CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 2019年7月30日(火) 19時30分 スポーツ

    新たな100年幕開け 夏の高校野球 兵庫大会優勝・明石商、土壇場の逆転優勝に歓喜、激励の声(ラジオ関西ニュース)

     第101回全国高校野球選手権兵庫大会は29日の決勝で、明石商が4-1で神戸国際大附に逆転勝ちし、2年連続2度目の優勝を果たしました。

     明石商は1点を追う9回、デッドボールとエラーを足場に、ノーアウト満塁のチャンスを作ると、2番水上のタイムリーで追いつき、3番・キャプテン重宮のスクイズで勝ち越しました。投げては、2年生エース中森が127球を投げて完投し、神戸国際大附の強力打線を1失点に抑えました。

     明石商の応援団は、次のように喜びと期待のコメントを述べていました。

    「(甲子園でも)優勝に決まっています! みんなよかったですが、やっぱりキャプテンの、気持ちを盛り上げるところとか、結果が出なくてもみんなをまとめる力が素晴らしかったと思います」

    「感動しました。(甲子園でも)優勝してほしいです」

    「見ているほうはひやひやしていましたけど、プレーしている選手たちが、しっかり中森君を信じてやっていたので、強いなと思いました。『どうなる? どうなる?』とぞくぞくしながら、必死に応援していました。他の県もいろいろと強豪が来ているので、どこまでいけるかわかりませんが、いけることならばこの勢いでトップまで突っ走っていってほしいです」

    「やっぱり監督の采配ですよね。ドキドキする場面でも監督は本当に落ち着いた、いい采配をしてくれるので、安心してみています」

     第101回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会は8月3日に大阪市内で行われ、大会は阪神甲子園球場で6日に開幕します。


    (写真:ラジオ関西)