桜を見る会 反社会勢力招待  桂春蝶「政治家より芸人の方が真面目なことを要求されるって!」

 安倍首相主催の「桜を見る会」を巡り、マルチ商法を展開し破綻した「ジャパンライフ」の元会長が、2015年の会に招待されていた疑惑について、桂春蝶は、吉本興業の「闇営業問題」とからめ、政治家と芸人の扱いの違いに対し、自身のラジオ番組で苦言を呈した。

桂春蝶
桂春蝶(写真:ラジオ関西)

「政治家は、こういうことがあっても、うやむやで終わりなんや。芸人は、それで謹慎せなあかんかったりする。『ちょっと待って!』と。真面目なことやらなあかんのはどっちかっていうと、政治家ちゃうの? アホなことやる専門家が、我々芸人であって。せやけど僕らの方が、今、真面目なことを要求されとるな。これは歪み現象が出てないか? 今の世の中が、芸人に対しては『誰よりも清潔でなければならない』と思っていて、逆に政治家には『だいだい清潔なもんじゃないやん』と思っているってことなんちゃうん? 俺はそう思うね」

 そのように春蝶は語りつつ、最後にこう締めた。

「政治家も芸人も、ゴキブリみたいなもんで、新聞で叩かれたらすぐ死にますからね(笑)」

桂春蝶のちょうちょ結び | ラジオ関西 | 2019/11/30/土 08:00-09:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事