バスケB2西宮を支えるブラッドリー・ウォルドー「ストークスの一員でいられることがうれしい」

 日本プロバスケットボールリーグ・Bリーグ2部(B2)の西宮ストークスで活躍するアメリカ人選手、ブラッドリー・ウォルドー(27)が、ラジオ番組にゲスト出演。「ストークスは、特定の選手がシュートを打って、点を稼いで、試合をどうにかしようというチームではない。全員で戦うチームの一員でいられるのがうれしい」と、ストークスのプレースタイルに手ごたえを感じているようだ。ラジオ関西『春名優輝PUSH!』内、西宮ストークス応援コーナー「ストークスなび~ストなび~」に出演し、インタビューに応えた模様は下記のとおり。

ブラッドリー・ウォルドー
西宮ストークスで主軸として活躍するブラッドリー・ウォルドー(写真:ラジオ関西)

――もうすぐ日本に来て1年が経ちますが、いかがですか?

日本のことが大好きです。これまで住んできた国に比べても快適で暮らしやすい街ですね。

――お気に入りの食事、スポット等があったら教えてください

大阪の中心街ですね。ダウンタウンのあたりを散歩するのが好きです。サンフランシスコだったり高いビルが並ぶ光景は、私の故郷を思いおこさせる眺めになります。

――街を歩いていてファンの方から声を掛けられることもあるのでは?

よく見つけられることがあります。写真を撮って欲しいと頼まれることもありますし、口元を隠してコソコソ笑われているような気がするときも……(笑)

――バスケットボールを始めたのはいつ?

真剣にやり始めたのは12歳から13歳のころですね。他の選手に比べると遅いと思います。それまではサッカー、野球、バレーボールなど色々な競技をプレーしていました。サッカーで次のレベルに行こうかと考えていましたが、家族と話し合った結果、大学でプレーをするにはバスケットボールがベストだろうという結論に至りました。

――それはプロになれそうだからということですか? それとも単に好きだったからですか?

一番の理由はやはりバスケットボールが楽しめたからです。あとバスケはエアコンの効いた体育館でプレーすることができるので、他の競技はそうはいきませんから(笑)。そういう理由でバスケットを選びました。

ブラッドリー・ウォルドー
西宮ストークスで主軸として活躍するブラッドリー・ウォルドー(写真:ラジオ関西)

――よく会話する選手、仲の良い選手はいますか?

どの選手も面白いし、個性的だから、「誰が」というわけではなく、どの選手とも平等に仲が良いと思っています。昨シーズンの途中からチームに加入して、シーズンの最後にああいう終わり方ができたので、今年は最初からこのチームにいられることに感謝しています。連携も深めていきたいです。

――およそ1年前を思い返すと、チームに加入して、その次の試合が広島戦でした。そこからストークスが流れに乗ったなと思います。そのときのことを覚えていますか?

こういう番組にも呼んでもらって、家族のように扱ってくれてうれしいです。広島に限らず、どの試合にも勝つということは良いこと。ウチは特定の選手がシュートを打って点を稼いで試合をどうにかしようというチームではないです。あくまでも全員で戦うチーム。そんなチームの一員でいられるのはうれしいですね。

――今年は誰もがB1への昇格を期待していると思いますが、いかがでしょうか?

可能な限り自分たちのベストを尽くして戦います。自分たちが一番良いコンディションを保っているチームでいたいと思います。これから先も長いシーズンがまだまだ控えています。現在いい調子ですが、さらにいい形でシーズンを終えられる自信はあるので、頑張っていきたいと思います。

――最後にリスナーへメッセージをお願いします。

いつも応援ありがとうございます。ぜひ会場に来てこれからも応援してください!

©ラジオ関西

春名優輝PUSH! | ラジオ関西 | 2019/10/25/金 16:30-17:42

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可