就活成功のキーワードは「視野の広さ」 先輩社会人が送る就活のアドバイスとは

 よしもとの若手お笑いコンビ「ネイビーズアフロ」(皆川、はじり)と、ラジオ関西の津田明日香アナウンサーがパーソナリティーを務めるラジオ番組『就活応援番組 ネイビーズアフロのレディGO! HYOGO』(ラジオ関西)。11月29日の放送回では、先輩社会人ロールモデルから就活生へのアドバイスを聞く「就活レディGO」のコーナーに、丹波市役所の職員、中西舞さんと中西大器さんを迎えた。

左から津田明日香アナウンサー、ネイビーズアフロ皆川、丹波市役所の中西舞さんと中西大器さんご夫妻、ネイビーズアフロはじり(写真:ラジオ関西)
左から津田明日香アナウンサー、ネイビーズアフロ皆川、丹波市役所の中西舞さんと中西大器さんご夫妻、ネイビーズアフロはじり(写真:ラジオ関西)

 今回は、番組初の夫婦での登場となった、ロールモデルの中西舞さんと中西大器さん。大器さんは元々、大阪で一般企業に勤めていたが「丹波市を良くしたいという想いがあって、それを実現できる場所はどこだろうと考えたら市役所だった」と今の職場に就職を決めたと言う。舞さんも同じく関東の一般企業を退職後、地元である丹波市の職員になったのだそう。

丹波市役所の中西舞さんと中西大器さんご夫妻
丹波市役所の中西舞さんと中西大器さんご夫妻(写真:ラジオ関西)

 中西夫妻はともに公務員試験を「大変だった」と振り返りつつ、大器さんは「経験を積んで世界を広く持ってほしい。何事にも全力で取り組んで広い視野を持つことが大事」だと就活生にアドバイスを送った。それに続き舞さんも「自分一人で(就活を)やろうとすると行き詰まるので、友達や先輩、家族と相談して幅広く意見を取り入れてほしい」と話し、それぞれが視野を広く持つことの大事さについて語った。

『就活応援番組 ネイビーズアフロのレディGO! HYOGO』
ネイビーズアフロの皆川とはじり、津田明日香アナウンサーが、先輩社会人ロールモデルの丹波市役所の中西舞さんと中西大器さんご夫妻とともに番組を進める様子(写真:ラジオ関西)

 番組後半では、前週に引き続き就活支援のプロ、将来塾の塾長・柳本周介さんが「言葉の意味」について講義を行った。

将来塾の塾長・柳本周介さん
将来塾の塾長・柳本周介さん(写真:ラジオ関西)

「人は知らず知らずのうちに自分の言葉で自分をマインドコントロールしている。だから、言葉の解釈次第で自分自身の行動や考え方を変えられる」と話す柳本さん。例として「就活」という言葉の解釈を「(自分が)役に立てそうな企業を探すこと」だと言い、「ここでなら(自分の)結果を出せそう」と思える企業を探すようにすると就活がはかどるとアドバイス。他にも「現在」とは過去の意思決定、「実力」とは失敗の数ということなど、言葉をどう捉えるかの重要性についても説いていた。

将来塾の塾長・柳本周介さんのアドバイスを聞く、ネイビーズアフロと津田アナ(写真:ラジオ関西)
将来塾の塾長・柳本周介さんのアドバイスを聞く、ネイビーズアフロと津田アナ(写真:ラジオ関西)

 過去の放送回での話も交えながら、わかりやすく説明された講義を直に受けたネイビーズアフロの皆川、はじり、津田アナは「就活中の人はもちろん、そうじゃない人にとっても勉強になる」と新たな気付きを得ていた。

©ラジオ関西

ネイビーズアフロのレディGO!HYOGO | ラジオ関西 | 2019/11/29/金 23:00-24:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事