体重100kg以上の人は入場無料の「キャンプフェス」 大阪・能勢町で

LINEで送る
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2019/11/20190.jpg

 今年の11月30日から12月1日にかけて、大阪府の能勢町にある一里松キャンプ場で、キャンプフェス「FATCAMP ~やる気、元気、カロリー」が開催される。

「食べまくるキャンプフェス」を合言葉に、飲食出店に加え、音楽ライブ、各種ワークショップの他、アパレル、アウトドア、雑貨店などの出展もある。自然の中で「食」や「音楽」を楽しみ、昼夜を過ごすイベントだ。キャンプ用品のレンタルも充実しているのでキャンプ経験者だけでなく、キャンプ初心者も充分に楽しめるという。

 2016年にスタートしたこの「FATCAMP」だが、仕掛け人の山野壮志さん(Mountain Feels代表)いわく、「大阪では、おそらく初めてのキャンプフェス」だという。

「関西では、キャンプフェスというものが中々定着していなかったんです。ないなら、自分で作ってしまおうというので、やり始めたイベントです」(山野さん)

 今年の目玉は、入場料5,000円に3食付いているところ。今年は飲食出店が、すべてカレー店なので、3種類のカレーが楽しめるという。もちろん、持ち込みは自由なので、食材を持参すれば飽きる心配は不要だ。

 また、このイベントがユニークなのは、「FATCAMP」の名が示す通り、体重100kg以上の人は入場無料というところ。すでに自称100kg以上の人から申し込みがあり、当日は体重計を用意し、実際に測るという。

 山野さんの本業はワインの輸入販売で、取引先のおいしいお店をめぐる機会もあり、食に対する好奇心も人一倍強い。自身でも、キッチンカーでカレー屋さんを出店したり、アウトドアで料理を作ることも多い。「もともと、飲食店で働いていたこともあるんですが、とにかく食べまくって味を覚えました」と本人が語るとおり、ここ数年で20~25キロ太ったという。最近は、イタリア人の友人の家に週4回のペースで通い、ご飯を作ってもらっているそうだ。

「FATCAMP」は、大型フェスにすることなく、ゆったりほのぼのとした、ちょうどいい規模感を大切にするため、チケットは150枚限定としている。申し込みは急いだほうがよさそうだ。

【LIVE】ワタナベフラワー/ワタナベフラワーコピーバンド/仮面女子イースターガールズ/PJJ/cuma
【FOOD】堕天使かっき~/DEKOFFEE/FATCAMP kitchen/soratobucurry

週明けクマチャンネル | ラジオ関西 | 2019/11/18/月 11:00-12:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可