板東英二、内角ギリギリ!のけぞりトーク 「姫路のトランプ」との対談② 「お~! お~!! OH~!! アイツのためにオレはクビになった!」

LINEで送る
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2019/09/IMG_0969.png
(写真:ラジオ関西『板東・板東・晴れ・板東!』)

 毎週月曜日にラジオ関西で放送している、板東英二が気になる話題を繰り広げる30分番組『板東・板東・晴れ・板東!』(19:30-20:00)。23日放送回では、前週に引き続き、「姫路のトランプ」「姫路の不動産王」と呼ばれる、株式会社ANGELO代表取締役の大川護郎氏が登場した。

 オープニングトークでは、大川氏の前週の話に反響が多かったことを踏まえて「(世間は)『坂東はすぐカネのことを言う』というが、しかし、それは大事なことじゃないですか!!」と語り、早くもテンションは高め。そして、今回のゲスト紹介時に、「お~! お~!! OH~!! アイツのためにオレはクビになった!」と、いきなり内角ギリギリに攻める板東だったが、実は、「あの、お~貞治ではなく、お~川ですからね!」と種明かし。大川社長を迎え入れた。

 また、「私は新聞で育ったので、新聞の部数が減るのは本当にイヤ」と語る大川氏は、「独自アプリ(「すまアド」)で見出しから新聞広告やチラシとリンクしていき、購買につなげたり求人広告に拡大したりしていく、今までにない構想を語った。

 一見豪快に見える大川社長も繊細で緻密な戦略の上「家賃ゼロ構想」を考えている。その話を聞いたなかで、「ラジオにしろ新聞にしろ、まずは聞いてもらう、読んでもらうのが大事」「街に学生(若い人)や女性が増えると元気ないい街になる」といい話で締めくくるのと思いきや、やれ「市長選に出れば?」だの「ウチの事務所に入って」とラブコール。やはり今回も板東節は健在だった。

新聞少年が一代で4903世帯の大家になった秘密の話
大川護郎 著(ぱる出版)
定価:1500円+税

「家賃ゼロ賃貸」構想が日本の常識を変える “姫路のトランプ”と呼ばれる不動産王の発想力
大川護郎/渋谷和宏 著(幻冬舎)
定価:1170 円+税