CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

歌声は風にのって

番組内容

リスナーからのリクエスト曲と神姫バスグループの情報や旅のインフォメーションを交えてお送りしています。

  • 2018年11月13日(火) 19時19分 池田奈月(月〜木)

    からし蓮根、書写に現る!

    池田奈月です。

    11月11日は播磨路ファミリーハイキングでした。
    お笑いコンビの「からし蓮根」の青空(そら)さん・伊織さんと
    林アナウンサー、そしてリスナーの皆さんと一緒に
    姫路の書写山(しょしゃざん)に登りました。

    書写の里美術工芸館前をスタート。
    まだ書写山の麓にも至っていないなか目に飛び込んできたのは
    空の青に映える

    そう、書写山ロープウェイ
    歌風でも何度もご紹介しています、今年3月にリニューアルした客車です。
    足元までガラス面になっていて、からし蓮根のお二人も

    「あれ、乗りた~い!!!」

    ええ。その声も空しく、今回は歩いて山上に向かいました。
    「ハイキング」でしたので。

    ・・・で、

    乗れなかった代わりと言ってはなんですが、
    ロープウェイ山上駅でこんな写真を撮りました(^0^)

    私自身も、次に訪れる時にはロープウェイからの景色も楽しみたいです。
    ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

  • 2018年11月6日(火) 22時23分 池田奈月(月〜木)

    神戸はじめて物語~オリーブ~

    池田奈月です。

    今日のオープニングでは、今月10日に神戸北野町界隈で開催される

    「KOBE OLIVE FESTA 2018」をご紹介しました。

    神戸は、日本で初めての国営オリーブ園「神戸阿利襪園」が開かれ、

    オリーブ油の搾油にも成功した街。

    異人館街のある北野町はもちろん、

    ラジオ関西のあるハーバーランドにもオリーブの木があちらこちらにあって

    今の時期、実を付けているんですよ。

    神戸とオリーブの関係やその歴史について詳しくは

    インターナショナル オリーブ アカデミー 神戸公式サイト

    「KOBE OLIVE FESTA 2018」について詳細は 公式Facebookページで。

  • 2018年10月29日(月) 20時05分 池田奈月(月〜木)

    秋の贅沢 黒枝豆

    池田奈月です。

    今日のオープニングでお話した丹波篠山黒枝豆

    「篠山」は「ささやま」と読みます。
    兵庫県篠山市は、お節料理の定番である黒豆の名産地。
    生産者さんのお名前が書かれているところに
    篠山の方々の誇りを感じます。

    黒枝豆は若い黒豆のことで「若さや」とも呼ばれます。
    写真のように枝付きで販売されることが多く、
    我が家でも、自宅にて鋏で鞘を切り落とすのが恒例です。

    鞘は塩揉みして産毛を取ります。
    この時、厚手のビニール手袋をお使いになるのが断然オススメ。
    お塩が手にしみますし、鞘の先端が意外に硬くて痛いので。
    これまで素手で行なってきた私は、
    手袋があまりに快適なことを今年初めて知り、感激しているほどです。(笑)

    さらに茹でる前に、鞘の反対側の先っぽも切り落とするようにしています。
    その方が、茹でた時に塩味が沁みこみやすいので。

    で…

    たっぷりと沸かしたお湯にお塩(+ちょびっと根昆布だしを入れてみました)で
    茹で上げた黒枝豆。三島に盛ってみました。

    一般的な枝豆に比べると少し黒ずんで見えますが、
    それこそが黒枝豆の美味しさの証し。
    深いコクと後を引く旨味に、たちまち病み付きになりますよ!

    例年10月初旬に販売解禁。10月末頃までが食べごろで
    今秋は販売が終了しているところも多いようです。
    まだ召し上がったことのない方も、来年はぜひ一度口になさってくださいね。

  • 2018年10月4日(木) 21時10分 池田奈月(月〜木)

    今週も幸せでした☆

    池田奈月です。

    今週もありがとうございました。

    誕生日も、多くの方に祝っていただきとても幸せでした。

    自宅でもささやかに祝ってもらいました。

    それから、7日に予定していた『ラジオ関西まつり』

    中止になったことで皆さまとお会いできなくなったのはとても残念ですが、

    何より安全が大切、と。

    ※詳しくは、ラジオ関西公式サイトでご確認ください。

    では、津田明日香アナウンサー担当の金曜~日曜もお楽しみくださいね!

    台風にお気を付けいただきながら、実りある連休をお過ごしください。

    わたくし歌風では、また来週月曜にお耳に掛かります。

  • 2018年9月10日(月) 20時38分 池田奈月(月〜木)

    人として、母として。素敵な‟安室ちゃん”。

    池田奈月です。

    大阪府北部地震、西日本豪雨、酷暑、台風20号・21号、そして北海道の地震・・・。
    この夏は心身ともにつらいことが続きました。
    亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、
    ご遺族の皆様、被災された皆さまに改めて心からお見舞い申しあげます。

    そのような中で、風も虫の声も雨も秋を感じさせるようになってきて
    何があろうとも、季節は確実に移ろっているのですね。
    しなやかさとともに逞しささえ感じます。

    しなやかで逞しいと言えば、安室奈美恵さん
    潔い引退が今月16日に迫ってきました。

    先週の放送の中では、以前安室さんにインタビューさせていただいた際の
    エピソードをご紹介しました。
    息子さんとの約束を絶対に守りたいというので
    スタッフの方にもお願いして、協力を求めていらしたというお話です。
    実は当時、インタビューでは息子さんのお話を伺うこと叶わず
    放送もできない状況でしたが、もう時効だと思いますのでお伝えしますと

    安室さんと息子さんとの約束というのは・・・

    何か、すべきことをきちんとできたことへのご褒美だったと記憶しています。
    息子さんと、或るゲーム機を買うと約束した、と。
    ところが、そのゲーム機が当時大人気で品薄も品薄。
    地方での仕事に勤しんでいる安室さんは、
    「自宅へ帰り着くまでに、どうしてもそのゲーム機を用意したい。
    息子との約束を必ず守りたいので、協力してほしい。
    売っているところが無いか一緒に探してもらえないか」と、
    スタッフの方々にお願いされたのだそうです。

    その時感じたのは、
    母としてまっすぐな安室さんが素敵だということ。
    加えて、一般の人と同じようにショップで購入しようとして、
    周りに頭を下げて協力を仰いでらした姿勢。
    当時 既に大スターだった安室さんなら
    縁を伝って、特別ルートでゲーム機を手に入れることもできたでしょうに。
    大スターだからこそ眩しく、微笑ましく感じました。

    その後、ゲーム機が見つかったかどうかはわからないままです。
    ただ、今でも印象に残るのは
    「(安室さんは)いいお母さんですよ」とおっしゃる
    男性スタッフのとても柔らかい表情。
    安室さんは高圧的に「何とかしてくれ」と頼んだのではなく、
    人として母親として、真摯にお願いされたんだろうなぁと。
    そういう‟当たり前”を自分のものとしていた方だからこそ、
    より輝くスターとして愛され続けたのだろうと思います。

    ‟安室ちゃん”の新たな人生を、慶んで応援します。