「戦友」と呼びあうレジェンド声優の神谷明・古川登志夫、名作アニメの収録現場振り返る

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

 人気声優の神谷明と古川登志夫が16日、ラジオ番組『青春ラジメニア』(ラジオ関西)にそろってゲスト出演した。同じ1946年生まれで、長年、“友”として“ライバル”として日本のアニメ界を引っ張ってきた二人。番組では、お互いを「戦友」と呼び、苦楽をともにしてきた長年の親交を振り返った。

声優の古川登志夫(写真左)と神谷明(写真:ラジオ関西)
声優の古川登志夫(写真左)と神谷明(写真:ラジオ関西)

 神谷といえば、キン肉スグル(『キン肉マン』)、冴羽獠(『シティハンター』)などでお馴染み。一方、古川もピッコロ(『ドラゴンボール』)、カイ・シデン(『機動戦士ガンダム』)ポートガス・D・エース(『ワンピース』)、ねずみ男(『ゲゲゲの鬼太郎(第6作)』)など、数多くの人気キャラクターに命を吹き込んできた。

 そして神谷と古川のキャリアを語るうえで外せないのが、ケンシロウとシン(「北斗の拳」)、諸星あたると面堂終太郎(『うる星やつら』)などライバルとしての共演。その声はアニメファンの心にいまもなお焼き付いている。

 そんな二人が初めてライバル役は、1977年の『惑星ロボ ダンガードA』で、古川は「そこからずっと、(仕事の上では)ライバルですよ」と神谷との関係を振り返る。当時、配役のオーディションで神谷と古川が同じ役を競うことも少なくなく、古川は「神谷ちゃんにオーディションで会いたくないと思っていた。あえば負けるから」と笑った。

 一方、神谷は、『北斗の拳』でのお互いの演技を振り返り、「(シン役を務めた古川の演技が)芝居としてではなく、本当の思いとして僕に伝わってきていた。本当に(シンのことを)憎らしいと思ったほど、本当にうまかった」と“戦友”の名演を称えた。

 番組ではこのほか、『うる星やつら』の収録現場の思い出、ケンシロウ役を争った『北斗の拳』のオーディション、最近共演し話題となった「シーチキンチキン」のCM動画の裏話、声優としての演技論にまで話が及び、アニメファンにはたまらない90分間となった。

シーチキンチキン
ラジオ番組『青春ラジメニア』に古川登志夫(写真左から2人目)と神谷明(写真左から3人目)がゲスト出演。番組パーソナリティーの岩崎和夫(写真左)、南かおりとともに(写真:ラジオ関西)

青春ラジメニア | ラジオ関西 | 2019/11/16/土 20:00-21:30

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可