CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 2019年5月17日(金) 20時16分 トピックス

    思い出を復活させます!「おもいでケータイ再起動」KDDIが神戸市内で開催(ラジオ関西ニュース)


    かつて使っていた携帯電話から、データを蘇らせる「おもいでケータイ再起動」のイベントが17日からイオンモール神戸南で開催されている。(写真:ラジオ関西)

     長らく充電していないため使えなくなった携帯電話を再起動し、データを蘇らせようとするイベントが、17日から神戸市内で始まっています。

     これは、通信大手のKDDIが「おもいでケータイ再起動」として2年前の夏に始めたもので、これまでに全国36か所で実施し、延べ2,600人が参加しています。

     KDDIの行った調査では、かつて使っていた携帯電話をまだ持っている人は、ユーザーの9割にのぼり、その理由として、43パーセントの人が、「写真やメールが残っているから」と答えました。

     一方で、電源が入ると答えた人は、そのうちの42パーセントにとどまっていて、「わからない」、「試していない」と答えた人も27パーセントいるという結果となりました。

     携帯電話は一定期間充電していないと、電池が放電を起こし、充電ができなくなることがありますが、電池ごとに最適な充電を行える、「バッテリーテスター」という専用の機器を使えば、7割から8割のバッテリーを蘇らせることができるということです。

     神戸市須磨区の山本亜希子(やまもと・あきこ)さんは、3歳のころの娘が出張中の父親に向けて送ったメッセージ動画が出てきたといい、「ガラケーが残っているということはわかっていたので、いいかも、見たいなと思ってきました。(動画を見たのは)10年以上ぶりかな。今は14歳で、中3ですが、『お金が要る』とか、そんなことしか言わないので、(動画を見て)かわいいなと思いました。ただ、持ってきたもうひとつの端末には、亡くなった(私の)父が映っている写真があるはずだったんですけど、古すぎて復活できなかった。でも、思っていたより入っていたのでよかったです」と笑顔で話していました。

     この企画を立案したKDDIの西原由哲(にしはら・よしのり)さんは、「例えば、亡くなった家族やペットの写真や動画だけでなく、留守番電話や電話帳など、幅広い『おもいで』を復活させることができます。写真であれば、プリントアウトしてお渡しすることもできます。私たちのできる限りで充電させていただくので、諦めずに持ってきてください」と呼びかけています。

     このイベントは、19日まで、神戸市兵庫区のイオンモール神戸南で行われています。参加は無料です。


    通信大手のKDDIが2年前の夏から行っている「おもいでケータイ再起動」は、これまでに全国36か所で実施し、延べ2,600人が参加している。(写真:ラジオ関西)

    ラジオ関西ニュース 2019年5月17日(金)

    放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

  • 2019年5月14日(火) 10時00分 番組

    神戸信用金庫とラジオ関西が連携した地域情報の発信を評価され、「地域活性化しんきん運動・優秀賞」を受賞

     全国信用金庫協会が10日に発表した第22回「信用金庫社会貢献賞」で、神戸信用金庫(兵庫県)とラジオ関西が連携して地域情報を発信している活動(ラジオ関西『こうべしんきん三上公也の企業訪問』)が「地域活性化しんきん運動・優秀賞」に選ばれた。

    『こうべしんきん三上公也の企業訪問』(『三上公也の朝は恋人』内、毎週火曜9:38〜)は、神戸信用金庫が「阪神・淡路大震災の発生から20年という節目の2015年、震災の継承と発信を通じて地域経済の活性化と再興に貢献したい」という考えのもと、同年からラジオ関西でスタートした番組(当時は『三上公也の情報アサイチ!』内で放送)。三上公也アナウンサーが兵庫・神戸で活躍する企業や商店などを訪問し、企業理念や歴史、震災を乗り越えたエピソードなどを伝え、これまでに延べ250社・団体を紹介。『ものづくり』や地域への思いを発信してきた。また、番組のイベントとして、リスナーや神戸市立工業高等専門学校の学生を招待する「企業見学バスツアー」も4年連続で開催し、企業の持つ高い技術力をいかした『ものづくり』の魅力を肌で感じられる場も提供した。

    「地域活性化しんきん運動・優秀賞」受賞に際し、各企業、商店の現場に足を運び取材を続けてきた三上公也アナウンサーは、「地域の頑張っている企業を1つでも多く紹介したいという、その思いでここまで続けてきて、それが賞として評価されて大変うれしい」と喜びのコメント。ラジオ関西の番組『こうべしんきん三上公也の企業訪問』ではこれからも兵庫・神戸の頑張っている企業、商店を応援していく。

    『こうべしんきん三上公也の企業訪問』(『三上公也の朝は恋人』内) 2019年5月14日(火)

    放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

    【公式サイト】『こうべしんきん三上公也の企業訪問』

  • 2019年5月5日(日) 14時48分 トピックス

    ラグビーを神戸の街中で体験?!

