CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

時間です!林編集長

番組内容

今日1日のニュースのまとめをお送りする「とれたてニュースワイド」。
神戸・兵庫・関西から日本を、世界をみつめます。

現場からの生中継にもフレキシブルに対応。
軽いフットワークで、ラジオならではの「生」と「音」にもこだわってお送りします。
もちろん、交通情報や天気情報もしっかりお伝えします。

コーナー紹介

今日のニュースから:一日のニュースからピックアップしてくわしくお伝えします。
特集:神戸や兵庫、関西を中心に様々な話題をお送りします。
神戸新聞 ピックアップニュース 播磨(月)・但馬(水)・淡路(木)
播磨や淡路のニュースや話題を神戸新聞のデスクや記者に伝えてもらいます。
神戸新聞 ラジオ夕刊(火):神戸新聞の報道部デスクにニュース解説を聞きます。
つながる神戸から(火・不定期):日本各地の防災の情報や災害復興支援の情報をご紹介します。
災害支援や防災・減災について考えていくコーナーです。
ミュージックダイアリー:明日が何の日かを音楽とともに紹介します。
わがまちひょうご:兵庫県内のさまざまな話題をお届けします。

  • 2018年4月17日(火) 15時30分 ゲスト

    カメラ愛好家集まれ!「ひょうご五国撮り旅」スタート

     

    神戸新聞ミントクラブと、神戸新聞旅行社の合同で企画した日帰りバスツアー
    「ひょうご五国撮り旅」シリーズが4月からスタートしました!

    神戸新聞パートナーセンター お客様室 小阪英樹さんにお話を伺いました!

    神戸新聞創刊120年記念企画で、
    兵庫をの旧五国、摂津、播磨、丹波、但馬、淡路の名所を巡り、
    写真を収めるのをメーンに、ご当地グルメも楽しむ旅行です!

    五国を回るため、5回にわたって撮影。
    毎回、その地に合わせた撮影スポットを用意!
    なんと、編集局出身のカメラマンが同行し、講師を務めます!!

    「カメラ愛好家」なんて言うと、敷居が高く感じますが、
    スマホユーザーから一眼レフのユーザーまでOK!
    気軽に参加できます♪

    詳しくは、神戸新聞や、ミントクラブホームページで!

    また、ツアーシリーズ終了後、
    参加者の皆さんから撮影した作品を集めた写真展を計画中!

    今後も楽しみですね!!

  • 2018年4月17日(火) 15時05分

    今日のコメンテーターは?

    今日のコメンテーターは…
    ノンフィクションライター松本創さん!

    今日は、福知山線脱線事故を題材にした松本さんの作品「軌道」を、3人の方にプレゼント!番組宛てにご応募ください!

  • 2018年4月16日(月) 19時18分 編集長のブログコーナー

    2018/4/16 編集後記

    108票差という僅差で、
    西宮市長に当選された石井さん。

    一夜明けた西宮市内で、有権者の方に伺うと、

    普通の政治をやって欲しいという声が複数上がりました。

    今の時代、強力なリーダーシップを求める声もたくさんありますが、

    今回の結果に限って言うと、落ち着いた市政運営を求める人が一番多かった気がします。

    でも、投票率が低かったというのは、本当に残念です。

    選挙とは何なのか、地方自治とは何なのか、改めて考えさせられました。

     

    (編集長)

     

  • 2018年4月16日(月) 17時24分 播磨ピックアップニュース

    学校のトイレが進化!もう怖くない!!

    今回の播磨ピックアップニュースでは、
    神戸新聞 東播支社デスクの 中部剛さん
    とお電話を繋ぎました!

    ピックアップしたニュースは、

    「 学校のトイレ 快適に”進化” 」

    家庭で、洋式トイレに慣れた多くの子どもにとって、
    学校の和式トイレは悩みの種。
    全国の小中学校では、依然、半数以上が和式だそう。

    その中でも、徐々に洋式化が進んでおり、中には、暖房便座を備えた快適トイレも現れました!
    暗くて、汚くて、怖い学校のトイレが、劇的に変わり続けています!!

     

  • 2018年4月16日(月) 16時00分 わがまちひょうご(旧イブニングひょうご)

    みんなちがってみんないい!「兵庫・篠山とっておきの音楽祭」

    童謡詩人、金子みすゞさんの詩の一節「みんなちがってみんないい」
    この言葉を合言葉にした音楽祭「兵庫・篠山とっておきの音楽祭」が、
    今週土曜日に、篠山城跡周辺の会場で行われます!

    今日は、「兵庫・篠山とっておきの音楽祭」の実行委員、
    箕浦伸子さんとお電話を繋いでお話を伺いました!

    障がいのある人もない人も共に音楽を楽しみ、
    「心のバリアフリー」を目指す音楽祭

    2001年から宮城県仙台市から始まりました。

    今回は、過去最多の500人が出演!
    ジャンルは様々で、95組が参加。
    そのうちおよそ半分のグループに、ハンディキャップを持っている方が参加しています。

    開催日は、4月21日(土)!
    詳しくは、公式HPをチェック!