クマガイタツロウ X JAPANのToshlとの緊張と喜びの1日

LINEで送る

 神戸のワクワクロックンロールバンド「ワタナベフラワー」のクマガイタツロウは、自身のラジオ番組で、憧れだったX JAPANの Toshl(龍玄とし)との緊張と喜びの1日を語った。

クマガイタツロウ
クマガイタツロウ

 現在、龍玄としは、大阪グランフロントで「マスカレイド・展」という個展を開催している。龍玄とし自身が書いた楽曲のイメージを絵にするという個展だ。クマガイタツロウと宮根誠司が共作し、龍玄としが歌った「継ぎ目」という曲の絵も展示されているが、自分以外が書いた曲としては唯一の展示だという。

「としさんの個展で、『継ぎ目』の絵が展示されているんで、宮根さんと一緒に、としさんを訪ねて会場に行ったんですよ」

 クマガイタツロウは、知っていたが、個展に来ていた一般客は、龍玄としが会場に来ていることは知らなかったという。

「サプライズで個展の会場に、としさんが出てきて、一般の方は、『ええ~~っ!!』ってなっていたんですけど、すごいんですよ、存在感が。『うわー! としだー!』ってなっていても、5メートルくらいからは誰も近づかないんですよ。きれいに半円になっているんです。きっと近づいてはいけない『何か』があるんでしょうね」

 会場では、龍玄としが、クマガイタツロウ、宮根誠司と一緒に周りながら絵の説明をした。

「としさんは、僕らだけに聞こえるくらいの小さい声で話していたんですけど、でも、一般の皆さんが、ついてくるんですよ。そこで、サービス精神旺盛なとしさんは一般の方にも『聞き耳立ててんじゃないよ(笑)』ってちゃんと絡んであげたり、やさしい人なんですホントに」

 クマガイにとって、Toshl(龍玄とし)は、憧れの存在だった。東京へ初めて行ったのは、X JAPANのライブを見るためだったという。

「東京ドームで見た、あの時のとしさんが今、数十センチの所にいるわけじゃないですか。曲作ったら、歌ってくれて、絵にしてくれて、それだけでも涙々だったんですけど、終わってから一緒にご飯、行くことになって……」

 クマガイタツロウは、龍玄としと同じタクシーに乗り、緊張しながら大阪のある店に向かった。

「店に着いて、宮根さんがトイレにいたので、僕ととしさん二人っきりになって『ヤバイ!』ってなったんですけど、としさんから声をかけていただいたんですよ。『本当にありがとうね。クマガイ君』って。『僕の名前覚えてくれているんや!』って舞い上がっちゃいました」

 そのうち、宮根誠司や他のスタッフも店に入ってきて、どこに座ろうかと立っていたクマガイタツロウだったが、宮根誠司から粋な計らいがあったという。

「宮根さんが『お前そこ座れよ』って言ってくれて、としさんの横に座れたんです! メインの料理は魚のしゃぶしゃぶだったんですけど、僕はずーっと、としさんのしゃぶしゃぶを作る役をやっていました。人のしゃぶしゃぶ作って幸せなんて思うこと、なかなかないですよ!」

 また、緊張しているクマガイタツロウを見た宮根誠司は、気を使いクマガイタツロウをイジってくれたという。

「宮根さんが『こいつのバンドどうやったら売れますかね?』とか『新曲名前なんやった?』『ナタデココです』(笑)っていうふうにイジってくれて、それが笑いになって、よかった。でも、僕はCMでサングラスしているんで『同じサングラス仲間ですね』って、としさんに言ったら宮根さんに『ランクが違いすぎんねん!』っていわれました(笑)」

「マスカレイド・展」大阪EXHIBITION
2019/10/26(土)~2019/11/17(日)
会場:グランフロント大阪 北館B1F ナレッジキャピタル イベントラボ

◆個展を見に来たクマガイと宮根の写真が載っている、龍玄としのブログ
https://ameblo.jp/toshl-official/entry-12541975973.html