     

     

    大丸神戸店東側、明石町筋の道路ではきょう5月5日「ストリートラグビー」が開催されている。

     

     

    大丸神戸店の東側の道路幅いっぱいに敷かれた、ストリートラグビーのフィールド。

    タックルの代わりにタッチするという簡易なルールとなっており、

    1分間、プレイヤー3人対3人の体験型ラグビーを楽しめる。

     

    11時~12時までの1時間は神戸製鋼コベルコスティーラーズの選手が登場し、

    小学生の子どもたちに向けた『ストリートラグビー体験会』を開催。

    初めてボールを触った子どもたちも「面白い」「習ってみたい」と声を弾ませた。

     

     

    お子様からシニアまで幅広い年齢の方が参加しているこの「ストリートラグビー」。

    体験した方には、このラグビーボールがプレゼントされるという豪華特典付きだ。

     

     

    ラグビー体験会の様子を見て「なかなか楽しそうですよね」と話すのは、ストートラグビーアライアンス副代表理事の小山裕昭さん。

    「ラグビーはスタジアムに行かないと観ることができないスポーツ。なので逆にラグビーを外に持ち出せないかと思い企画した」とのこと。

    また、この1日限定の「ストリートラグビー」が神戸で開催されるのは昨年5月に続き2度目。

    小山さんは「ラグビーというスポーツを観て、知ってもらうことで、少しでもラグビーの楽しさを身近に感じてもらえたら」と話す。

     

    イベントはきょう(5月5日)の17時まで開催され、コベルコスティーラーズの選手たちのあとは

    大阪・兵庫でラグビーをしている高校生たちがフィールドに入り、初心者でも楽しめるようアシストしてくれる。

    受付は会場で随時行われており、参加は無料。

    観覧するだけでも楽しめるので、ぜひ一度足を運んでみて欲しい。

     

  • 2018年6月27日(水) 11時14分 ライフ(教育・医療・健康など)

    SNSトラブル防げ 大学生が『スマホサミット』開催


    子どものネット被害防止に取り組む福田さん(左から2番目)と松村さん(左から3番目)(写真:ラジオ関西)

     子どもがSNSトラブルに巻き込まれる被害を防ごうと、兵庫県立大学の学生たちが、小学生向けに「スマホサミット」を開催し、インターネットについて考える機会を提供している。

    「いまや小学生の6割が自分のスマートフォンや従来型携帯電話(ガラケー)を持っている」といい、学生グループは26日放送のラジオ関西の番組「時間です!林編集長」に出演して子ども自身がネット被害の実例を知る必要性を強調した。

     この日は、兵庫県立大学の学生ら約60人で構成する一般社団法人「ソーシャルメディア研究会」から福田有里さんと松村友慎さんが番組に出演し、活動を報告。県内外の各地で子どもにSNSの正しい使い方を教える文科省委託の「授業」や、スマホとの関わり方を小学生が考える「スマホサミット」について伝えた。


    小学生を対象に行った課外授業の様子(写真提供:ソーシャルメディア研究会)

     22日に神戸市内の小学3・4年生を対象に行った授業では、全体の6割がスマホまたはガラケーを個人所有していることが分かったという。

     同会ではトラブルの実例として、LINEなどの無料通信アプリで「かわいくない」と送信して「?」を付け忘れたケースやソーシャルゲームの課金、出会い系サイトの被害などを教えて子どもたちへ注意を促した。


    「人とつながるオフラインキャンプ」の様子(写真提供:ソーシャルメディア研究会)

     また「人とつながるオフラインキャンプ」としてネット依存の傾向にある子どもが、外で遊んだり他人と直接話したりする楽しさを知る取り組みも紹介。小学生から高校生までの参加者がインターネットのつながらない場所で合宿生活をした去年のキャンプでは、スマホを使っても良い時間としてフリータイムを1日1時間設けたところ、初日は13人中5人がスマホを手にしたが最終日にスマホを操作する子どもはほとんどいなかった、と明らかにした。

     同キャンプは、今年も8月16日から4泊5日の日程で開催される。問い合わせは、電話078・362・3142 兵庫県青少年本部

    ラジオ関西「時間です!林編集長」| 2018年6月26日(火)放送分

    【公式サイト】時間です!林編集長