神戸出身バンドalcott「大ゲンカしたときは、とりあえず寝る」

LINEで送る
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2019/10/20191015-01600.png
神戸出身バンドalcottの、ボーカル&ギターの貴田宰司と、ベースの谷里志(写真:ラジオ関西)

 神戸出身バンドalcottのボーカル&ギターの貴田宰司と、ベースの谷里志が、先輩バンド、ワタナベフラワーのボーカル、クマガイタツロウとラジオ番組で共演した。

 先日のライブのオープニングに女装で出てきた貴田に、クマガイは、「なんで、ちょけるん? 男前だし、曲もかっこいいんだから、ちゃんとしないと」と苦言。しかし貴田は「ワタナベフラワーさんを見習っているんですよ、曲はかっこいいのにおチャラけているところは」と返した。

 今年で活動10年目を迎えたalcottだが、普段もメンバーで一緒に食事をしたりと仲はいい。しかし、ときにはケンカも。「ケンカと言っても『ごめんとか、ありがとうとかあってもええんちゃうん』みたいな小っちゃい小っちゃいケンカばっかりなんですけど、たとえば大きなケンカをしたときは、とりあえず1回、寝るんです。きっと睡眠が足りてないんだろうって。それで、起きたら、案外どうでもいいことで怒ってたなってなるんですよ」(貴田)。

 alcottは、10月19日 (土)に、ワタナベフラワーが主催する「神戸ストラット2019 in 新長田若松公園鉄人広場」に出演。その後、11月23日 (土)には、自らが主催するライブフェス「BUTAFES 2019」(神戸市内ライブハウス6会場・47組バンド出演)を開催。フェスについて貴田は「神戸を盛り上げていきたいという思いと、1年の集大成を見せる、alcottが一番大事にしている日なので絶対来て欲しいです!」と熱く語った。

神戸出身バンドのalcott
神戸出身バンドのAlcott。左から、谷 里志(ベース&コーラス)、貴田宰司(ボーカル&ギター)、内田将之(ギター&コーラス)、小浦哲郎(ドラム)

週明けクマチャンネル | ラジオ関西 | 2019/10/14/月 11:00-12:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可