CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

山崎整の西播磨の山城

番組内容

『三上公也の情報アサイチ!』火曜コメンテーターの山崎整が、白旗城をはじめとする兵庫県西播磨地域の山城(やまじろ)の魅力をお伝えします。

  • 2018年5月20日(日) 08時30分

    城山城(下)

    2018年5月15日(火) 放送 / 2018年5月20日(日) 再放送

    これまで6回にわたって「山城」についてお話しましたが、まだまだ分からない点がいっぱいありますし、研究者によって意見が大きく分かれる事柄も、無視できないほど存在します。この番組では、そうした細かい論争や見解の相違を超えまして、あくまで私の独断と偏見による「山城入門」と位置付けております。松尾芭蕉ではありませんが、西播磨に点在する「つわものどもが夢の跡」に深く分け入りましょう。

    (さらに…)

  • 2018年5月13日(日) 08時30分

    城山城(中)

    2018年5月8日(火) 放送 / 2018年5月13日(日) 再放送

    前回は、たつの市新宮町馬立(うまたて)にある「城山(きのやま)城」が、古代の「朝鮮式山城」と、その700年も後の「中世山城」の2つの時代から成る「複合遺跡」で、こうした所は西播磨ではここだけだとした上で、「朝鮮式山城」について詳しく説明しました。

    (さらに…)

  • 2018年5月6日(日) 08時30分

    城山城(上)

    2018年5月1日(火) 放送 / 2018年5月6日(日) 再放送

    前回はこんな話でした。西播磨の山城のほとんどが、時代的には「中世山城」で、「赤松氏」にゆかりを持つ所が圧倒していて、「南北朝期から室町期の誕生」と推定される山城が多数を占めているけれども、中には、築城がさらに鎌倉期にまでさかのぼる可能性がある所や、築城年代に確証が持てない山城もあるということでした。

    (さらに…)

  • 2018年4月29日(日) 08時30分

    西播磨の山城・概観

    2018年4月24日(火) 放送 / 2018年4月29日(日) 再放送

    今回から「西播磨の山城」に入っていきますが、その前に1点、押さえておくべき大切な事柄が残っていました。山城は、古い時代から順に「古代」「中世」「近世」と大きく3つに区分できますが、真ん中の「中世山城」の終わり頃、戦国時代の後期になってきますと、「山城の存在価値」が低下しまして、城は、狭い山頂から麓の「広大な平城」に移行していきます。その際、「見落とせない変化」がありました。

    (さらに…)

  • 2018年4月22日(日) 08時30分

    山城とは(下)

    2018年4月17日(火) 放送 / 2018年4月22日(日) 再放送

    「山城」と呼ばれる以前は、弥生時代中期以降の「高地性集落」がルーツでした。それが「山城」の時代となった最初の段階である「古代山城」は、朝鮮半島の様式で建てられた城でした。そして「最も標準的な山城」と呼ばれるのが「中世山城」なのですが、「中世」という時代は複雑で、時代の進展に伴って刻々と「山城の姿」が変わっていきました。規模が大きくなるとともに、長期の籠城にも耐えられるように、城そのものが大型化しただけでなく、複数の城をネットワークで結び、山系全体が要塞化していきました。

    (さらに…)