生姜カフェとは? 姫路に新オープン「Himeginger」 手作り生姜スイーツであったまる!

LINEで送る

 JR姫路駅の近くに、生姜を使ったスイーツを味わうカフェ「Himeginger(ヒメジンジャー)」が新たにオープンした。

 姫路で生姜といえば、生姜醤油で食べる「姫路おでん」のイメージが強いが……、生姜のスイーツとはいったいどんな味なのだろうか。今回は「ヒメジンジャー」へ行って実際に生姜スイーツを食す、おやつLIVEリポートをお届けする。

 まずは、ドリンク。ジンジャーカフェということで「自家製ジンジャーエール」をオーダー。辛いのかな? ピリッとするのかな……?

 強烈な辛口の刺激。市販のジンジャエールとは比べ物にならない目の覚めるような喉ごし。冷たくても喉と鼻に香りが通っていく。

「自家製ジンジャーエール」と「ジンジャーケーキ」
「自家製ジンジャーエール」と「ジンジャーケーキ」

 次に、「ジンジャーケーキ」をいただく。「美と健康」をテーマとして、生姜はもちろん、卵や米粉、砂糖まですべて兵庫県産を使って、一つひとつ丁寧に焼き上げているという。

 生姜はもちろん、卵、米粉、などがすべて兵庫県産。見た目は普通のケーキだけれど、爽やかな生姜の風味、中にジンジャーピールが入っていて、ぷつぷつとした触感も楽しめる。生姜の甘みを感じることができる。珈琲にも紅茶にも、ジンジャーエールにも「◎」。

 そして、「ジンジャーパウンドケーキ(アップル)」をいただいてみた。

 リンゴと生姜がこんなにも合うとは驚き! よくよく考えてみると、リンゴは甘さと爽やかさを兼ね備えたフルーツなのだから納得できる。

 しっかり甘いけれども、どこか身体によい健康そうな味がする。こちらも、辛口のジンジャエールにもマッチする。

「ジンジャーパウンドケーキ アップル」
「ジンジャーパウンドケーキ アップル」

「ヒメジンジャー」は、姫路市内の主婦の方々およそ10人が、「まちの活性化につなげたい」、「姫路の新たなお土産、特産品を生み出したい」という思いで、昨年6月に研究会を立ち上げたのがきっかけで生まれたそうだ。

カフェ「Himeginger(ヒメジンジャー)」では姫路産の生姜を使用
カフェ「Himeginger(ヒメジンジャー)」では姫路産の生姜を使用

 ケーキの他にも、プリンやジュレ、フィナンシェなど、姫路生姜を活かしたスイーツがある。「ジンジャープリン」はミルク味の、プルプル感いっぱいの白いプリン。口に入れると、まずやさしい自然な甘さが広がって、そのあと生姜のピリッとした心地いい刺激を楽しめる。生まれて初めて感じる味といえよう。

ジンジャープリン
「ジンジャープリン」

 お昼のランチタイムには、おむすび3つと市川町にある「タズミ養鶏場」の卵を使った玉子焼きのセットを480円で食べることができる。おむすびに使う塩とノリは姫路の家島産。『生姜の佃煮』つき。

 姫路おでんに通じている、生姜に親しんできた文化を感じるお店だ。

 さあ冬が始まる。「ヒメジンジャー」の生姜スイーツでカラダもココロも温まりたい。そして、今度お店に行くときは、「ジンジャージュレ」を食べてみたい!

ジンジャージュレ
ジンジャージュレ

「Himeginger(ヒメジンジャー)」
住所 姫路市東延末1丁目124 ダイアモンドコーポ一階
営業時間 10:00~18:00
定休日 日曜
電話 090-3490-0431

・自家製ジンジャーエール 400円(税抜)
・ジンジャーケーキ 1cut 380円(税抜)
・ジンジャーパウンドケーキ アップル 1cut 200円(税抜)
・ジンジャーミルクプリン 1個 350円(税抜)
・ジンジャージュレ 1個 380円(税抜)

「Himeginger(ヒメジンジャー)」
「Himeginger(ヒメジンジャー)」

春名優輝PUSH! | ラジオ関西 | 2019/11/15/金 15:00-16:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可