CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 2019年6月24日(月) 19時00分 トピックス

    関西出身の東京パフォーマンスドール・高嶋菜七と橘二葉、「SUPER DUPER」な関西愛語る

     新メンバーにより2013年に約17年ぶりとなる復活を果たし、この6月19日で結成からちょうど6年を迎えたばかりの、東京パフォーマンスドール。そのメンバーである高嶋菜七(たかしま・なな)と橘二葉(たちばな・ふたば)が、24日、ラジオ関西の番組『週明けクマチャンネル』(月曜10:00-13:00 パーソナリティー:クマガイタツロウ、塩田えみ)にゲスト出演し、8thシングル「SUPER DUPER」をPRした。


    関西凱旋となった東京パフォーマンスドールの高嶋菜七(たかしま・なな 写真左)と橘二葉(たちばな・ふたば 写真右)がラジオ関西に登場!(写真:ラジオ関西)

     パーソナリティーのクマガイタツロウから、開口一番、「(ゲストに来てくれて)うれしい! ラジオ関西の全体の空気が変わったくらい。いいイオンが出ています! かわいいは正義!」と迎えられた2人。高嶋菜七は兵庫県出身、橘二葉は和歌山県出身と、ともに地元が関西ということもあり、話題は自然と関西にまつわる話に。「関西出身やから変なところで笑いをとっていこうという精神がある」、「(関西弁を話さなくなると)『魂を打ったやろ!』みたいにいわれるのがすごいイヤ!」、「(東京をベースに活動していても)どうしても関西弁が抜けない、一切抜けない」という2人は、この放送前日の23日に行われた地元・関西での「SUPER DUPER」リリースイベント(大阪・くずはモール)でも格別の思いに浸ったという。「あんまり関西ではイベントができていなかったのですが、関西のお客さんがすごく喜んでくれたのがうれしかった。関西弁は落ち着くし、『おおきに』、『おかえり』とか言われたら、『ありがとう』っていう思いになります」(高嶋菜七)、「『本当に待ってたで!』とか言ってもらえて、やっぱり(関西にも)帰ってこやなあかんな、頑張らなあかんなっとすごく思いましたし、めっちゃうれしいです」(橘二葉)と、関西愛を痛感していた。

     最年少の橘二葉がこの3月5日に20歳を迎えたことで、8thシングル「SUPER DUPER」は、メンバー6人全員が成人してから初めてのシングル。「今までは『夢を追いかけよう』という曲がすごい多かったけど、1個、段階を経て、私たち(20歳代)の等身大の曲とか歌えるようになってきた。そのなかで今回の『SUPER DUPER』は、夏にぴったりのサマーソングであり、1日がめちゃくちゃキラキラしたハッピーになるような曲」と、リーダーの高嶋菜七。「超最高!」という意味のこの曲で、新境地を開く東京パフォーマンスドールがこの夏を盛り上げる。


    東京パフォーマンスドールの高嶋菜七(写真左から2人目)と橘二葉(写真右)がラジオ関西『週明けクマチャンネル』に出演した(写真:ラジオ関西)

    週明けクマチャンネル | ラジオ関西 |2019年6月24日(月)放送分

    放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

    【公式Twitter】週明けクマチャンネル

  • 2019年6月23日(日) 17時00分 トピックス

    INAC神戸応援大使に就任したNMB48の磯佳奈江 7月からラジオ関西『カンピオーネ!レオネッサ!!』パーソナリティーに!


    ©︎NMB48

     INAC神戸レオネッサの応援大使に就任し、23日のINAC神戸ホームゲームで就任セレモニーを行ったNMB48の磯佳奈江が、7月からラジオ関西のINAC神戸応援番組『カンピオーネ!レオネッサ!!』(月曜 18:30-18:50)のパーソナリティーを務めることが決まった。また、6月24日の放送にもゲスト出演する。

     自らもサッカー経験を持つ、磯。NMB48でのアイドル活動だけでなく、サッカー関連の各メディアにも登場するなど、サッカー好きの1人としても広く知られている。また、INAC神戸の京川舞と小学生時代に一緒にプレーしていたこともあり、京川をはじめ多くのINAC神戸の選手との親交も深い。

