なにわ男子・西畑大吾が感心した、関西ジャニーズJr.・角紳太郎と山中一樹の『先輩としての意識』とは?

LINEで送る

 毎週日曜日に放送中、なにわ男子の西畑大吾がパーソナリティーを務める、ラジオ関西『関西ジャニーズJr.とれたて関ジュース』(日曜午後11時30分~)。6月28日の放送では、前週に引き続き、関西ジャニーズJr.から角紳太郎と山中一樹の2人がゲストに登場した。

 番組冒頭、西畑のひとりしゃべりによるオープニングコーナー「西畑のゆるい男子」では、“髪の毛”をテーマにトークを展開。リスナーに “髪の毛のケア方法”について聞かれた西畑は、実は自粛期間中、 “コロナ抜け毛”に頭を悩ませていたことを明かした。

 普段のヘアケア方法は「お風呂から上がったあとに、洗い流さないトリートメントつけてるくらい」と意外にもシンプルで、最近は“ちょっと良いドライヤー”も試してみているそう。「ともに抜け毛対策していきましょう!」とリスナーに声をかけながらも「ちょっと待って、『抜け毛対策していきましょう』って言うアイドルおるんかな!?」と笑いをこらえきれない様子でコーナーを締めくくった。

 前週は角が実施したゲストメンバーのプロフィールを紹介する定番コーナー「一問一答関ジュース」に、この日は山中が挑戦した。

“憧れの先輩”について聞かれると、なにわ男子・高橋恭平を挙げた山中。憧れている理由に「舞台裏とかですごい優しくしてくれて、かっこいい」と答えた山中に、最初は驚いた様子だった西畑も「あの子(高橋)はかっこええなあ」と同意した。

 また、“西畑大吾くんのことをどう思いますか?”という質問には「関西ジャニーズJr.のエースということもあり、みんなをまとめてくれるすごい先輩だと思ってます」と回答。山中のピュアでまっすぐなコメントには西畑も思わず「うわ、ありがとうございます! うれしいです」と笑顔をこぼし、西畑の先輩としての一面も垣間見えるトークとなった。

 おたよりコーナーでは、角と山中の2人が人生初のおたより読みに挑戦した。入所2年目の角と山中にも後輩ができたようで、“先輩になって変わったこと・気をつけていること”について聞かれた2人。山中は「後輩ちゃんたちに、(ダンスで)負けないように」と心がけていたりと、さまざまな面で意識をするようになったそう。同じく角も意識は変わったようで「“笑い”を頑張らないといけない」と決意を固め、今後はより“笑い”を極めていきたいと熱く語った。

 2週にわたって登場した『とれ関』が初めてのラジオ出演となった、角と山中。最初は緊張した様子だったが、西畑の優しい声かけのおかげもあってか、徐々に緊張もやわらいだようで、2週目ではテンポ良く会話も進み、トークを楽しんでいる様子がラジオからも伝わってくる放送となった。

『ラジコ』では放送後1週間はタイムフリーでの聴取が可能。西畑のおすすめ楽曲や応援メッセージなど、この機会にぜひチェックしておきたい。

関西ジャニーズJr.とれたて関ジュース | ラジオ関西 | 2020/06/28/日 23:30-24:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事