ関西のアナウンサーやディレクターが講師を担当)、現在、その参加者を募集している。定員はアナウンス部門、制作・技術部門で、各20人(1校からの参加はアナウンス2人、制作・技術2人、引率1人まで)。申し込みは、高校名、代表者名、「アナウンス部門」「制作・技術部門」のそれぞれの参加人数、当日連絡のつく電話番号を明記の上、mic@jocr.jp にメールで応募。応募期間は8月2日(金)までだが、定員に達し次第、締め切りとなる。問い合わせは、ラジオ関西マイクバトル事務局078-362-7376(平日10:00~17:00)まで。

    【公式サイト】『第20回高校生マイクバトル』