     なお、同番組では、ヴィッセル神戸や水戸ホーリーホックなどでプレー経験を持ち、今春にはR-1ぐらんぷり2019準決勝に勝ち進んだことでも話題となった、元Jリーガーの近藤岳登がパーソナリティーを務め、キッズリポーターで中学2年生の寺田光とともに番組を進行。サッカー、そして、INAC神戸をよく知る磯が加わり、女王奪還に燃えるレオネッサの選手たちを一層熱くサポートしていく。

    『カンピオーネ!レオネッサ!!』  ラジオ関西  2019年6月24日(月)放送分

    放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

    【公式サイト】『カンピオーネ!レオネッサ!!』

  • 2019年6月21日(金) 15時15分 トピックス

    吉本新喜劇の吉田裕 新喜劇60周年記念ワールドツアーを告知すんのか~い!

    「ドリルすんのかい!せんのかい!」で人気沸騰の吉本新喜劇・吉田裕(ゆたか)が、21日、ラジオ関西『原田伸郎のびのび金ようび』(金曜10:00-13:00)にゲストとして登場。「吉本新喜劇ワールドツアー~60周年 それがどうした!~」の告知を行った。


    ラジオ関西『原田伸郎のびのび金ようび』にゲスト出演した吉本新喜劇の吉田豊(写真下)(写真:ラジオ関西)

     番組で話題となったのは、「ドリルすんのかい!せんのかい!」のネタで使用する茶色の棒。「ザッパ」という名称で古くから新喜劇で使用されているが、ドリル用のザッパとして「ドリザッパ」と呼んでいるという。ベストな音を生み出す「ドリザッパ」は1本しかないそう。その貴重な「ザッパ」もスタジオに登場したなか、番組内ではパーソナリティーの原田伸郎、久米村直子との爆笑トークも大いに弾み、すち子とのコンビで生まれた「ドリルすんのかい!せんのかい!」誕生秘話も披露。また、吉田裕は「(ネタは)こっちも見てる方も慣れてきて、最初の新鮮さもなくなってくるものなので、飽きないように、毎回、微妙なところを変えている。『遊びを変える』というか。舞台上で僕らも楽しんでお客さんに伝えていきたい」と、ネタのさらなる進化にも意欲的だった。

     ちなみに、吉本新喜劇がワールドツアーを行うのは初めてとのことで、日本全国を回るだけでなく、中国やシンガポール、マレーシアなどでも公演を行う予定。神戸公演は7月27日(土)と28日(日)に神戸国際会館こくさいホールで開催される。地元・兵庫県での凱旋公演となる吉田裕(出身は兵庫県高砂市)は、「新喜劇60周年ということで、よろしくお願いします! そして、(吉田自身、ネタで使う)右乳首のケアもしっかりしていきますので(笑)、これからもよろしくお願いしまーす!」と吉本新喜劇、そして、自らを積極的にPRしていた。


    人気沸騰のネタ「ドリルすんのかい!せんのかい!」の秘話も披露した吉本新喜劇の吉田裕(写真:ラジオ関西)

     なお、ラジオ関西『原田伸郎のびのび金ようび』では吉田裕のサインが入った吉本新喜劇ワールドツアー記念クリアファイルとステッカーをセットにして5人の方にプレゼントする。詳細はラジオ関西『原田伸郎のびのび金ようび』番組(http://radiko.jp/share/?sid=CRK&t=20190621110750)、または番組ブログ(http://jocr.jp/nobi/)を確認のこと。

    「吉本新喜劇ワールドツアー~60周年 それがどうした!~」
    ☆神戸公演
    日時:2019年7月27日(土)14:00/18:00、7月28日(日)13:00
    会場:神戸国際会館こくさいホール
    チケット:前売5,500円/当日6,000円(全席指定)
    問い合わせ:チケットよしもと予約問合せダイヤル
     電話0570-550-100(10:00~19:00)
    公式サイト:https://shinkigeki-60th.yoshimoto.co.jp/

    『原田伸郎のびのび金ようび』 | ラジオ関西 |2019年6月21日(金)放送分

    放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

    【公式サイト】『原田伸郎のびのび金ようび』

  • 2019年6月20日(木) 17時00分 トピックス

    プロレスラー・青木篤志さん追悼番組 生前のインタビューも放送 22日のラジオ関西『Cruising Cafe』

     3日に交通事故のため急逝した青木篤志さん(全日本プロレス所属、享年41歳)の追悼番組を、22日のラジオ関西『Cruising Cafe』(土曜 17:30-17:40)内で放送する。

