CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 2019年5月17日(金) 20時16分 トピックス

    思い出を復活させます!「おもいでケータイ再起動」KDDIが神戸市内で開催(ラジオ関西ニュース)


    かつて使っていた携帯電話から、データを蘇らせる「おもいでケータイ再起動」のイベントが17日からイオンモール神戸南で開催されている。(写真:ラジオ関西)

     長らく充電していないため使えなくなった携帯電話を再起動し、データを蘇らせようとするイベントが、17日から神戸市内で始まっています。

     これは、通信大手のKDDIが「おもいでケータイ再起動」として2年前の夏に始めたもので、これまでに全国36か所で実施し、延べ2,600人が参加しています。

     KDDIの行った調査では、かつて使っていた携帯電話をまだ持っている人は、ユーザーの9割にのぼり、その理由として、43パーセントの人が、「写真やメールが残っているから」と答えました。

     一方で、電源が入ると答えた人は、そのうちの42パーセントにとどまっていて、「わからない」、「試していない」と答えた人も27パーセントいるという結果となりました。

     携帯電話は一定期間充電していないと、電池が放電を起こし、充電ができなくなることがありますが、電池ごとに最適な充電を行える、「バッテリーテスター」という専用の機器を使えば、7割から8割のバッテリーを蘇らせることができるということです。

     神戸市須磨区の山本亜希子(やまもと・あきこ)さんは、3歳のころの娘が出張中の父親に向けて送ったメッセージ動画が出てきたといい、「ガラケーが残っているということはわかっていたので、いいかも、見たいなと思ってきました。(動画を見たのは)10年以上ぶりかな。今は14歳で、中3ですが、『お金が要る』とか、そんなことしか言わないので、(動画を見て)かわいいなと思いました。ただ、持ってきたもうひとつの端末には、亡くなった(私の)父が映っている写真があるはずだったんですけど、古すぎて復活できなかった。でも、思っていたより入っていたのでよかったです」と笑顔で話していました。

     この企画を立案したKDDIの西原由哲(にしはら・よしのり)さんは、「例えば、亡くなった家族やペットの写真や動画だけでなく、留守番電話や電話帳など、幅広い『おもいで』を復活させることができます。写真であれば、プリントアウトしてお渡しすることもできます。私たちのできる限りで充電させていただくので、諦めずに持ってきてください」と呼びかけています。

     このイベントは、19日まで、神戸市兵庫区のイオンモール神戸南で行われています。参加は無料です。


    通信大手のKDDIが2年前の夏から行っている「おもいでケータイ再起動」は、これまでに全国36か所で実施し、延べ2,600人が参加している。(写真:ラジオ関西)

    ラジオ関西ニュース 2019年5月17日(金)

    放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

  • 2019年4月17日(水) 15時38分 番組

    人気のeスポーツを実践! 初めてプレイした津田アナウンサー、プロに勝った!


    ラジオ関西「時間です!林編集長」、4月16日の放送ではeスポーツを特集。初のゲーム挑戦となった津田明日香アナウンサーは、プロに勝利し、渾身のガッツポーズ!(写真:ラジオ関西)

     4月16日のラジオ関西「時間です!林編集長」(月曜〜木曜 15:00−17:50)では、国体競技の文化プログラム事業にも選ばれた、eスポーツを特集。ゲストに、大阪を活動拠点とするマルチゲーミングチーム「1’s BATTLE DOGS(ワンズバトルドックス)」ウイニングイレブンチームのプロゲーマー、GENKIモリタさんが生出演し、現在のeスポーツ事情の説明とともに、スタジオ内で津田明日香アナウンサーとeスポーツを実践した。

     GENKIモリタさんは、一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)公認のウイニングイレブンプロライセンスを所有するプロゲーマー。これは日本で16人のみが保持する資格だ。「プロライセンスをいただける大会で、僕が日本で2位をとることができ、ライセンスをいただくことができました」と、GENKIモリタさん。「(eスポーツは)テレビゲームで賞金をいただける世界。その競技では、世界では何億という単位のお金をいただけるようになっています。国内大会の規模も、1億円の賞金が出るもののもあります」と現状の盛り上がりを説明。「(eスポーツは)国体の競技にも選ばれたんです!」というように、今年の「いきいき茨城ゆめ国体」では文化プログラム事業として「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019IBARAKI」の開催も決定。「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 ウイニングイレブン 2019 兵庫県代表決定戦」は4月27日(土)に神戸ファッションマート9階のイオホールで行われ、その大会にGENKIモリタさんも出場予定という。

     そのプロゲーマーであるGENKIモリタさんと、津田アナウンサーが、番組内でゲーム対決。ちなみに、今回のゲームは、GENKIモリタさんの得意とするサッカーゲーム「ウイニングイレブン」ではなく、格闘技ゲームの「ストリートファイターV」。GENKIモリタさんは日本のRYU、津田アナウンサーは中国のCHUN−LIを選択して、ゲームスタート。ラジオでは林真一郎アナウンサーが実況を行うなかでバトルが繰り広げられ、結果はなんと、ゲーム初体験の津田アナウンサーが勝利という思いもよらぬ展開に。時間の都合で1ラウンドのみの対戦となったが、津田アナウンサーは時間を忘れるほどのめりこんだようで、「楽しい!」と満面の笑み。スタジオ内で観戦していたコメンテーターの亀崎直樹さん(神戸市立須磨海浜水族園学術研究統括、岡山理科大学生物地球学部教授)も、「観ていて、面白いな! 女房との夫婦けんかはこれでやればいい(笑)」とeスポーツに興味津々の様子だった。


    「時間です!林編集長」番組内でeスポーツを実践。笑顔で格闘技ゲームを行う津田明日香アナウンサー(写真右)と、プロゲーマーのGENKIモリタさん(写真:ラジオ関西)

    時間です!林編集長 | ラジオ関西 |2019年4月16日(火)放送分

    放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

    【公式サイト】時間です!林編集長