M-1準決勝進出を決めたからし蓮根 大会事務局にあるクレーム「マジで変えてほしい」

LINEで送る

 吉本興業のお笑いコンビからし蓮根が自身のラジオ番組『さしよりからし蓮根』(ラジオ関西)で、18日になんばグランド花月(大阪)で開催された『M-1グランプリ2019』準々決勝について語った。

からし蓮根のツッコミ担当、杉本青空
からし蓮根のツッコミ担当、杉本青空(写真:ラジオ関西『さしよりからし蓮根』)

(18日に開催された準々決勝について)

青空 どうやった? やってみて。あの一日。

伊織 楽しかったよ。なんか今までで一番良い準々決勝やった。

青空 そうなんですよね。俺もその感じやったわ。

 大阪開催分では計42組のコンビが登場し、わずか8組が通過することとなった準々決勝。“トリ”で登場したからし蓮根は落ち着いて漫才を披露し、20日に発表された準決勝進出者のなかに名を連ねることとなった。しかし、大会事務局へは“ある不満”があるようだ。

からし蓮根のボケ担当、伊織
からし蓮根のボケ担当、伊織(写真:ラジオ関西『さしよりからし蓮根』)

青空 M-1のサイトに載ってる俺らの写真あるやん。

伊織 あれヤバイな。

青空 あれ、いつ変えてくれるん。

伊織 俺がバカデカいよな。

青空 ぜひ見てみてください!

 二人が話すのは、『M-1グランプリ』公式ページに掲載された漫才中の写真。伊織がジャンプしているところを収められたため、通常で約20センチある青空との身長差が50センチほどあるように見える。またその顔も非常にまぬけな表情であるため、急いで写真を差し替えてほしいと事務局に要求する。

※その写真はこちら(『M-1グランプリ2019』公式サイトより https://www.m-1gp.com/combi/453.html

 からし蓮根は、12月4日、東京のNEW PIER HALLで開催される『M-1グランプリ2019』準決勝に出場する。そして、その日登場する25組のうち、9組が、12月22日開催の決勝大会への切符を手にすることとなる。夢の舞台まであと一歩に迫った彼らは栄光をつかむことができるだろうか。

さしよりからし蓮根 | ラジオ関西 | 2019/11/22/金 22:00-23:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可