CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

ばんばひろふみ!ラジオDEしょー!

番組内容

おバカなコーナー盛りだくさん!
ラジオの天才!バンバンが繰り広げるショータイムです!

  • 2018年4月18日(水) 16時50分 はるか吉次のベストセラーを読む!

    五郎への道 ★ベストセラーを読む

    ーーー露の吉次Presents 五郎への道

    娘のピアノの発表会に行ってきました。中学生の女の子の5人組が、ピンクレディのメドレーで演奏と歌と踊りをしました。司会の女の人が紹介で「子供さんたちはもちろん、お父さん、お母さんもピンクレディを知らない世代だと思いますが、がんばって練習しましたので、お聞きください。」

    えっ!!

    “ピンクレディを知らない親子たち”と同じお父さんをやっているのだと、あらためて再確認しました。(露の吉次)

     

    ーーー「大吉次・はるかの

         ベストセラーを読む!

    今日は辻村深月さんの「かがみの孤城をご紹介しました。

    7人の中学生が鏡の向こうにある異世界ファンタジーに呼ばれて孤城で出逢います。

    …7人たちには共通点がある。不登校、つまり学校に行ってない。毎日城が開くのは、日本時間の朝9時から夕方5時まで。5時までには鏡を通って必ず家に帰ること。その後まで城に残ってたら、ペナルティで狼に食われる。狼の面をつけた女の子が、お世話係 兼 お目付け役のもと願の鍵を探す。

    5月から3月までの期限付きで、鍵を見つければ1つだけ願いが叶う。もちろん7人の願いは、それぞれ違います。さぁ、願いの鍵を探し出して、7人はどのようにして願いを叶えるのだろうか??

    幼稚園で日々闘っている子供を持つ親として、不登校の話は他人事ではありません。

    (露の吉次)

     

    来週は全篇村上春樹の訳で贈る探偵フィリップ・マーロウの名言集、レイモンド・チャンドラー著「フィリップ・マーロウの教える生き方」をご紹介します。放送で紹介した本は2名様にプレゼントします!来週も聴いてください。

    過去ログ…4月11日 放送 ベストセラーを読む「雪割草/横溝正史 著」

           4月4日 放送 ベストセラーを読む「私が愛した映画たち/吉永小百合 著

  • 2018年4月11日(水) 17時00分 はるか吉次のベストセラーを読む!

    先日「露の五郎兵衛一門会」にて… 五郎への道 ★ベストセラーを読む

    ーーー露の吉次Presents 五郎への道

    先日「露の五郎兵衛一門会」に大学時代のサークルのメンバーがたくさん来てくれました。

    声をかけてくれた世話人からメールで “今、飲み会が終わって帰ってますが、みんな一番良かったと言ってたよ” とはいってました。“ありがたいなぁ、やっぱり昔の友達やね” と送り返すと、“私は新治さんのファンになりました” やって…。

    (露の吉次)

     

    ーーー「大吉次・はるかの

         ベストセラーを読む!

    今日は横溝正史の長編小説「雪割草」をご紹介しました。

    あの横溝正史によって戦時下に書かれた通俗小説の「雪割草」。新聞連載小説として、善悪の構図が明快な複数の家族間の葛藤を描く家庭小説。

    時局にそぐわないという理由で探偵小説が忌避され、依頼が途絶えて、正史の創作が制約され不自由なものにしていった。しかし生活のため筆を折ることはできずにこの「雪割草」が生まれた。戦局が悪化した時に書かれた、この作品には、戦争の影が色濃く現れている。

    当初の構想から軌道修正を余儀なくされたに違いない。適役としての登場人物が一様に善人になってしまってびっくり。ここに戦争の恐ろしさを想う。この後に金田一耕助が登場するので、筆を折らなくて良かったと想う。

    (露の吉次)

    来週は2018年本屋大賞を受賞した辻村深月さんの「かがみの孤城」をご紹介します。放送で紹介した本は2名様にプレゼントしています!来週も聴いてください。

     

    過去ログ… 4月4日 放送 ベストセラーを読む「私が愛した映画たち/吉永小百合 著」

  • 2018年4月4日(水) 19時00分 はるか吉次のベストセラーを読む!

    理不尽は 人を鍛え 強くする…五郎への道  おーみんのワイン大楽 ベストセラーを読む

    ーーー露の吉次Presents 五郎への道

    “理不尽は 人を鍛え 強くする” 平尾誠二さんの「生き続ける言葉」より

    “修業は我慢”と、うちの師匠は言ってはりました。

    “人生七転び八起き” 男が石につまずいて転んで起きて二、三歩ほど歩くと、又 石につまづいて転んだ。

    「クソーッ!転ぶと分かってたら起きるんじゃなかった」

    転んですぐ起きられない時もあるけど、転ぶこと強くなれると信じて起きましょう!

    (露の吉次)

     

    ーーーおーみんのワイン大楽

    おーみん楽長こと大西威之さんに、いま話題のオレンジワインを持ってきて頂きました。

    オレンジワイン…ヴァジアニ・カンパニー マカシヴィリ・ワイン・セラー ムツヴァネ Makashivili Wine Cellar Mtsvane

     

    オレンジ色のワイン。

    ばんばん「昔からあったワイン?」

    おーみん「さすがですね~!一番はじめにあったワインかもしれない、と言われています」

    肉や魚、どんな食べ物にも合います。

    こちらで買えます ⇊

    ワインショップ「クロノワ」

    今週は1名様におーみんおすすめオレンジワインをプレゼント♪ご希望の方は番組までメールを送ってくださいね。

    大西タカユキのワイン大楽

     

    ーーー大吉次・はるかの

         ベストセラーを読む!

    今日は吉永小百合さんの「私が愛した映画たち(集英社新書) をご紹介しました。

    吉永小百合さん映画デビューから60年目を迎える。映画女優人生で共演した渥美清さんに、高倉健さん、そして松田優作さんとの話は特に興味深く読みました。

    (露の吉次)

    吉永小百合さんの美しさと潔さがつまった本です。
    作品をふりかえった客観的な感想は過去の作品を見るきっかけになります!
    本を読み、映像を見る小百合ちゃんづけの日々をおくってください。

    (天宮遥)

    来週は幻といわれていた横溝正史の長編小説「雪割草」をご紹介します。放送で紹介した本は2名様にプレゼントしています!来週も聴いてください。

  • 2018年3月28日(水) 16時27分 はるか吉次のベストセラーを読む!

    大吉次・はるかのベストセラーを読む!

    本日ご紹介した本 本 デコメ絵文字は…

    『 バッタを倒しにアフリカへ  』

    著 者:前野ウルド浩太郎

    出版社:光文社新書

    こちらから聴いてね!

    来週の本は…

    『 私が愛した映画たち 』

    著 者:吉永小百合

    出版社:集英社新書

    です にこちゃん デコメ絵文字

    来週も聴いてね~ ハート デコメ絵文字

    今日紹介した本を2名様にプレゼント!