CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

時間です!林編集長

番組内容

今日1日のニュースのまとめをお送りする「とれたてニュースワイド」。
神戸・兵庫・関西から日本を、世界をみつめます。

現場からの生中継にもフレキシブルに対応。
軽いフットワークで、ラジオならではの「生」と「音」にもこだわってお送りします。
もちろん、交通情報や天気情報もしっかりお伝えします。

コーナー紹介

今日のニュースから:一日のニュースからピックアップしてくわしくお伝えします。
特集:神戸や兵庫、関西を中心に様々な話題をお送りします。
神戸新聞 ピックアップニュース 播磨(月)・但馬(水)・淡路(木)
播磨や淡路のニュースや話題を神戸新聞のデスクや記者に伝えてもらいます。
神戸新聞 ラジオ夕刊(火):神戸新聞の報道部デスクにニュース解説を聞きます。
つながる神戸から(火・不定期):日本各地の防災の情報や災害復興支援の情報をご紹介します。
災害支援や防災・減災について考えていくコーナーです。
ミュージックダイアリー:明日が何の日かを音楽とともに紹介します。
わがまちひょうご:兵庫県内のさまざまな話題をお届けします。

  • 2019年1月10日(木) 17時13分 淡路ピックアップニュース

    淡路のニュース:献上鯛について

    今回は 神戸新聞 南あわじ支局 記者 髙田康夫さんにお話を伺いました

    【淡路のニュース:「献上鯛」について】

    南あわじにある丸山漁港で水揚げされる「鳴門ダイ」
    この鳴門ダイは、大賞、昭和、平成と3代にわたって
    天皇陛下の即位時の「大嘗祭」などで献上されてきました。

    この献上鯛にまつわるお話をお届けしていただきました!

  • 2019年1月3日(木) 17時22分 淡路ピックアップニュース

    モンキーセンターのニホンザルがサル文字を披露?:淡路のおもろいもん

    新年最初の淡路ピックアップニュースは
    神戸新聞 淡路総局 記者 赤松沙和さんにお話を伺いました!

    【淡路のおもろいもん:モンキーセンターのニホンザルがサル文字を披露】

    淡路島のモンキーセンターで野生のニホンザルが
    今年の干支「亥」にちなんで「ゐ」という文字をサル文字で表現されました

    餌の麦や大豆を「ゐ」の形に巻くと
    サルがその形のとおりに餌を食べにきて、文字が完成!

    このサル文字は30年ほど前からおこなわれている恒例行事とのこと。

    来年の干支は「ネズミ」
    来年はどんな風な文字になるのか楽しみですね♪

  • 2018年12月27日(木) 20時57分 淡路ピックアップニュース

    淡路のニュース:渦潮クルーズ3隻目建造予定!

    今年最後の淡路ピックアップニュースは、
    淡路総局 記者 西井由比子さんにお話頂きました

    淡路のニュース:渦潮クルーズ3隻目建造予定!

    客足が遠のいて一度は姿を消した渦潮クルーズ
    地元民の熱量により20年ぶりに復活しましたね

    最近では、世界遺産登録などの話題により
    乗客数が伸びているとのこと。

    これに伴い、新たな3隻目も含めて、
    大阪湾周辺も含めたクルーズ観光を盛り上げたいと考え中とのこと。

    これからの展開に目が離せませんね!

  • 2018年12月20日(木) 17時38分 淡路ピックアップニュース

    淡路のおもろいもん:洲本で木工細工展が開催!

    今回は、神戸新聞 淡路総局 記者 赤松沙和さんにお話を伺います

    【淡路のおもろいもん:趣味で始めた木工細工を展示!】

    南あわじ市にお住いの長谷川さん。
    昨年末、隣の家で伐採されたクスノキの枝をもらい「何か作ってみよう」と思い木工細工を始められました。

    やっていく中で、始めは工作が苦手だった長谷川さん、
    みるみるうちに腕前を上げ、なんと、木工細工展をこの度、開催!

    木工細工の作品展「モクモク工房淡路島」
    洲本市のカフェ「なごみ工房 笑む」で開催中。

    ミニチュア楽器や流木など木の温かみあふれる長谷川さんの作品が約45点並ぶ。

    観覧料は無料。
    開催時間:火~木曜午前11時半~午後6時。
    定休日:日曜・月曜、不定休で金曜・土曜。(※27日~1月9日は休み)
    詳しいお問い合わせは、カフェの増田さん 090-7108-9363

  • 2018年12月13日(木) 17時12分 淡路ピックアップニュース

    淡路のうまいもん:特産”たまねぎ”が一玉まるっと入ったレトルトカレー

    今回の淡路ピックアップニュースは

    【淡路のうまいもん:特産の玉ねぎが一玉まるっと入ったレトルトカレー】

    道の駅うずしおなどを運営する「うずのくに南あわじ」が
    約1年前から玉ねぎ1玉をそのままの形で入れたレトルトカレーの商品を企画。

    発売にかけて難しかったポイントは
    玉ねぎ一玉の形を残したまま商品化するところだったそうですが、
    煮込む際に125度まで一気に温度を上げる事で、ようやく丸ごと残すことに成功したそうです。

    こちらの商品は11月18日から販売を開始。
    11月30日までで380個がすでに売れ、一気に一番人気の商品になったとのこと。

    販売は、「道の駅うずしお」、または「うずの丘大鳴門橋記念館」
    価格は、1個648円(税込み)