阪神・淡路大震災をテーマとした音楽朗読劇『ヘブンズ・レコード~青空篇~』再演決定! 主演は水沢エレナと前川泰之

LINEで送る

 2018年10月に公演された阪神・淡路大震災をテーマとした音楽朗読劇『ヘブンズ・レコード~青空篇~』が、2019年9月に再演されることが決まった。9月12日(木)から16日(月・祝)まで東京公演は有楽町よみうりホール、そして、9月27日(金)から29日(日)まで神戸公演は神戸新聞 松方ホールで上演される。主演は水沢エレナと前川泰之。また、東京公演では植田圭輔、神戸公演では兵庫県出身の有澤樟太郎が出演者に名を連ねているほか、川上将太、宮地真緒、高槻かなこらも出演。音楽は花*花が務める。

音楽朗読劇「ヘブンズ・レコード~青空篇~」で主演を務める水沢エレナと前川泰之 © “未来へ生きる”演劇実行委員会 / 神戸新聞社 / 神広企画株式会社 / 117KOBEぼうさい委員会
音楽朗読劇「ヘブンズ・レコード~青空篇~」で主演を務める水沢エレナと前川泰之 © “未来へ生きる”演劇実行委員会 / 神戸新聞社 / 神広企画株式会社 / 117KOBEぼうさい委員会

 音楽朗読劇『ヘブンズ・レコード~青空篇~』を主催する“未来へ生きる”演劇実行委員会は、再演にあたってコメントを発表。「今から24年前、阪神・淡路大震災が起こりました。あれから四半世紀近くが経過し、神戸を中心としたかつての被災地では、震災の爪痕を探すことも容易ではないほど街並みが変わり、震災を知っている人も少なくなってきました。そこで“未来へ生きる”演劇実行委員会では、演劇を通じて災害の怖ろしさを伝えるのはもちろんのこと、それ以上に防災、災害に備えることの大切さを多くの人たちに伝えていきたいと考えています。現在でも、全国で毎年のように巨大台風や地震、集中豪雨など大きな自然災害が発生しています。いつどこで起こってもおかしくない災害に対し、どのように私たちは備えればよいのか、大切な家族の命をいかにして守ればいいのかといったことを、みなさんが考えるきっかけとなればと思います」と、阪神・淡路大震災を風化させない取り組みや防災の重要性を、この公演を通して伝えていきたいという。

 音楽朗読劇『ヘブンズ・レコード~青空篇~』のチケットは全席指定で6500円(税込み)。7月20日(土)12時から先行予約受付がスタートする。公演に関する詳細は、 “未来へ生きる”演劇実行委員会 公式サイト(https://www.miraiheikiru.jp/)、音楽朗読劇「ヘブンズ・レコード~青空篇~」2019特設サイト(https://www.miraiheikiru.jp/stage/2019/)を参照のこと。

© “未来へ生きる”演劇実行委員会 / 神戸新聞社 / 神広企画株式会社 / 117KOBEぼうさい委員会
© “未来へ生きる”演劇実行委員会 / 神戸新聞社 / 神広企画株式会社 / 117KOBEぼうさい委員会

音楽朗読劇『ヘブンズ・レコード~青空篇~』2019
出演:
水沢エレナ、前川泰之、植田圭輔(東京公演)、有澤樟太郎(神戸公演)
[第一話]
岩永洋昭、菊田大輔/遠山景織子、愛加あゆ/森のんの(SAY-LA)、蔭山ひろみ
[第二話]
宮下雄也、川上将大/宮地真緒、黛英里佳
[第三話]
矢部昌暉(DISH//)、中村嘉惟人(O-AOX)/山口乃々華(E-girls)、高槻かなこ

音楽:
花*花

作・演出:
岡本貴也

プロデュース・制作:
DisGOONie

主催:
“未来へ生きる”演劇実行委員会/神戸新聞社/神広企画株式会社/117KOBEぼうさい委員会