     青木さんは生前、ラジオ関西『Cruising Cafe』に複数回にわたって出演するなど、番組とも親交が深かったプロレスラーの1人。全日本プロレス世界ジュニアヘビー級王者の青木さんは、事故前日の6月2日、神戸サンボーホールで開催された試合に出場していた。22日の放送では、青木さんの盟友でもある全日本プロレスの諏訪魔が電話出演。過去の放送で青木さんが登場した際のインタビューも紹介しながら、番組では諏訪魔とともに故人をしのぶ。


    ラジオ関西『Cruising Cafe』にて、”Crew haruka amamiya”こと、天宮遥さんと写真に収まる、青木篤志さん(写真右。撮影=2018年9月23日、神戸シーバスファンタジー号でのファンミーティング取材時)。「試合後のファンミーティングでも、いつも気さくに取材に応じてくださいました。取材クルーへのご配慮や全国から集まるファンの方への温かい対応はいつも頭が下がる思いでした。本当にありがとうございました」と天宮さんも追悼の意を表していた(写真提供:天宮遥さん)

    『Cruising Cafe』  ラジオ関西  2019年6月22日(土)放送分

    放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

    【公式サイト】『Cruising Cafe』


    【Podcast】はこちらから(※過去の放送を聴くことができます!)

  • 2019年6月18日(火) 17時30分 トピックス

    「令和」の典拠となった万葉集で注目を集める 稲美町の「いなみ野万葉の森」

     ラジオ関西『谷五郎の笑って暮らそう』(火曜 10:00-13:00)でお送りしているコーナー「田名部真理のひょうご町あるき」。18日の放送では、兵庫県稲美町を特集し、そのなかで注目の場所として、新元号「令和」と、その出典とされる万葉集で最近脚光を浴びている「いなみ野万葉の森」が紹介された。


    いなみ野万葉の森(写真:ラジオ関西『谷五郎の笑って暮らそう』)

     古来より万葉集に詠まれたいなみ野に位置する稲美町。当時のいなみ野と瀬戸内海を形づくった日本庭園になっている「いなみ野万葉の森」は、昭和63年に開園し、園内には地形に応じて万葉集に歌われた植物が植えられ、それぞれに植物名と万葉歌の標識が設置されている。「4月に入ってゴールデンウイークにかけては休みなしで働きました」と、新元号の発表を機に「いなみ野万葉の森」にスポットライトが当たったことで多忙な日々を送っているのは、稲美町生涯学習課の永田純子課長。来園者や取材も増加しているという。

     特に来園者の目にとまっているのが、「令和」ゆかりの場所。「陶板で歌碑が50ほどあるのですが、その1つの歌碑に、『令和』という、今回の序文の切り取りを(植物の)シュンラン(らに)のところに添えているものがあります。(歌碑上で)令と和が横に並んだ状態で、奇跡というべきか、並ぶのはたまたまだったと思うのですが、見つけたときにはびっくりしました。『よく散歩でこの道を通るけどもこれがあるのは知らなかった』という方も結構おられます」(永田課長)。


    歌碑に「令」「和」の文字が並んでいる(写真:ラジオ関西『谷五郎の笑って暮らそう』)

    「令和」になってから「いなみ野万葉の森」には、新元号初日の5月1日を記念して、地元の有志により寄贈された歌碑と記念碑も新たに設置されている。「静かな万葉の森なので、花や和歌を楽しみながら散策してほしい。水のせせらぎを聞きながらゆったりと時間を過ごしていただけるような森のたたずまいになっていますし、今回、令和の典拠となった万葉集の歌碑がこの稲美町にございますので、またお近くに来られた際は、『いなみ野万葉の森』にお越しください」と永田課長。「いなみ野万葉の森」の入園料は無料で、開園時間は10月~6月の間は9:30~16:00(7月~9月は17:00まで)。月曜日と年末年始(12月28日~1月4日)が休園日となっている。問い合わせは稲美町立郷土資料館、電話079-492-3770まで。


    新元号発表にともない、歌碑と記念碑も新たに設置された(写真:ラジオ関西『谷五郎の笑って暮らそう』)

    谷五郎の笑って暮らそう | ラジオ関西 |2019年6月18日(火)放送分

    放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

    【公式サイト】谷五郎の笑って暮らそう